インセンティブとは?キャリアコンサルタントが教える営業の転職で失敗しない方法

インセンティブとは、営業職の方が転職を検討する時に理解しておくべき大事なことになります。

転職サイトを見ていると、給与欄の月給以外に「インセンティブ」と書かれていることがあることに気づく方もいるでしょう。

以下のような形で、月給などのほかにインセンティブと書かれることが多いです。

ですが、インセンティブとは一体なんのこと?と疑問に思う方も多いと思います。

そこでキャリアコンサルタントが、転職で大事なインセンティブについて簡単に説明したいと思います。

スポンサードリンク

インセンティブとは営業の業績に応じで支払われる給料のこと

まず、インセンティブとはについて簡単に説明します。

インセンティブとは、営業などが仕事の業績に応じて支給される給料のことになります。

不動産営業などが顕著で、1件受注するとインセンティブを貰えることが多いですね。

ちなみに海外などの一般的なインセンティブの使われ方ですが、会社が決めた目標を達成したときに、普段の月給とは別に支給されるボーナスのような意味合いがあります。

一般的にインセンティブは固定給に個人の売り上げや業績、会社の売り上げによる利益を加算して支給する制度です。

インセンティブは、月給とは別に20万など一定の金額をもらえることもありますし、会社によっては旅行などという形でもらえることもあります。

昔聞いた話だと、外車ディーラーなどは、ハワイ旅行などをインセンティブにもらうことがあります。

インセンティブの仕組みについて

インセンティブについて、給料条件の良さだけに目が行って転職に失敗する人も実はいます。

良く聞く言葉に「歩合制」もありますが、インセンティブと歩合はほぼ同じ意味と思って問題ありません。

ではインセンティブと書かれている求人は全て同じかというと、かなり危険なものもあるので注意しましょう。

インセンティブについて、パターンを紹介するので参考にして下さい。

  1. 基本給+インセンティブ制
  2. 完全歩合制

「インセンティブとは」で説明しましたが、インセンティブは会社が目標を達成したときに支払われる給料です。

実績1件ごとに支払われる歩合制とほぼ同じ意味で、ほとんどの求人はインセンティブ=歩合制と思って問題ありません。

ではインセンティブ求人なら問題ないかというと、そうではありません。

「完全歩合制」と書かれている求人はかなりリスクが高いので覚えておいてください。

実は完全歩合制に関しては、実は法律違反で正社員には適用されません(業務委託などの場合にのみ適用されます)。

現在の法律では働いた時間に見合った給与を支払う義務があります。

完全歩合にすると手取りゼロの可能性が出てしまうので、正社員では完全歩合制は適用されません。

正社員向けの転職サイトなどで見ることはないと思いますが、完全歩合制と書かれている求人はブラック企業の可能性があるので注意してください。

インセンティブは、最低ラインの給料は保証されています。

インセンティブは能力の高い営業にはおすすめ

結果を残せば給料が上がるインセンティブは、能力の高い営業職の方にお勧めの制度です。

インセンティブは、できた成果に応じて給与が変わります。そのため、能力がある人にとっては給与を多くもらえるというメリットがあります。

営業の方で受注率が高いのに給料が低いと悩んでいるなら、インセンティブ制度を取っている企業を強くおすすめします。

ただブラック企業などは、インセンティブを都合よくとらえて、会社目標に達していないから支払わないという最悪のケースもあるようです。

残業なども支払われないと、モチベーションにも関わるので、しっかりと企業情報を確認しましょう。

インセンティブ給与が期待できる企業を紹介してくれる転職エージェント

営業の方で結果を残しているのに評価されていないと感じているなら、年収UPができるインセンティブ制度を取り入れている企業に転職することをおすすめします。

特に20代や30代と若手の方で、年齢が理由で評価されていないならば転職も検討してみましょう。

ただしハローワークでの転職はブラック企業のリスクもありますし、給与交渉が難しいのでおすすめできません。

キャリアアップ狙いの転職なら、転職エージェントに相談してください。

転職エージェントは膨大な量の企業情報を持っていますし、休みなどの求職者が聞きにくい情報の確認や給料の交渉もしてくれます。

また転職エージェントはブラック企業対策もしていますし、豊富なノウハウであなたに最適な企業を紹介してくれます。

もし、あなたが20代~30代であれば、若手の転職に強いマイナビは求人の質が高く実績も豊富のおすすめのエージェントになります。

プロのキャリアアドバイザーがヒアリングを行い、あなたの希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

▲完全無料・登録は簡単1分▲
#NAME?

