大学受験の英語のおすすめ参考書と選ぶポイント

スポンサードリンク

大学受験の英語は、参考書が多くどれを選べば良いか迷います。

他の教科も勉強する必要があるため、英語にだけ時間を使うわけにもいきません。

限られた時間で効率よく勉強できる参考書を選ぶことが、大学受験英語攻略の鍵になります。

英語の勉強は、良い参考書と勉強法を工夫すれば必ず成績が上がります。

質と量のバランスを考えて勉強すれば、大学受験英語は着実に解けるようになるのです。

ですが現役受験生や英語が苦手な受験生は、勉強のバランスがとれていません。

英語は知識を定着させて、その知識を使って問題を解くことが重要になります。

どちらか一つが欠けていると、英語の成績は伸び悩んでしまいます。

そのためには参考書を上手に使うことが、必要不可欠になるのです。

大学受験で英語の参考書を選ぶポイント

大学受験の英語は、基礎力ができているかで選ぶ参考書が異なります。

基礎的な英単語がわからなければ、長文問題を解くことはできません。

まずは自分の学力を把握することが、参考書選びの第一歩になります。

また大学受験の英語で重要なことに、志望校で勉強法が異なることもあります。

センター試験の英語と、難関私立の英語は同じ勉強をしては私立問題は解けないでしょう。

目標を設定して戦略を練ることが、大学受験英語では大事になるのです。

英語の参考書を選ぶ場合も、このことを念頭に置いて選ぶ必要があります。

何も考えずに評判の良い参考書を購入しても、レベルが合わなければ無駄に終わる可能性が高いです。

参考書もターゲットユーザーがあるので、それが自分に合っているかを判断しましょう。

英単語の基礎を勉強できる参考書

英単語は、大学受験英語を解くための最も重要な基礎になります。

大学受験では、3000語前後の英単語を理解する必要があると言われています。

ですが参考書によっては、これ以上のレベルが載っている場合もあります。

基礎的な英単語をマスターする目的ならば、以下の参考書がお勧めです。

システム英単語Basic (駿台受験シリーズ)

システム英単語Basic (駿台受験シリーズ)

一般的な英単語の参考書で、非常に良くまとまっています。

フレーズが秀逸なのと、出る順に覚えられるので効率的です。

必須1500語なので、後述するDUOよりも易しい構成となっているので英単語の基礎を無理なく覚えられます。

高校英語が苦手な人向けなので、ある程度できる人はDUOから始めましょう。

別売りでCDがあるので、一緒に勉強するとより英単語が覚えやすいです。

システム英単語Basic CD ()

DUO 3.0

DUO 3.0

英単語の勉強で鉄板となりつつある参考書なので、知っている人も多いと思います。

大学受験に必要な英単語をほぼ網羅しているので、これ1冊勉強すれば十分ではないかと思います。

TOEICなどの英語試験にも対応していて、大学受験後も使える良い参考書と言えます。

ただし難易度は少し上がるので、英語が苦手な受験生はシステム英単語の後に勉強すると良いでしょう。

DUOを使う場合は、必ずCDとセットで勉強することをおすすめします。

私は高校3年の最初の1ヶ月で、CDと参考書を何度も繰り返し勉強しました。

そのおかげで、大学受験の模試に出てくる英単語はほとんど理解することができました。

DUO 3.0 / CD基礎用

DUO 3.0 / CD基礎用

大学受験の英単語の基礎であれば、上記2冊の参考書で十分です。

DUO1冊でも良いのですが、英語が苦手な人はシステム英単語から始めた方が勉強しやすいでしょう。

英単語の参考書は何冊も購入する必要はなく、1冊を完璧にすれば大学受験に対応することができます。

難関大学向けの英単語の参考書

難関大学は、基礎的な英単語だけでは対策が厳しくなります。

普段使わないような英単語も出題されるので、知識量が重要になります。

話題別英単語 リンガメタリカ [改訂版]

