30代の転職活動で疲れた時に本当に役立った対処法!モチベーションを上げて成功へ導くために必要なこと

スポンサーリンク

転職活動をしていると、急に疲れたと感じてしまうことは良くあります。

頑張って行動していても、なかなか結果が出ないときに「疲れた、転職をやめようかな」という気持ちになります。

私も30代の頃に転職活動をしていて、本当に疲れたと感じたことがあり転職をやめようかと一度は諦めたことがありました。

転職経験者なら理解できると思いますが、長期間の転職活動をしていると、疲れたと感じることが多々あります。

思い通りに進まない不安や焦りが、転職の疲れを増大させるのです。

ただ疲れた精神状態で転職活動をしても、ネガティブな考えばかりしてしまい、悪い結果になってしまう可能性が高いです。

この疲れたという気持ちを取り除かなければ、転職のやる気も下がってしまいます。

転職は精神力も成功率を上げる重要な要素になるので、気持ちをしっかり持つことが重要です。

特に30代は仕事も忙しく、転職活動だけに力を注ぐことはできなくて疲れたと感じやすいです。

30代は転職活動で疲れた時に、回復できる対処法を知っていると有利になります。

実際に30代の転職活動で、疲れた時に役立った対処法を紹介します。

不安や焦りを取り除くだけでも、転職活動をスムーズにできるようになります。

転職の成功率を上げることと、辛い転職活動を乗り切るための参考にして下さい。

スポンサーリンク

転職活動に疲れたと感じる理由

転職活動に疲れたと感じると言っても、人それぞれ違った理由があります。

面接や書類選考で落ちたことで疲れたと感じる人も多いですが、30代はそれだけではありません。

落ちる以外の疲れる理由としては、

  • 不採用が続いたとき
  • 仕事で失敗してしまった
  • 退職の手続きなどを考える

などがあります。

こうした理由をどうやって取り除けるか、これが転職活動を上手く行うコツになります。

不採用が続いたとき

転職活動で最も疲れたと感じる理由に、不採用が続いたときがあります。

特に30代はある程度の社会経験があるので、不採用になるとショックが大きいです。

不採用になると自分のキャリアが否定された気持ちになり、転職活動を止めたくなることもあります。

頑張って準備して転職活動したのに、不採用が続くと精神的に疲れてしまいます。

30代でそこそこのキャリアがあっても、不採用になるケースは思っている以上に多いです。

しかも基本的に転職者は、不採用の理由を教えてもらうことはできません。

そのため次の転職活動で、どうやって改善したらよいか悩んでしまいます。

この悩みを乗り越えることが、転職活動の疲れを乗り越えることにも繋がります。

不採用が続くのは、転職者のキャリアと企業のニーズが合っていない原因がほとんどです。

30代の転職はスキルだけではなく、給与や年齢なども大きく関わってきます。

自分が応募している企業の条件を確認して、本当に自分のスキルで問題ないかを確認しましょう。

ただしこれは一人では判断が難しいので、転職エージェントなどを利用して自分に合った求人を選定してもらうことをお勧めします。

30代で転職する人の多くは、転職のノウハウがわかっていないケースが多いからです。

エージェントのような転職のプロの意見を聞くことで、不採用の原因もわかって対策も立てられます。

自分の弱点を把握する良い機会になるので、こうしたサービスの利用は転職成功に不可欠と言えます。

仕事をしながらの転職活動が辛い

30代で転職活動をしている人の多くは、現職の仕事をしながらが多いと思います。

私も仕事をしながら転職活動をしましたが、面接などの時間を作るのが大変でした。

私の場合はIT職で残業が多いことあり、転職活動に割く時間が少なかったです。

結果として、転職活動に疲れたとなりモチベーションが下がってしまいます。

仕事をしながらの場合、転職活動の時間をどれだけ作れるかが成功の鍵になります。

特に一人で転職活動をしていると、求人選定、書類作成などの作業に追われ疲れてしまいます。

また転職の面接などは、就業時間にバッティングしてしまうこともあります。

特に30代の場合、重要な仕事をしていることも多く時間の都合をつけられないこともあります。

最近では時間を調整してくれる企業も多いですが、その調整もかなり疲れます。

上手に転職先とのアポイントを行わないと、転職活動に疲れたとなってしまいます。

有休があれば、転職活動中に消化するつもりで行動すると良いでしょう。

転職後に使う人も多いですが、引継ぎなどや次の職場とのタイミングで使えないことも多いからです。

30代だと周りの視線も気になり休みが取りにくいので、上手に休みを活用することが成功のポイントです。

もしスケジュール調整が難しい場合、転職エージェントに依頼すれば面接の時間などを企業と調整してくれます。

30代の転職は、スケジュール調整も成功のために必要なことになります。

退職の手続きなどを考える

転職が決まっても、現職への退職手続きなどやることがたくさんあります。

特に30代の転職では、引継ぎなど手続き関係がかなり多いのが特徴です。

転職活動に力を使い、退職の手続きが面倒で嫌になる人は非常に多いです。

実際に体験しないとわかりませんが、退職の手続きは神経をかなり使います。

上司への報告や、仕事の引継ぎなどやることが山ほど残っているのです。

また退職の申請は、企業によって1か月前までに報告など、時期が決まっているので注意しましょう。

新しい職場の入社のタイミングなども、しっかりと考えないと失敗してしまいます。

転職活動は、単純に新しい職場に採用されたら終わりではありません。

仕事を辞めるときは、手続きが多いのを覚えておいて転職活動を行いましょう。

やることが分かっていれば、事前に対応することも可能だからです。

退職の手続きも、転職エージェントを利用するとスムーズにできることが多いです。

必要な書類や上司への報告のタイミングなど、面倒な作業を丁寧に教えてくれます。

また最近では退職代行サービスもあるので、そういったサービスを検討してみても良いと思います。

退職時のトラブル防止にも繋がるので、しっかりと準備しておくことをお勧めします。

また30代の場合、仕事で重要なポストになっているケースも少なくありません。

仕事を辞めて終わりではなく、残る人のことも考えて引継ぎをすることが重要です。

転職を決意したら、書類など引継ぎ資料を仕事後などに作るなどの対策をすることがお勧めです。

転職活動に疲れた時に役立った対処法

転職活動に疲れる理由は多いですが、その理由によって対処法が異なります。

転職活動では挫折を経験する人も多いと思いますが、疲れたという理由で転職を止めるかは冷静に考えるべきです。

実際に私が転職活動で「疲れた」と感じた時に、役立った対処法を紹介します。

  • 求人を絞って転職する
  • 転職活動を見直す期間を作った
  • ストレス発散を適度に行った
  • 仕事に集中する

転職活動をしているとネガティブな気分になることが多いので、なるべく「冷静になること」と「ストレスをためない」ことで疲れた気持ちを落ち着けることができます。

求人を絞って転職する

転職活動をしていると、良さそうな求人にとりあえず応募することがあります。

転職サイトなら簡単に応募できるので、やたら応募数が増えた経験をした人もいると思います。

応募数を増やすと転職成功率が上がると思うかもしれませんが、実際は効率を下げることになっている可能性があります。

不採用の度に、履歴書や職務経歴書の手直しをすることも少なくありません。

何度も応募しては手直しをするを繰り返すと、精神的に疲れてしまいます。

結果的に転職活動に使う時間が増えて、疲れだけが残ってしまうのです。

強い希望のない企業へは、なるべく応募しないことをお勧めします。

特に30代の転職は、自分のキャリアを考えた求人選びが重要です。

同時に応募するのは2~4社くらいにしておくと、管理も難しくはありません。

30代の転職は求人を絞って転職活動をしたほうが、結果的に作業効率は上がります。

転職は1社応募するのも、かなりの精神力が必要な作業になります。

一度に何通もの不採用の通知がくると、精神的にかなり落ち込んでしまいます。

的を絞ってその企業に集中したほうが、結果的に無駄な時間を使わずにすみます。

転職活動を見直す期間を作った

不採用通知がくると、すぐに次の企業へ応募する転職者は多いと思います。

確かに30代の転職でスピード感は大事ですが、転職活動を見直す期間を一度作ることをお勧めします。

転職活動中は焦ってしまいますが、こういう時ほど落ち着くことが重要になるからです。

30代で転職に失敗するのは、自分ではわからない様々な理由があります。

キャリアや給与など、企業側が求める条件を満たしていない場合がほとんどです。

不採用になって焦る前に、落ち着いて失敗した理由を考えてみましょう。

例えば給与の問題なら、少し減らすことで妥協するなどの方向転換も検討できます。

キャリア不足ならば、自分のキャリアで採用される確率の高い企業を選ぶ必要があります。

転職は需要と供給の世界なので、企業が求める条件に合わなければ採用されることは難しくなります。

一度落ち着いて、自分の問題点を見直してから転職活動を再開してみましょう。

時間を置くことで、自分の欠点を見つけて改善しやすくなります。

もし自分の問題点などがわからなければ、転職エージェントを使うのもお勧めです。

第3者に指摘してもらうことは、自分の欠点を改善するのに役立ちます。

エージェントは転職のプロなので、30代の転職で参考になるアドバイスをたくさんくれます。

転職を見直す期間を作って、自分の問題を改善すると転職の効率が上がります。

時間が限られている転職ですが、焦っても良い結果には結びつきません。

落ち着いて考える期間を作ることも、30代の転職活動では重要な時間になります。

ストレス発散を適度に行った

30代で転職活動に疲れたと感じた時は、精神的にストレスを感じている時になります。

ストレスを持ったまま転職活動を続けても、良い結果になることはありません。

まずはストレスを発散することで、やる気を取り戻すことができます。

ストレス発散の方法は、自分の好きなことや人と話すのが効果的な方法です。

親しい友人に愚痴を吐くことは、ストレス発散に特に効果的です。

私の場合は転職に成功した友人に話したところ、転職の良い情報を聞くこともできました。

またカラオケのように、大声を出すこともストレス発散に効果的です。

その他にも自分の趣味を1日中やることや、旅行に行くこともストレス解消に繋がります。

30代で転職活動に疲れた時は一度精神をリセットさせることで、転職活動のやる気を引き出すことができます。

30代の転職活動では、ストレスで気持ちが落ちることは良くあります。

悩んでばかりだと、精神状態が悪化してしまいます。

気持ちをリフレッシュさせることは、モチベーションのアップにも繋がります。

仕事に集中する

次の仕事のことを考えると、どうしても現職のモチベーションが下がってしまいます。

やる気が無くなると、仕事の効率が落ちて作業が捗らなくなります。

そんな状態で転職活動をしても、どこか抜けた状態になってしまう可能性が高くなります。

基本的に人間は、モチベーションが高い状態の方が何事も成功しやすいと思います。

仕事のやる気が低いと、転職活動でも些細なミスをする可能性が高くなります。

たとえ転職を決意しても、仕事は一生懸命やったほうが良い結果に繋がります。

仕事を一生懸命行えば、自分に自信が出てきて転職でも良いアピールができるようになります。

逆に仕事が散漫だと、言っていることに自信がなく不採用になる可能性が高くなります。

転職活動をしていても、中途半端な仕事はしないようにしましょう。

転職に疲れたら転職エージェントに相談も検討しておく

転職活動で疲れたと感じるのは、転職活動を知らないことが大きな原因になります。

一般的に転職経験が多い人は少ないので、転職の手順がわからず焦りばかりが先行してしまいます。

書類の書き方や面談の方法などは、自分で調べますが、これが正解かわからず不安ばかりが募りますよね。

もし私のように転職活動を一人で行っているのであれば、転職のプロに相談することも検討してみてください。

転職活動では、ほとんどの人がリクナビなどの転職サイトに登録していると思います。

ですが転職活動の方法として、転職エージェントを知らない人もいるのではないでしょうか。

転職エージェントの良いところは、転職のプロである専門アドバイザーが転職成功までを支援してくれることです。

履歴書・職務経歴書の書き方や面接のやり方など、転職のノウハウを丁寧に教えてくれます。

また自分の希望に合った求人を紹介してくれるので、探す労力を抑えられます。

最初は面談など面倒かと思いましたが、登録して転職活動の効率が上がりました。

私も転職エージェントを利用しましたが、転職活動で疲れた時に相談に乗ってもらえたので精神的に助かりました。

一人ではなく、一緒に転職を支援してくれるのが転職エージェントのメリットです。

転職活動は人にアドバイスを聞くことも難しいので、こうしたサービスを利用すると転職の効率が上がります。

また転職エージェントの良い点として、退職の手続きもサポートしてくれます。

30代の場合、転職後の手続き関係が非常に多くて大変です。

転職が成功して終わりではなく、しっかりとアフターケアもしてくれるのです。

退職手続きは面倒なことが多いので、サポートしてもらえると疲れが減らせます。

こういったサービスは、お金がかかると思っている人もいるかと思います。

転職エージェントは、企業側から紹介料をもらうので利用者は無料で活用できます。

もし転職活動に疲れていて、この先どうすればいいか迷っているのであれば、転職エージェントも検討してください。

参考:30代におすすめの転職サイトと転職エージェントランキング!キャリアコンサルタントが教える転職が決まらない時の打開策

コメント

タイトルとURLをコピーしました