マイナビAGENT

 

また国内最大手のDODAも、20代~40代までの求人に強いおすすめの転職エージェントになります。

キャリアコンサルタントの営業力が高いDODAは、豊富なネットワークを駆使して質の高い企業を紹介してくれます。

▲完全無料・国内最大の求人数▲
転職サイトはdoda

dodaエージェントサービス

 

どちらも無料で使える転職エージェントで、登録後にキャリアアドバイザーの方から転職支援を受けることができます。

キャリアアドバイザーを通して転職することで、不安となる給料の問題や仕事内容のミスマッチを防ぐことができます。

もしすぐに転職するつもりがないのであれば、キャリアアドバイザーにその旨を伝えればプッシュされることはないので安心してください。

本当におすすめできる転職エージェント

どの転職エージェントを使えばいいのか?という点ですが、まずは大手3社を押さえておくのが一番です。

どの転職エージェントも求人数が10万件近いレベルで、他のエージェントに比べて飛びぬけています。

おすすめの理由としてはホワイト企業が多く、大手企業の関連会社など安定した優良求人を抱えているからです。

企業が転職エージェントを利用するにはお金がかかるため、財政的に安定した会社しか利用できません。

また、エージェントを利用するためには審査がありますし、広告コストもそれなりにかかります。

それだけの投資をしても人材を採りたい!という会社の多くは、待遇が手厚く、長期的なキャリアを持って育ててくれます。

もちろん即戦力を歓迎している会社もあり、年収アップの転職にも対応しています。

一方、ハローワークや求人雑誌などは、広告コストが安く(ハローワークは無料)質の低い求人も多いです。

安く人材を雇って使い叩こうというブラック企業もあるため、転職失敗のリスクがありおすすめできません。

転職エージェントでは、そういったブラックな求人が少ないため、優良求人を安心して探すことができます。

さらに、転職エージェントが優良求人の中から、あなたのキャリアにあった求人を選んでくれます。

求人選びにかかる時間的コストは大きいですから、そこを大幅に省略出来るのは求職者にとって大きなメリットになります。

大手3社は求人の選択肢が豊富で、かつエージェントが良い求人を厳選してくれます。

現職の不満点をしっかり伝えることで満足のいく求人に出会える確率が高くなりますよ。

ただし、エージェント大手といっても担当者の性格や質は人それぞれです。

もし担当者と意見がマッチしない、どうも信用出来ない…と感じたら、別のエージェントを利用してあなたにあった担当者を見つけるようにしましょう。

転職エージェントはプロですが、だからといって全てのエージェントがあなたに合う、あなたを理解してくれるとは限りません。

大切なのは、転職支援のサービスを上手に利用することです。

「なんか、転職活動が上手くいかないな・・・」と思ったら、別のサービスに切り替えましょう。

担当アドバイザーと相性が悪いから別のエージェントにしたら、転職活動がスムーズに成功したといった体験談もありました。

このような口コミも多く、キャリアコンサルタントとして一番おすすめの選択は、大手3社から1社、自分に合うアドバイザーを探す方法です。

まずは1社登録をして、キャリアアドバイザーとの相性を見極めます。そこで相性が悪ければ、他のエージェントに切り替えましょう。

転職エージェントは登録後、電話あるいはメールで連絡が来るので、面談日を決めてキャリアカウンセリングをして、そこから求人のオファー&応募という形になります。

何度かやり取りをしていると、担当アドバイザーの性格がわかります。

担当アドバイザーが信頼できると感じたら、転職エージェントに全て任せましょう。

一度登録してしまえば、あとは書類を作る手間なく転職活動が出来るので、上手に利用して転職を効率的に進めることをオススメします。

  1. dodaエージェントサービス
    求人数と転職支援の質は転職エージェントの中でもNo.1。転職で必ず登録しておきたい転職エージェント。
  2. マイナビAGENT
    丁寧な転職支援で口コミ評価が高い。20代から30代におすすめのイチオシの転職エージェント
  3. リクルートエージェント
    営業力が強く転職支援の質が評価されているおすすめの転職エージェント。未経験の転職にもおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク