レンタルサーバーおすすめ5選 WordPress(ワードプレス)やWEBサイトの運用は安いプランでも可能です

スポンサーリンク

レンタルサーバーは、WordPressや中小規模のWEBサイトの運用で人気が高いです。

大規模なシステムなどの時はAWSの検討も必要でしょうが、個人ブログや中小規模のWEBサイトでしたらレンタルサーバーで十分です。

レンタルサーバーはブロガーやアフィリエイターも利用していることが多く、人気No.1のCMSであるWordPress(ワードプレス)も簡単にインストールできます。

正直に申し上げると今のレンタルサーバーの多くは、どれを選んでも問題なくWEBサイトを運用できます。

ただ中にはスペックが悪いのに高いレンタルサーバーもあるので、サーバー選定の時は気をつけてほしいです。

今回は、ここを選んでおけば間違いないというおすすめのレンタルサーバーランキングを紹介します。

スポンサーリンク

レンタルサーバーの選び方

レンタルサーバーを選ぶポイントはいくつかありますが、重要となるのは以下のものになります。

  • 費用が安い
  • 転送量が高く使いやすい
  • WordPressが簡単にインストールできる
  • ネットに情報がたくさんある

この辺りの要件に問題がなければ、「おすすめ」として紹介できるレンタルサーバーになります。

費用が安い

まずレンタルサーバーの選定で大事なことは、月(年)の金額がどれくらいになるかです。

一般的にレンタルサーバーの場合、100円(それ以下もあります)~借りることができます。

高いものだと3,000円以上になるレンタルサーバーもあります。

WEB制作会社として様々なレンタルサーバーを使いましたが、正直に言うと高いレンタルサーバーが必ずしも必要なわけではありません。

高スペックのサーバは魅力的ですが、アクセス数が桁違いに多いサイトでもなければ宝の持ち腐れになります。

レンタルサーバーでも50万PVレベルのサイトも問題なく運営できているので、そこまでスペックを求めなくても大丈夫です。

500円~1000円で借りれるレンタルサーバーならWebサイトの運営は十分できコスパも高いです。

転送量が高く使いやすい

レンタルサーバーを利用する時、転送量の高さも大事な要素になります。

転送量が悪いと、せっかくサービスを公開しているのに、サーバーがダウンして見れなくなってしまうからです。

グーグル砲やスマートニュースに掲載されると、負荷が高く落ちるサーバーがあります。

転送量が高くある程度のアクセス過多にも耐えられるレンタルサーバーを選んでおけば、安心して運用できます。

またレンタルサーバーの場合、コントロールパネルの使い勝手も大事です。

Webサイトはサーバーを借りて終わりではなく、ドメインを設定したり、FTPの設定をする、WordPressをインストールするなど、やることがたくさんあります。

こういった設定を行うのがコントロールパネルで、使い勝手が良いレンタルサーバーが初心者でも操作しやすいです。

WordPressが簡単にインストールできる

今のWEBサイトの多くは、WordPressというCMSを利用しているケースがほとんどです。

WordPress目的でレンタルサーバーを使っている方も多いと思いますが、ボタン一つでインストールできるサーバーを選びましょう。

ただWordPressに関しては、今はほとんどのレンタルサーバーで簡単インストールがあるので比較するまでもないかもしれません。

もう一つ大事なことに、SSLが無料で使えることがあります(https://~)。

SSLはWebサイトの安全性を意味するもので、今のWebサイトに必要不可欠なものになります。

SSL証明書と言いますが、有料は高いので無料で利用できるところを選びましょう。

ネットに情報がたくさんある

レンタルサーバーを使っていて、WordPressが動かなくなったというクライアントもいました。

WEBサイトに良くあるのですが、動かなくなった時にネットに情報があると解決が早いです。

レンタルサーバーを使う場合は、なるべくネットに情報が多いものを選ぶと後で苦労しません。

ブロガーの方などは、WordPressをカスタムして、そういった情報をサイトに公開しているので参考になります。

情報が少ないレンタルサーバーを使うと、何かあった時に対応できなくなるので気をつけて下さい。

レンタルサーバーはサポートの質があまり高くないので、自分で調べないと解決しないことも多いです。

特にWordPressなどのカスタムはサポート対象外になるので、ネットに情報があるといざというときに助かります。

レンタルサーバーランキング!コスパが高いおすすめ5選

レンタルサーバーの選定のポイントを押さえた、おすすめのレンタルサーバーを紹介します。

  • エックスサーバー
  • mixhost
  • さくらレンタルサーバー
  • ロリポップ!
  • ConoHa WING

の5つです。

それぞれの特徴を表にまとめたので参考にして下さい。

サーバー 初期費用 月額費用 使い勝手 転送量 無料SSL
エックスサーバー 3000円 1000円 70GB/日 あり
mixhost 無料 880円 70GB/日 あり
さくらレンタルサーバー 1000円 500円 80GB/日 あり
ロリポップ! 1500円 500円 100GB/日 あり
ConoHa WING 無料 1200円 2.5TB/月 あり

色々なレンタルサーバを比較して使った結果、これら5つが費用も安く使い勝手が良いおすすめになります。

WordPressのインストールも簡単にできますし、ネットに情報が多いので初心者でもブログやサイトの運営がしやすいコスパの高いサーバーです。

それぞれのサーバーについて、詳細を説明するので自分の目的に合ったサーバーを選ぶ参考にして下さい。

エックスサーバー

高機能で信頼性No.1のレンタルサーバー。

初期費用 3000円
月額費用 1000円(1年前払いの場合。3年分払えば900円)
転送量 70GB/日
無料SSL あり
バックアップ機能 自動バックアップ機能
復元は別途費用が必要
ワードプレス簡単インストール あり

アフィリエイターやブロガー御用達のレンタルサーバーで、安定性やスペックなど総合的に見ておすすめできるレンタルサーバーです。

Web制作でも人気が高いレンタルサーバーで、アクセス負荷で落ちたりサーバーが不安定になることはほとんどありません。

サイトの表示速度も高速で、月1,000円のサーバーとしては申し分ない実力です。

もちろんSSLも無料で利用できるので、個人情報などのセキュリティも安全に通信できます。

他にもWordPressの簡単インストール機能、サポートが24時間365日対応、自動バックアップなどを無料で利用できるなどレンタルサーバーとは思えないサービス内容となっています。

アクセス負荷にも強く、当サイトでもグーグル砲やスマニュー砲に掲載されても問題なく稼働しています。

「迷ったらエックスサーバー」という言葉もあるらしく、信頼性はバツグンのレンタルサーバーです。

エックスサーバー

mixhost

処理速度や安定性がピカイチの超おすすめサーバー。

初期費用 無料
月額費用 880円
転送量 70GB/日
無料SSL あり
バックアップ機能 自動バックアップ機能
ワードプレス簡単インストール あり

ここ数年で人気が上がってきたレンタルサーバーで、個人的にも超おすすめのハイスペックサーバーです。

サービス開始当初は不具合も多く使い勝手が悪かったのですが、数年でサービスが改善してエックスサーバーにも劣らないレベルになりました。

高速Webサーバーの「LiteSpeed」を導入していて、表示速度に関してはエックスサーバーを超えていると感じます。

稼働率に関しても、新しい今のプランは安定して稼働しています(旧スタンダードのプランの頃はダウンしたこともありましたが今は大丈夫です)。

金額は月額880円と、コスパの高さはレンタルサーバーで一番ではないかと思います。

欠点は、SSDの容量が少ないので大量のデータを扱うのが難しいことです(プランを上げれば対応できます)。

mixhost

さくらレンタルサーバー

格安レンタルサーバー最大手の実績を誇る。

初期費用 1,000円
月額費用 500円
転送量 80GB/日
無料SSL あり
バックアップ機能 あり※設定要
ワードプレス簡単インストール あり

格安のレンタルサーバーの大手なので、安心感と言う意味でおすすめできるレンタルサーバーです。

スペックやサポートについては、値段相応のもので他のサーバーに比べて飛びぬけて良いわけではありません。

Web制作の現場では、安さが魅力で利用されるケースもかなりあります。

ただ少し癖もあり、管理画面の使いやすさやスペック面などの長期的な運用を考えると、エックスサーバーやmixhostに軍配が上がります。

さくらレンタルサーバーを運用しているブロガーの方などは、アクセスが上がるとエックスサーバーに変更することも多いです。

デメリットもありますが、500円代のレンタルサーバーとしては、電話サポートや大手という信頼感から利用をおすすめできます。

さくらのレンタルサーバ

ロリポップ

格安レンタルサーバーでは頭一つ抜けているおすすめサーバー。

初期費用 1,500円
月額費用 500円
転送量 100GB/日
無料SSL あり
バックアップ機能 あり※有料(月300円)
ワードプレス簡単インストール あり

500円代の格安レンタルサーバーの中では、さくらレンタルサーバーかロリポップがおすすめになります。

おすすめは500円のプランなのですが、250円プランでもWordPressが利用できる稀なサーバーです。

※ただし250円プランでは、データベースが1つしか使えないので複数サイトの運用には向いていません。

とりあえずサーバー代は安くすませたい人におすすめできるレンタルサーバーです。

もちろん本格的なブログやサイト運用もできるので安心してください。

特にデメリットはありませんが、アクセスが多いサイトなどはエックスサーバーやmixhostがおすすめです。

ロリポップ!

