フォーサイトの口コミ評判【合格率に裏付けされた内容】

資格系の通信講座で人気のフォーサイト。

合格率が高く受講生の口コミが良いのですが、内容は本当に良いの?と不安な方も多いと思います。

そこで、フォーサイトを利用して難関試験の行政書士に合格した受講生の口コミを紹介するので参考にしてください。

受講生は、法律知識ゼロから勉強をスタートし、無事に合格するまでフォーサイト行政書士通信講座を利用しました。

かなり丁寧に答えてもらえたので、フォーサイト通信講座選びの参考にしていただけると幸いです。

フォーサイトとは

フォーサイトとは、通信教育に特化したサービスを展開する企業です。

行政書士、社会保険労務士、宅地建物取引士、FP(ファイナンシャルプランニング技能士)など、国家資格取得のための講座が多数用意されており、公式HPによると、累計受講者数は31万人を超えています。

なお、2020年度行政書士試験のフォーサイト受講生の合格率は、41.3%でした(全国平均10.7%)。

フォーサイトのテキスト

法律と言えば、分厚くて文字ぎっしりの六法全書のイメージがありますが、フォーサイトのテキストはそのようなイメージとは全く違います。

A4判のフルカラーで、図表やイラストがたくさん差し込まれたものになっています。

法律用語の解説がわかりやすい

法律の勉強を始めると、「瑕疵(かし)」や「欠缺(けんけつ)」といった、日常では使わない法律用語がたくさん出てきます。

テキストによっては、ページの後ろまで行かないと解説が見れなかったり、解説の書き方が難しくて理解するのに時間がかかることがあります。

フォーサイトのテキストは法律用語のすぐ後ろにかんたんな言葉で解説があります。お陰でスムーズに勉強を進めることができました。

単元ごとにチェックテストがある

1単元終わるごとにチェックテストがあります。

テキストでの学習後、すぐに問題を解くことで自分の理解度がわかります。

同時に知識の定着にもつながりやすい仕組みになっています。

複雑な関係性は大きなイラストで解説されている

カリキュラムの中盤になってくると、内容が少し難しくなります。

特に民法では、「代理人」「債権者」「債務者」「抵当権者」「保証人」など、さまざまな立場を想定した権利関係を学ぶため、登場人物が多く、混乱することがあります。

フォーサイトのテキストは、大きなイラストの解説なので頭の中を整理するのにとても役立ちました。

余談ですが、私は試験の時も民法の問題は必ず図に書いて、登場人物の関係性を可視化するようにしていました。

フォーサイトのテキストを通じ、図に書いて問題文を整理する手法を知ることができたのは、とても良かったと思っています。

フォーサイトの講義

基本的にe-ラーニングシステムでの講義で、好きな時間に受講することができます。

大画面にテキストを映し出して講義が行われます。講師から、

  • 「ここは必ず押さえておいてください!」
  • 「『無効』ではなく『取り消し』ですよ!」

などの補足が入るため、勉強のポイントを効率よく学ぶことができます。

受講生がどこでつまずきやすいかもよく研究されており、

「ここはまだ全部わからなくてもいいので、どんどん先に進んでください。」

といった、不安な気持ちを察するようなアドバイスもありました。

個性の強い講師を売りにする予備校もありますが、フォーサイトの講師陣は良い意味で普通です。

聞き取りやすく、わかりやすい講義になっています。

※最近新しい取り組みとして、バーチャル講師による講義も始まり口コミで評判です。

フォーサイトのe-ラーニングシステムについて

ManaBun(まなぶん)というe-ラーニングシステムが導入されています。

パソコンだけでなく、スマホやタブレットからも利用でき、すき間時間の勉強に役立てることができます。

講義視聴ができる

申し込みした講座すべての講義動画を視聴できます。

講義データをダウンロードしておけば、通信環境を気にせずに利用することもできます。

視聴済みの講座を等倍速や1.5倍速で再生して、復習に役立てるのも良いでしょう。

テキストの確認ができる

講義と同様に、申し込みした講座すべてのテキストをデータで確認できます。

テキストデータもダウンロードできるので、重いテキストを持ち歩くことなく勉強できて便利です。

ゲームのような○×テスト機能がある

時間制限のある○×テスト機能があり、ゲーム感覚で勉強できます。

解答の解説もしっかりあるので、知識の確認と定着に役立ちます。

ライブ講義に参加できる

生配信講義により、講師と受講生がリアルタイムでつながることができます。

チャット機能を使って質問することもでき、教室で講義を受講している感覚で勉強ができます。

スケージュール管理機能がある

普段の生活リズムを入力すると、勉強のスケジュールを自動で計算してくれます。

行政書士試験の勉強は6ケ月以上の長期戦になる方がほとんどですので、スケジュール管理はとても大切です。

計算通りにスケジュールを実行できなくても、勉強を進める良い目安になるでしょう。

フォーサイトの料金とサポート

他社と金額を比較したところ、「安すぎず・高すぎず」といった印象です。

勉強するためのツールを、フォーサイトほど多く用意している講座は見つけられませんでした。

不合格時の返金保証制度もあり、「バリューセット3」を利用し、規定を満たしているにも関わらず不合格だった場合は、料金全額が返金されます。

また、バリューセット1~3は国の教育訓練給付金制度の対象です。

フォーサイトのサポート体制

e-ラーニングシステムのManaBun(まなぶん)で、わからないことを質問できます。

回答するのは、全員フォーサイトで行政書士試験に合格したスタッフですので、教材のことも、試験のことも熟知しています。

勉強のコツやスケージュール管理についても相談に乗ってもらえるため、「困ったときには助けてもらえる」という点で安心ができます。

そのほか、メルマガ、ブログ、SNS、YouTubeなどでの情報発信もあるので、モチベーション維持のために利用してみるのもよいでしょう。

おまけ情報ですが、試験合格者へはAmazonギフトカードの進呈もあります(条件あり)。

フォーサイトの通信講座まとめ

この記事では「フォーサイト行政書士通信講座」について、私が実際に利用した感想と合わせて解説をしました。

行政書士試験対策の講座はたくさんありますので、まずは何社かに資料請求をしてみるのが良いと思います。

ご自分のライフスタイルに合った、勉強しやすい講座が見つかるといいですね

関連記事