測量士補【独学】難易度とおすすめの参考書

測量士補の試験は、難易度はそこまで高くない資格試験と言えます。

正しい手順で勉強をすれば、独学でも測量士補に合格することは難しくありません。

ただし初めて測量士補を受験する場合は、しっかりと対策することが重要になります。

測量士補を独学で受験する場合、まずは基礎知識がどの程度あるかが合格のポイントになります。

難易度は簡単な部類になるとはいえ、全く知識がない状態では問題を正解することができないからです。

基礎が理解できているかで、測量士補の独学での勉強法を変える必要があります。

初めて測量士補を受験する人から、基礎知識がある人まで合格できる独学勉強法を紹介します。

独学だと難しいと感じるかもしれませんが、一つ一つ丁寧に勉強すれば誰でも測量士補に合格することはできます。

お勧めのテキストや過去問を使った効果的な独学を紹介するので、勉強の参考にして下さい。

測量士補に必要な受験資格

測量士補に必要な受験資格として、年齢・性別・学歴などは特に必要ありません。

誰でも受験することができるので、受験のハードルは低いと言えます。

実務経験も必要ないので、高校生が就職先を選ぶ際に取得しているケースもある資格になります。

測量士補の受験ハードルは低いですが、試験は年に1回しかないので逃さないように注意しましょう。

例年通りであれば、5月中旬から下旬に測量士補の試験が開催されます。

申し込み締め切りは1月下旬から2月初旬なので、受験を決意したら早めに申し込む必要があります。

測量士補の受験地は全国9箇所になります。

自分の都道府県で試験が開催されていない場合は、近くの都道府県に行く必要があります。

スケジュールには余裕を持って行動することが、測量士補の合格では重要になります。

測量士補の合格率

測量士補の過去の合格率は、平均としては25%前後で、難易度の割に合格率が低いのが測量士補の特徴です。

測量士補の合格率がそれほど高くない理由としては、高校生などの受験者も多く勉強不足がその一つと考えられます。

ですがここ数年は以前と比べると、合格率が高くなっている傾向にあります。

受験者数が減り、真剣に勉強している人だけが受験しているのもその理由の一つと思われます。

測量士補の難易度

測量士補の特徴として、試験問題の多くが計算問題になっていることがあります。

そのため数学が苦手な人は、測量士補の試験はかなり難易度が高いと感じてしまうようです。

測量士補で合格点を取得するには、中学生レベルの数学を理解している必要があります。

中学レベルの数学まで理解できていれば、測量士補の問題はそれほど難易度が高いとは感じません。

ただし中学レベルで出題される問題とは違うので、独学の場合はテキストでしっかりと勉強することが重要になります。

また文章問題も出題されるので、きちんと対策しないと難易度が高いと感じてしまうでしょう。

きちんと勉強すれば、測量士補の難易度はそこまで高くはありません。

ただし計算や文章問題は勉強時間がかかるので、スケジュールに余裕を持たないと試験に間に合わない可能性があります。

一般的に3ヵ月ほどの勉強時間が、測量士補に合格するのに必要と言われています。

測量士補の独学におすすめのテキスト

測量士補の独学は、基本的には過去問を繰り返し勉強すれば合格できる実力がつきます。

ですが初めて受験する人や、数学が苦手な人は過去問だけでは理解できない可能性があります。

解説が丁寧なテキストを1冊準備して勉強すると、独学でも効率よく勉強することができます。

測量士補を初めて勉強する人におすすめのテキストは、建築土木教科書 測量士補 合格ガイド 第2版になります。

ボリュームがあるテキストになりますが、独学でも基礎から測量士補に必要な知識を無理なく勉強することができます。

最近の傾向も分析しているので、無駄のない効率的な独学を行うことができます。

測量士補合格ガイドだけでも、測量士補に合格できる実力が身に付きます。

ですが数学が苦手な人は、計算問題を重点的に勉強することをお勧めします。

測量士補の計算対策としては、測量士補 計算問題の解法・解説 (国家・資格シリーズ B7)がお勧めになります。

このテキストを勉強すれば、測量士補の数学を攻略することができます。

測量士補の独学勉強法

測量士補の独学は、最初の知識がどの程度あるかで変わってきます。

初めて受験する人は、測量士補合格ガイドで基礎知識を身につけましょう。

ポイントとしては、テキストを読むのは1~2回程度にしておくことがあります。

ある程度の知識が身についたら、あとは問題演習で実力をつけるのが効果的です。

 

測量士補の基礎が理解できたら、問題演習を何度も繰り返して完璧にして下さい。

問題の意味がわからなければ、テキストの解説を読んで理解すると頭に入りやすくなります。

基本的にこの繰り返しを行えば、独学でも測量士補に合格できる実力がつきます。

多くの受験生が失敗する勉強法に、1回や2回の問題演習で勉強を終わらせることがあります。

最低でも10回は繰り返し勉強しなければ、本当の実力として理解することはできません。

地道な作業になりますが、繰り返し復習することは独学で最も効果的な勉強法になります。

測量士補は過去問の攻略が合否を分ける

測量士補の試験は、過去問が繰り返し出題されていることで有名です。

全く同じ問題や、数字や言い回しを変えた程度の問題は良く出題されます。

そのため過去問の攻略が、測量士補の合格に繋がるのです。

測量士補の過去問は色々なテキストがありますが、おすすめとしては測量士補 過去問280になります。

分野や項目別に分類されているので、苦手分野などを重点的に勉強することもできます。

また最新の傾向も分析しているので、無駄なく独学で勉強することができます。

過去問を繰り返し勉強して完璧にすれば、測量士補に合格できる実力が身に付きます。

理解できなかった問題は、テキストを読んで理解すると効果的に暗記することができます。

計算問題などが多いですが、暗記するまで繰り返せば本試験でも結果を出すことができます。

過去問の攻略には時間がかかるので、最低でも1ヵ月以上余裕をもったスケジュールを組みましょう。

理想としては基礎的な勉強に2ヵ月、過去問に2ヵ月あれば測量士補の試験範囲を独学でも完璧にすることができます。

試験まで時間がない場合は、1日の勉強時間を増やすことでカバーすることができます。

通信教育で効率的な勉強

測量士補は、取得すれば仕事に結び付けられるメリットの大きい資格です。

独学でも取得は可能ですが、合格率を見ると決して簡単な資格ではありません。

持っていれば使える資格なだけに、1回の試験で合格できる確率は1%でも大きくしましょう。

ただし測量士補はそこまで人気の高い資格ではないので、大手のスクールでも通信講座を行っていないケースもあります。

測量士補の通信教育を行うのならば、東京法経学院プロモーションがおすすめになります。

法律系の資格に強いイメージがあるスクールですが、測量士補にも力を入れている数少ない通信教育を行っているスクールです。

講座もかなり効率的に測量士補に対応できるカリキュラムになっているので、1回合格を目指す受験生におすすめできる内容です。

測量士補試験合格サイト

測量士補の独学まとめ

測量士補の試験は、独学でも合格できる難易度の資格になります。

しかし計算問題や文章問題など、しっかりと勉強しなければ正解できない問題も多いです。

こうした問題は、何度も勉強して経験を増やすことで誰でも正解できるようになれます。

測量士補は勉強時間がある程度必要になるので、独学の場合はスケジュールをしっかりと組み立てましょう。

最後に慌てないためにも、3~4か月は勉強期間を持つことをお勧めします。

基礎を覚えて過去問を繰り返せば、測量士補に合格することは難しくありません。

今回紹介したテキストと過去問を使えば、独学で合格できる実力を身につけることができます。

最初は難しいと感じるかもしれませんが、繰り返し勉強すれば徐々に理解できるようになります。

地道にコツコツと勉強することが、測量士補の合格の最短ルートになるのです。