センター試験の国語で8割を取るための効率的な勉強法

スポンサードリンク

センター試験の国語は、他の教科に比べて対策をしていない受験生も多い教科になります。

国語はそれほど勉強しなくても、ある程度の点数が取れるのも一つの理由かもしれません。

ですがセンター試験の国語で8割以上を取るためには、しっかりと対策することが重要です。

センター試験の国語は、基礎ができていれば短期間でも8割以上の高得点が狙えます。

現代文、古文、漢文と3つの分野がありますが、対策はそこまで難しくありません。

現代文は曖昧に問題集を解くだけではなく、きちんとした勉強法で国語の成績を上げる鍵になります。

古文と漢文も、基礎とセンター試験に出題されるポイントを押さえれば確実に得点源にすることができます。

センター試験の国語で8割を取るための、効率的な勉強法を紹介します。

センター試験の国語は現代文攻略が鍵

センター試験の国語で最も配点が高いのは、現代文の読解問題になります。

ですが意外と現代文の勉強をきちんとしていない学生が多く、点数にムラができている場合が多いです。

センター国語の現代文は、きちんとした勉強をすれば確実に8割以上取ることができます。

センター試験の現代文は、基本的に高校生なら読解できる内容の問題しか出題されません。

普段から国語が得意であれば、勉強しなくても高得点を取ることができます。

しかし確実にセンター試験の国語で高得点を取るには、テクニックも身につけることが重要です。

国語の現代文は、勉強法など存在しないと思っている学生も多いです。

ですが問題の解き方ための、きちんとした解法が現代文にもあるのです。

以前書いた「センター試験の現代文で9割とることができる勉強法」を参考にして下さい。

<a href=”http://efforts.hatenablog.com/entry/2015/06/29/145134″ data-mce-href=”http://efforts.hatenablog.com/entry/2015/06/29/145134″>センター試験の現代文で9割とることができる勉強法 – 一念天に通ず</a>efforts.hatenablog.com

国語の現代文は、高い読解力が必要不可欠と思い込んでいる受験生が多いです。

ですが実際には基礎的な読解力があれば、センター国語の現代文であれば高得点が取れます。

小説などを多く読むのも読解力をつけるには大事ですが、それでセンター試験の国語の成績が上がるとは限りません。

センター試験の国語はテストなので、テストのテクニックを身につければ効率よく成績を上げることができます。

日本の教育を受けていれば、国語の現代文を読むための基礎力は身についています。

あとはセンター試験の国語にあった、現代文の対策をすれば確実に高得点が取れます。

センター試験の古文は基礎力をつけること

センター試験の国語で、古文は比較的覚えることが多い分野になります。

勉強法としては英語に近く、重要単語の暗記と読解問題の演習が勉強の基本となります。

ですがセンター試験の国語の古文は、英語ほど覚えることは多くありません。

古文が苦手な受験生は、圧倒的に古文の勉強をしていないことが多いです。

センターの国語の古文は、現代の日本語に似ているだけに、勉強をしなくてもある程度読めてしまいます。

ですが多くの問題は、この似ている部分の引っかけ問題になります。

センター古文の難易度はそこまで難しくないので、基礎を理解すれば高得点を狙うことができます。

出題されやすい問題も決まっているので、問題のパターンに慣れれば高得点も可能です。

大学受験の古文の勉強法については、以前書いた記事の勉強法がお勧めです。

基礎からしっかりと短期間で古文を攻略できる勉強法なので、参考にして下さい。

この勉強法を行えば、センターの古文でも8割以上取れる実力をつけることができます。

<a href=”http://efforts.hatenablog.com/entry/2015/07/28/160021″ data-mce-href=”http://efforts.hatenablog.com/entry/2015/07/28/160021″>古文を短期間で得点源にできる大学受験の勉強法 – 一念天に通ず</a>efforts.hatenablog.com