ConoHa Wing

国内最速の超高速レンタルサーバー。

初期費用 無料
月額費用 1,200円
転送量 2.5TB/月
無料SSL あり
バックアップ機能 自動バックアップ機能
ワードプレス簡単インストール あり

新しいサービスなので安定性やサポート面で不安がありますが、国内最大手のGMOが運営しているので、その辺りは全く問題ありません。

気になる速度ですが、Webサイトの表示速度は確かに他のサーバーに比べて頭一つ抜けている印象です。

※実際に使ってみましたが、表示スピードに関してはそこまで凄いと感じませんでしたが多少早くなりました。

料金が1,200円と少し高いのがネックになりますが、スペック面で注目しています。

これからサーバー選定をする人には、検討の一つにして欲しいレンタルサーバーです。

ConoHa WING

WordPressの運営ならこのレンタルサーバー

上記で紹介したレンタルサーバーは、コスパも良くブログや中小規模のWEBサイトにおすすめできます。

ただエンジニアの意見として、WordPress(ワードプレス)でブログやサイトを運用するなら、

  • 安定性
  • 高速表示
  • バックアップ機能

この3つを重視して選定することをおすすめします。

金額については、安いレンタルサーバーはたくさんありますが、あまり値段が安いと安定しないケースもあるのでおすすめはできません。

また良くあるのですが、最初は500円のさくらレンタルサーバーで運営していたが、もう少し良いスペックが欲しいとエックスサーバーに変更するブロガーさんや企業さんも多いです。

安定性

サイトの運営でトラブルが発生して見れなくなった場合、かなりの機会損失になるからです。

仮に1時間に10人新規のユーザーが見に来ていたとしたら、見れない1時間で10人もの顧客を失うことになるからです。

サーバの稼働が安定していれば、こうしたトラブルを防ぐことができます。

特にアクセスの多いサイトで、サーバダウンの復旧が遅いと致命傷になります。

エックスサーバーやmixhostは、障害があっても復旧が早いので安心して利用できます。

高速表示

WordPress(ワードプレス)の場合、データベースを使ったシステムになるので、どうしてもサイトの表示速度が遅くなります。

高速のプラグインもありますが、静的なページに比べるとどうしても遅くなります。

SEO的にもサイトの表示速度は重要視されているので、高速表示の仕組みがあるレンタルサーバーを選ぶのがおすすめです。

mixhostかConoha Wingが、表示速度では最高クラスのレンタルサーバーになります。

エックスサーバーも高速化の対応ができているので、もちろんおすすめになります。

バックアップ機能

Web制作の仕事をしていると、間違えてファイルを壊したり、データを消失することがあります(特に新人に多い)。

制作会社であればバックアップを取っているのですが、個人で運営しているとわからないことになります。

バックアップ機能があるレンタルサーバーなら、万が一、データを消失しても復元することができます。

WordPress(ワードプレス)の操作は人間の作業になるので、間違えて壊すことも当然あります。

そんな時のために、バックアップ機能があると本当に助かります。

WordPress(ワードプレス)におすすめのレンタルサーバー3社

今回は、金額も含めたおすすめのレンタルサーバー5社を選定しました。

ただWordPress(ワードプレス)の運用を考えるのであれば、圧倒的に以下の3社がおすすめです。

サーバー 初期費用 月額費用 使い勝手 転送量 無料SSL
エックスサーバー 3000円 1000円 70GB/日 あり
mixhost 無料 880円 70GB/日 あり
ConoHa WING 無料 1200円 2.5TB/月 あり

理由は前述したように、安定性や高速表示、そしてバックアップ機能が充実していることです。

値段は少し高くなりますが、サイトは公開して終わりではなく長期的に運用していくものです。

よくあることなのですが、初期は安いサーバーで構築したけど、アクセスも増えたしスペックの良いサーバーに移行したいという要望がでます。

※ワードプレスは長期運用をすると、どうしてもデータベースの問題で遅く重くなります。

サーバー間の移行は手間がかかるので、最初から良いスペックのレンタルサーバーにしておくべきだったと後悔してしまいます。

金額の違いが月に500円ほどなので、費用対効果を考えて最初から良いスペックのサーバーにしましょう。

ブロガーやアフィリエイターの方は、軌道に乗るとアクセス数がアップするので最初から良いレンタルサーバーにしておいた方が良いですよ。

その意味で、エックスサーバーやmixhostが他のサイトでもおすすめとして紹介されているのは理解できます。

ConoHa Wingも表示速度がとても速いので、今のうちに使うのもおすすめです。

レンタルサーバー選びは長期的な運用を考えて選ぶことが、失敗しないポイントになります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました