宅建の通信講座おすすめ【人気スクールを比較】

宅建の通信講座を探しているけど、どこがいいのかわからない。

通信講座選びの疑問にお答えします。

宅建は出題傾向が比較的予測しやすいので、実績のある通信講座を利用すると合格できる可能性が高くなります。

宅建の通信講座を選ぶときに、気を付けておきたいポイントはこちらになります。

宅建通信講座を選ぶポイント
  1. 合格率(実績)
  2. 教材
  3. サポート
  4. 料金

合格率が高いスクールは、教材の良さやサポートの質が高く実績を残せています。

また料金も大事な要素で、きちんと講座の質に見合った料金になっているかを見極める必要があります。

数ある通信講座の中から、宅建のおすすめ講座を紹介するので参考にしてください。

Foresight(フォーサイト)

フォーサイトの簿記スピード合格講座の特徴
  • 全国平均の約3.92倍を誇る合格率
  • 試験傾向を分析した合理的なテキスト
  • 厳しい研修を受けた講師陣の質が高い
  • eラーニング「ManaBun」で楽しく学習
  • メールで気軽に質問ができる
  • 教育訓練給付制度対象講座

フォーサイトの宅建通信講座は、全国平均より高い合格率を誇る人気の通信講座です。

試験の特徴を分析したテキストは受講生から好評で、出題される範囲に絞ったフルカラーで読みやすいです。

フォーサイトは講師の質も高く、厳しい研修を突破したエリート講師陣が丁寧に指導してくれるので受講生の理解度が早いです。

またeラーニングシステムも充実していて、スマホなどを使ってどこでも学習できるのも時間を効率化できるポイントです。

業界初のバーチャル講師による講義も話題です。

フォローシステムも万全で、受講生一人一人をしっかりとバックアップしてくれます。

コース料金
バリューセット1(基礎+過去問講座)59,800円(送料別)
バリューセット2(基礎+過去問+直前対策講座)68,800円 (送料別)
バリューセット3(基礎+過去問+直前対策+科目別答練+過去問一問一答演習)89,800円 (送料別)

バリューセット3の受講なら全額返金保証もついています。

Forsightの宅建講座をチェックする

Forsight(フォーサイト)の口コミ

私はフォーサイトのアドバイス通りに勉強を進めて捨てるところはバッサリ捨てましたが、やはり誰も解けない問題は捨ててしまっていいと感じました。

他の教材には一切手をつけてなく、フォーサイトのみを信じて勉強をしっかり続ければ受かるものだと実感しました。急がば回れといいますが、フォーサイトのアドバイスに従って立てた勉強計画を焦らず、ゆっくりと確実にこなしていけば大丈夫です。頑張ってください!

フォーサイト 合格体験記より

とりあえず資料請求して届いたものを見てびっくり!テキストも分かりやすいし、DVDも講義を受けているみたいにテキストの内容がスラスラ入ってくる!

付録で付いてきたスケジュール帳を使い、毎日の成果を記録し効率よく勉強を進めることができたと思います。

フォーサイト 合格体験記より

最初、独学を考えましたが、甘えにより途中で挫折すると思い、通学式の宅建士講座を検討しましたが、時間の制約もあり断念。ネットをあれこれ検索していた時、フォーサイトの講座の評判が突出して良かったことと、料金がリーズナブルだったが決め手となりました。

見事42点で合格できました。窪田講師の講義の中で、宅建業法と法令上の制限は満点ゲットを目指そうというアドバイスのもと、この2項目に重点を置いて学習したことが奏功したものと思います。

フォーサイト 合格体験記より

仕事や育児などで忙しい人でも、フォーサイトの教材のおかげで短期間で効率的に学習できたという口コミが多いです。

市販の参考書に比べると料金は高くなりますが、それ以上の価値があるので宅建合格に向けて検討してみてください。

STUDYing(スタディング)

スタディングの宅建講座の特徴
  • スマホでどこでも勉強できる
  • 初心者にもわかりやすいビデオ講座
  • 復習モードで合格率を上げられる
  • 圧倒的な低価格