話題別英単語 リンガメタリカ [改訂版]

早慶レベル向けの英単語の参考書になります。

医学や科学など、様々なテーマを扱った英単語が載っています。

長文も大学英語の対策になり、難関私立大を目指すなら解いておく価値がある1冊です。

英文法の基礎におすすめの参考書

英文法は必ず出題されるので、しっかりと得点源にしておく必要があります。

英語が苦手な受験生は、難しい英単語の引っかけ悩まされる傾向があります。

しかし英文法は、基本的な構造さえ理解していればさほど難しくありません。

英単語に比べれば覚える数は少ないので、必要な文法をしっかいと暗記しましょう。

大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】 (東進ブックス 名人の授業)

大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】 (東進ブックス 名人の授業)

英語が苦手な人向けの英文法参考書で、かなり丁寧に解説してあります。

中学時代から英語が苦手な受験生は、まずはこれで基礎を固めると良いでしょう。

ただし高校の教科書を理解できている人には、物足りない内容になります。

大学受験を考えているが、英語が本当に苦手な人向けの参考書になります。

全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)

全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)

大学受験の英文法の入門書としては、最も効率よく勉強できる参考書です。

この参考書の良いところは、過去の大学受験で出題された問題で出やすい問題をピックアップしていることです。

これ1冊暗記すれば、センター試験レベルまでなら対応できます。

実際に私も、この文法書だけ大学受験の英文法はほぼ満点が取れました。

難関大学向けの英文法の参考書

英単語同様、難関大学は英文法も癖がある問題が出題されます。

全解説実力判定英文法ファイナル問題集―文法・語法・イディオム・会話表現の総仕上げ (難関大学編) (大学受験スーパーゼミ)

全解説実力判定英文法ファイナル問題集―文法・語法・イディオム・会話表現の総仕上げ (難関大学編) (大学受験スーパーゼミ)

この参考書はランダム出題になっており、断片的に覚えているだけでは解けません。

しっかりと英文法の知識を定着させるのに、最適な1冊と言えます。

ここまで終わらせれば、大学受験の英文法は大丈夫でしょう。

大学入学後に役立つ英文法の参考書

英文法の参考書として有名なものに、Forestがあります。

総合英語Forest 7th Edition

総合英語Forest 7th Edition

この参考書は非常に評価が高いのですが、大学受験の後の方がお勧めできます。

その理由として、この文法書は量が多く知識の定着に時間がかかります

効率的に英文法を勉強するならば、知識と実践を同時にできた方が良いからです。

英語の参考書としては質が高いので、しっかりと英語を勉強したい人は読む価値が高い1冊です。

ですが大学受験という限られた時間の中では、問題演習中心の参考書をおすすめします。

英語長文の特徴とおすすめ参考書

英語長文は、英単語や英文法が理解できていないと解けない問題が多いです。

ただし実際には英文の7割を理解できれば、正解を導き出すことができます。

最初に基礎的な英単語や英文法を学び、基礎が定着したら長文読解を解く手順が効率的な勉強法になります。

英語長文を読んで、半分も理解できない場合は英単語や英文法の勉強をやり直すことをお勧めします。

上記でおすすめした参考書をマスターすれば、長文の内容はかなり理解できるようになります。

ある程度、長文の内容が理解できるようになったら問題集で経験を積んでいくのです。

英文長文を解くヒントをくれる参考書

高校英文読解をひとつひとつわかりやすく。 (高校ひとつひとつわかりやすく)

高校英文読解をひとつひとつわかりやすく。 (高校ひとつひとつわかりやすく)

高校英語の長文が苦手な受験生向けの、長文読解参考書になります。

高校1年から大学受験入門までを対象としているので、高校生ならば無理なく理解できる内容になっています。

大学受験の前準備として、お勧めできる1冊になります。

入門英文解釈の技術70 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)

入門英文解釈の技術70 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)

英単語や英文法を勉強後、長文読解の前にチャレンジしてほしい参考書です。

英文解釈という、学校の勉強で不足する部分を手助けしてくれる良書です。

1文を正確に読むことをテーマとしているのが、本書の特徴になります。

英語長文は曖昧に読んでしまうと、答えを勘違いしてしまいます。

そういったミスを失くすためには、正確な文章解釈が重要になるのです。

この参考書は、正確な文章解釈をマスターするための1冊になります。

英語長文の入門におすすめの参考書

大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル1 超基礎編

大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル1 超基礎編

TVでお馴染みの安河内先生による、英語長文の参考書になります。

スラッシュリーディングという、英語を英語のまま理解する読み方は参考になります。

本の内容はそれほど難しくないので、英語が苦手な受験生の入門書となります。

英語長文レベル別問題集〈4〉中級編 (レベル別問題集シリーズ)

英語長文レベル別問題集〈4〉中級編 (レベル別問題集シリーズ)

こちらはセンター試験レベルまでの英語長文対策の参考書になります。

ですが難易度としては、センター試験よりは易しいレベルの問題が多いです。

入門書を終えた次のステップとして、本書を利用することをお勧めします。

センター試験レベルの英語長文におすすめの参考書

やっておきたい英語長文300 (河合塾SERIES)

やっておきたい英語長文300 (河合塾SERIES)

長文読解の入門レベルが完了したら、お勧めできる参考書です。

難易度的には偏差値50~55の間の受験生が、実力をつけるために勉強する内容になっています。

実際の入試問題が出題されているので、難易度的にも最適な1冊です。

大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル2 センターレベル編

大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル2 センターレベル編

こちらはセンター試験を対象としてるようですが、章によってはセンター以上のレベルになります。

この参考書はCDも付属していて、精読の考え方が身につく1冊です。

ただ読むのではなく、英語のまとまりを考えて読むことで理解が深まります。

難関大学を目指す受験生向けの英語長文参考書

やっておきたい英語長文500 (河合塾SERIES)

やっておきたい英語長文500 (河合塾SERIES)

やっておきたい英語長文300の、難関大学バージョンになります。

語数も増え難易度も上がっているので、簡単には解くことができません。

しかしこの参考書を終えれば、難関大学の英語でも対応できるようになります。

大学入試英語長文ハイパートレーニング (レベル3)

大学入試英語長文ハイパートレーニング (レベル3)

難関大学向けの、英語長文読解に最適な参考書です。

早慶などの対策に、必ず解いておくべき1冊です。

付属のCDでシャドーイングすることも、英語の実力アップに役立ちます。

やっておきたい英語長文700 (河合塾SERIES)

やっておきたい英語長文700 (河合塾SERIES)

大学受験英語の参考書では、ダントツに難しい部類の参考書です。

語彙数も多く、一般的な高校生にはかなり難しい1冊になります。

上智や東京外大のような、外国語大学の対策にもピッタリの参考書になります。

大学受験の英語おすすめ参考書まとめ

大学受験の英語の参考書は、何冊も勉強すれば良いわけではありません。

できるだけ効率的に勉強することが、英語の点数アップに繋がります。

今回紹介した参考書は、大学受験英語の参考書で良く紹介されているものが多いです。

良書を使うことは効率化に役立ちますが、自分のレベルもしっかりと把握しましょう。

レビューなどで評価が悪いのを見ると、レベルに合っていない参考書を使っていることも多いと思われます。

同じ英語の入門書でも、実際にはレベルが違うことも良くあります。

目指すレベルにと自分のレベルに合わせて、最良の参考書を選ぶことが成績アップに繋がります。

英語は一つずつ着実に勉強することで、理解することができる教科です。

英語が得点源になるように、厳選した参考書なので勉強の参考にして下さい。

大学受験 – 一念天に通ず

スポンサードリンク