センター試験の漢文を攻略する勉強法

センター試験の国語で、最も勉強時間が少なくなる分野は漢文になると思います。

大学受験でも漢文が必要な大学はそれほど多くなく、対策をしていない受験生も多いからです。

ですがセンター試験では、漢文の点数が悪いと国語の点数が低くなります。

センター試験の漢文は、勉強は現代文や古文よりも簡単と言えます。

基本的な内容を押さえれば、確実に解ける問題しか出ないからです。

しかも覚える内容も少なく、短期間でも点数を上げやすいのが漢文の特徴です。

センター試験の漢文の勉強は、「センター漢文解法マニュアル (大学受験合格請負センター試験対策シリーズ)」で対策ができます。

基礎的な内容しか出題されないセンターの漢文を、効率よく勉強できる問題集になっています。

これ1冊徹底的に勉強すれば、センター試験の国語の漢文で高得点を取ることができるようになります。

1冊完了するまでに、1ヶ月もあれば終わらせることができる内容になっています。

漢文を後回しにしていても、最後の追い込みで調整できる量なのもお勧めのポイントです。

センターの国語で8割超えるためには、漢文も必ず対策をしておきましょう。

センター試験の国語の対策に役立つ問題集

センター試験の国語は、他の教科に比べて問題集を使わない受験生も多いです。

しかし国語も他の教科同様、多くの問題を解いて経験値を積むことで成績を上げることができます。

特に読解力などは、数多くの文章を読んで問題を解くことで確実に身に付きます。

ただし問題集の選定は重要で、センター試験レベルの国語の問題集を選びましょう。

難易度の高すぎるものや低すぎるものでは、センター試験の国語対策にならないからです。

センターレベルの問題集を解くことで、確実に国語の成績を上げることができます。

 センター試験本番レベル模試

2016 センター試験本番レベル模試 国語 (東進ブックス)

2016 センター試験本番レベル模試 国語 (東進ブックス)

センター試験レベルの模試ができる、国語の問題集になります。

東進ハイスクール独自のデータで、センター国語の攻略法を勉強することができます。

センター試験の最後の追い込みとして、とても役立つ国語の問題集と言えます。

国語 2016年版 (大学入試センター試験実戦問題集)

国語 2016年版 (大学入試センター試験実戦問題集)

代ゼミの公開模試で、良問と言われる国語の問題を5回分厳選した問題集です。

センター試験レベルの国語で実際に出題された模試なので、実力試しとしてチャレンジして下さい。

大学入試センター試験実戦問題集国語 2016 (大学入試完全対策シリーズ)

大学入試センター試験実戦問題集国語 2016 (大学入試完全対策シリーズ)

駿台で行われた模試で、良問の7回分をまとめたセンター試験の国語問題集です。

センター試験前に重要事項を確認できる、直前チェック総整理もついているので活用しましょう。

マーク式総合問題集国語 2016 (河合塾シリーズ)

マーク式総合問題集国語 2016 (河合塾シリーズ)

河合塾の模試から厳選した5回分の、センター試験の国語の問題集になります。

巻末には2回分のセンター試験問題があるので、本番同様の模試を体験することができます。

大手の予備校から発売されている問題集は、どれもセンター試験の国語の出題形式と同じになっています。

本番と同レベルの問題を解くことで、センター試験を余裕を持って受けることができるようになります。

センター試験の国語勉強法まとめ

国語の勉強は、他の教科に比べて手薄になりやすい傾向があります。

それは勉強法が曖昧なことと、勉強しなくてもある程度の点数が取れるからでしょう。

ですが確実にセンター試験の国語で8割を取るためには、勉強することは必要不可欠になります。

高校までの学校教育をしっかりと受けていれば、センター試験の国語で高得点を取る土台はできています。

あとはセンター試験の国語で高得点を取るために、良い教材を使うことが重要です。

センター対策ができている問題集を使えば、短期間でも成績を上げることは難しくありません。

センター試験の国語は、難易度が高い問題はほとんど出題されません。

しっかりと勉強をすれば、誰でも8割を超えることは十分に可能です。

大学受験 – 一念天に通ず

スポンサードリンク