スタディングはスマホ学習に特化していて、ITを駆使した学習が話題の通信講座です。

ビデオ講座で効率的にインプット学習し、その後、基本問題、過去問でアウトプット学習することで知識がしっかり定着します。

学習サイクルが効率化されているので、短期間でも実力をつけることができます。

動画視聴で問題になる通信制限ですが、「STUDYingアプリ」というアプリがあり、動画講座をダウンロードしておけばオフラインで動画講座を受講できます。

通信講座の中でも料金が安く、なるべく費用を安くしたい人におすすめです。

コース料金
宅建士合格コース一括 19,800円

この他に直前対策オプションなどもあるので、チェックしてみてください。

STUDYingの無料講座をチェックする⇒

STUDYingの口コミ

通勤時間やお昼休み等の隙間時間で、いかに効率よく勉強が出来るものはないかと探していた中でスタディングを見つけ、受講しました。

何を使ってどう勉強していけばいいのか分かっていなかったので、スマホでカリキュラム通りに勉強すればいいスタディングはかなり学習しやすかったです。

スタディング 合格者の声より

昨年ろくに勉強もせずに落ちた自分に嫌気が差し、今年は絶対に落ちたくなかったので、スタディングを用い「スキマ時間を徹底的に勉強時間に回す!」を念頭置き勉強しました。

宅建試験後に累計勉強時間を見てみると累計350時間ほど確保できていたことに気づきました。スキマ時間だけで何百時間も確保できたことに正直驚きを隠せず、スタディングでスキマ時間を有効活用していなかったら今年もきっと落ちていたと感じています。

スタディング 合格者の声より

申し込んですぐにWEBで学習が始められる手軽さで少しづつですが、毎日勉強できました。ビデオ講義がわかりやすく、重要なポイントを集中して、学習できて効率がよく、無駄が省けました。

スタディング 合格者の声より

STUDYingの宅建講座は、インプットとアウトプットが効率的に行える仕組みが受講生から好評です。

受験者が苦労したことを解消し、継続しやすい学習システムを搭載しているので、宅建を効率的に学習するには最適な教材と言えるでしょう。

アガルート

アガルートの社会保険労務士スピード合格講座
  • 全国平均より高い合格率 2.58倍
  • 基礎から合格レベルを目指すカリキュラム
  • 講師オリジナルのフルカラーテキスト
  • Facebookグループによるフォロー

アガルートは難関資格の合格者数が高く、宅建の合格者数も全国平均より高い数字を誇ります。

インプットとアウトプットを通して、初学者でも宅建の知識を定着できるカリキュラムになっています。

Facebookグループのフォローもあり、わからないことは何度でも無料で講師に質問できます。

アガルートの講師は説明が丁寧でわかりやすいと評判です。

初学者向けカリキュラムと学習経験者向けカリキュラムを分けているのも、効率的に学習できるポイントになります。

コース料金
ゼロから合格カリキュラム20,860円(割引価格)
スピード合格カリキュラム27,860円(割引価格)

アガルートの宅建講座をチェックする

アガルートの口コミ

全ての科目が一冊にまとめられているので、かなりまとめやすく、持運びもし易く、試験日当時もこの一冊だけ持っていって復習する事ができました。

アガルート 合格者の声より

学習時間が限られていたため,試験日の3週間前くらいから学習を開始しましたが,教材が良くまとめられており,知識の整理に大変役立ちました。

教材のまとまりがとても素晴らしいと感じたため,試験日はこの教材を確認しようと決め,当日は席に着いてからこの教材をずっと読み返していました。

アガルート 合格者の声より

講義やテキストの質に対して、料金がとても安いのが特徴です。

資料請求で有料講座の一部を抜粋した講義動画と対応するテキストをプレゼントしているので、まずはどんな内容かだけでもチェックしてみても良いと思います。

クレアール

クレアールの特徴
  • 理想の合格を目指す非常識合格法
  • 学習効果を引き出すVラーニングシステム
  • 建士受験界の合格請負人による講義
  • 理解と記憶の定着を図るオリジナルテキスト

クレアールの宅建講座は、正しい学習方法を実践することにより短期かつ最小の費用と労力での合格目指せます。

合格に必要な点数を効率的に取れるカリキュラムを組んでいるので、時間のない受講生にも好評です。

非常識合格法とVラーニングシステムという学習システムで、徹底的に効率化された学習ができます。

クレアールは講座が多く、学習時間の目安やポイントが違います。一部を紹介します。

コース料金
先行学習型完全合格パーフェクトコース39,500円(割引価格)
先行学習型完全合格セーフティーコース47,000円(割引価格)

この他に、上級パーフェクトコースなどもあります。

コースについては資料請求ができるので、まずはどんなコースがあるか見てみてください。

クレアール宅建講座の資料請求をする⇒

クレアールの口コミ

講義動画が長すぎず短すぎないので、集中力を切らさず続けることができました。時間が記載されているので、事前に学習のスケジュールが立てやすかったです。

クレアール合格体験記より

勉強を始めてみると、講義はテンポがよく、語呂合わせもたくさんあって面白く、テキストも見やすかったこと、模試も5回もついており(模試の問題が本試験で複数問出題されていました。)、それらの点がクレアールを選んでよかった点です。

クレアール合格体験記より

資料請求をするとサンプルDVDがもらえるので、実際の講義を体験することができます。

いきなり入会して失敗するリスクを避けるためにも、まずは資料請求をするのがおすすめです。

資格の大原

資格の大原の特徴
  • 高い合格実績に裏付けられた独自のノウハウ
  • 効率よく学習できるテキスト
  • メールによる質問対応

資格の大原は、通学コースが強いイメージの資格スクールですが、WEBでも宅建の通信講座も行っています。

宅建の合格率も高く、ノウハウが蓄積されているので学習効率はとても高いです。

満点合格ではなく、効率よく合格できる合格点を狙うカリキュラムで最短合格を目指します。

コース料金
宅建士11合格コース77,000円
宅建士1166,000円

この他に通学コースもアリ、柔軟に対応できます。

資格の大原の宅建講座をチェックする⇒

資格の大原の口コミ

実際に実行したところ、人生初めての宅建士本試験の雰囲気に緊張し、実力をあまり発揮できなかった状態でも、40点を超えるやや余裕のある点数で合格することができました。

合格体験記より

宅建を基礎から徹底的に学習したい人に向いている講座です。

ユーキャン

ユーキャンの特徴
  • スマホとテキストで効率よく学習
  • 添削指導で実力アップ
  • ミニマムな教材

ユーキャンは大手通信講座で、宅建に関しても30年以上のノウハウを誇ります。

学習サポートが充実していて、「質問サービス」「専用スケジュール」「添削指導」といった受講者の弱点を克服するバックアップをしてくれます。

一部コースで給付金対象になっています。

コース料金
宅建63,000円

LEC 東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインドの特徴
  • 試験を研究した効率的なテキスト
  • 特典できるカリキュラム
  • 無料のお試し体験ができる

資格取得に強く、市販のテキストも口コミ評価がとても高い東京リーガルマインド。

宅建の出題傾向や難易度の変遷を見極め、“今”の時代に合った、得点できるカリキュラムを提供します。

無料のお試し体験もあるので、どんな講義なのかを確認することができます。

コース料金
プレミアム合格フルコース WEB154,000円

資格の学校TAC

TACの特徴
  • 「戦略的カリキュラム」と「オリジナル教材」を最大限に活用した講義
  • Webフォローが標準装備

TACの宅建講座は、講義と問題演習の効果的・効率的な組み合わせで行います。

TACのカリキュラムは宅建を徹底的に分析し、必要なポイントを絞った上でインプットとアウトプットを効果的に組み合わせたカリキュラムになっています。

もちろん法改正にも対応した「TACオリジナル教材」も好評です。

コース料金
チャレンジ本科生 Web通信講座94,000円
総合本科生SPlus Web通信講座156,800円

コースは複数あるので、資料請求することをおすすめします。

キャリカレ

キャリカレの特徴
  • 合格へと導く凄腕講師
  • 図解を多く取り入れた教材

キャリカレは、90日で宅建合格を目指せるのが特徴です。

講師の質は高いですし、質問サポート制度もあるので無理なく学習することができます。

不合格だった場合も「全額返金」制度があります。

コース料金
宅地建物取引士39,600円

資料請求もできるので、どんな内容か確認するのもおすすめです。

宅建の通信講座で合格するポイント

宅建の通信講座は、最短のカリキュラムで合格を狙う講座が多いです。

独学などに比べて効率よく学習できるので、比較的短期間で合格へと導いてくれます。

もちろん独学でも合格できますが、学習効率の点では通信講座の方が効率よく勉強できるでしょう。

ただし、通信講座を使っても勉強をしなければ合格はできないことを覚えておいてください。

宅建で不合格になっている受講生の多くは勉強不足で、しっかりと対策をしておけば合格できるレベルの人も多いです。

  • 300時間ほどの勉強時間
  • 効率的なカリキュラム

通信講座は「効率的な勉強法」を提供してくれるので、あとは勉強時間を確保しておけば合格率を上げることができます。

宅建を1回で合格するなら、合格率が高くノウハウを蓄積している「フォーサイト」の通信講座が一番おすすめです。

なかなか時間が取れない社会人で合格している人も多いですし、合格体験記などで具体的な学習方法が書いてあるのでとても参考になります。

最短ルートで合格するなら、フォーサイトを検討してみてください。

関連記事