40代の転職で失敗する3つの特徴!40代転職の現実をキャリアコンサルタントが教えます

スポンサーリンク

40代の転職で失敗する人には、大きく分けて3つの特徴があります。

それはキャリアがある人もそうでない人も同じで、失敗する人は「40代転職の現実」を理解していないからです。

ただ勘違いしている40代も多いのですが、40代の転職は失敗ばかりではありません。

若い世代と比較すると厳しい部分もありますが、逆に40代という年齢がメリットになることもあります。

一般的には40代の転職は年齢が大きなネックと言われていますが、転職に失敗する人は年齢以外で採用されないことがあることも覚えておいてください。

ではどんな要因で失敗するのか、これを理解することで40代転職の失敗を回避することができます。

実は、この理由を知らない40代も多く、それが原因で転職活動に失敗してしまいます。

40代の転職で失敗する人の特徴と、その対策について説明するので参考にして下さい。

転職活動を成功できている人は、この対策ができている人になります。難しいことではないのですが、知らないと損をするので注意しましょう。

40代におすすめ転職エージェント
  1. dodaエージェントサービス
    営業力が強く求人数は業界でもトップクラス。転職支援の質が評価されている40代におすすめの転職エージェント。
  2. リクルートエージェント
    求人数と転職支援の質は転職エージェントの中でもNo.1。40代転職で必ず登録しておきたい転職エージェント。
  3. パソナキャリア
    キャリアアドバイサーの質がとても高い。40代の求人はハイクラスが多いがキャリアがあればおすすめできる転職エージェント。
  4. JACリクルートメント
    ハイクラスの転職に強い。老舗の転職エージェントで企業からの信頼も厚い。
  5. ビズリーチ
    独自の転職支援で急成長しているエージェント。ハイクラス案件に強く年収アップしたい人におすすめ。
スポンサーリンク

40代転職の現実は2極化している

キャリアコンサルタントとして、40代の転職市場を見ていると2極化していると感じます。

一般的に転職目的はキャリアアップ(年収アップ)になるのですが、40代に関しては

  • キャリアアップ
  • やりたい仕事を探す

の2つに分類される傾向にあります。

キャリアアップを狙う40代が増えている

まず転職の目的として一般的なキャリアアップですが、40代もこの動きが顕著になってきました。

一昔前は、40代で転職は無理とまで言われていましたが、今はキャリアアップを狙う40代が増え活発になってきました。

その理由は「転職エージェント」で、転職を全てサポートしてくれる支援を期待して転職活動をする40代が多くなっています。

昔は転職がデメリットになっていたので、家族を持つ40代は会社を変えることはありませんでした。

今は老後の不安などもあるためか(リストラが活発ということもあります)、より良い条件の仕事を探す40代が増えてきました。

特に営業や技術職(特にIT系)は、実績があれば40代でも好条件を出して採用してくれる企業があります。

40代転職の現実は厳しいなど言われていますが、キャリアアップに成功する40代も実は多いことを覚えておいてください。

やりたい仕事を探す40代

40代転職のもう一つのパターンに、やりたい仕事を探す人が増えている傾向もあります。

ただ正確には、仕事が辛くもっと自分のペースで仕事をしたい40代が転職活動をしています。

特に大企業やブラック企業に勤めている40代が、この傾向に当てはまります。

このタイプは条件が多少悪くなっても、自分の生活リズムを優先できる仕事を探します。

マンション管理士や電気工事士など、職業訓練校で勉強して転職する人も少なくありません。

また転職ではありませんが、フリーランスとして働く40代技術者も増えています。

給料が減るなど、こうした人たちを転職失敗と考える人もいますが、個人が希望しているのであればそれは失敗ではありません。

辛い仕事を続けるのであれば、40代転職の現実として、こうした選択をするのもアリでしょう。

40代の転職で失敗する人の3つの特徴

40代でも転職に成功している人はいますが、現実はまだ厳しい状況と言えます。

40代が失敗する大きな理由としては、年齢制限が最も認知されていることになります。

しかし実際には、年齢制限以外にも40代の転職で失敗する人に共通する3つの特徴があります。

  1. 市場価値の調査不足
  2. 理想と現実を理解していない
  3. 転職経験が少ない

これらのことは、40代の転職活動を成功させるのに必要不可欠です。

40代で転職しようと考えている人の多くは、転職市場について知識が不足しています。

転職は企業側が求める条件に合致している必要があり、どうやって転職活動をするか、40代が有利になる職種など、転職で知っておくべきことがあります。

40代の転職で成功している人は、こうした対策をしっかりと行っています。

ですが失敗している人は、なんとなく転職活動をしている40代が多く、こういった対策ができずに転職活動で失敗するのです。

それぞれ40代の転職活動を成功させる上で、とても重要な項目になります。

一つ一つ説明するので、自分ができているかを確認して下さい。

市場価値の調査不足

40代は仕事経験も豊富で、キャリアも形成されている人が多いです。

しかし転職市場では、そのキャリアが逆に転職を妨げる原因になることもあるのです。

市場価値は常に変わっているので、しっかりと調査しないと転職に失敗します。

一昔前は、40代の転職市場はかなり厳しくほとんど転職は無理でした。

最近では転職が一般的に認知されるようになり、昔に比べて40代などの中高年でも転職しやすい環境になりました。

特に中小企業では、40代でも採用する企業が増えてきています。

現在の転職市場では、40代を採用する企業は以下のような職種が多いです。

看護師やITなど、経験が必要な職種は40代でも積極的に採用されやすいです。

また営業なども、条件は厳しいですが40代でも採用されやすい職種です。

逆に高級取りの管理職などは、あまり転職市場では必要とされていません。

大手企業を見てもわかる通り、給与の高い人はリストラの対象になる時代なのです。

こうした転職市場の動向と、自分の価値を考慮して転職することが成功に繋がります。

この転職市場の傾向は、その時代によって変わるのでしっかりと調査しましょう。

自分で調べるのが厳しい時は、転職エージェントを利用すると詳しく説明してくれます。

40代は自分の市場価値がない時は、転職活動をしないという勇気も必要になります。

理想と現実を理解していない

転職と聞くと、給与やキャリアが上がることを期待している人が多いです。

わざわざ環境を変えるので、今よりも待遇が悪くなるのを避けたいのは当然です。

しかしこの理想が、現実とは違うことを理解しないと転職活動に失敗します。

40代で転職活動をしている人の多くは、こうした理想が高い場合がありますが注意してください。

ある程度の給与がありながら、更に良い環境を狙って転職しようとするのです。

しかし現実は、そういった高い給与を40代に支払う企業は少ないです。

もちろん優秀な人材で価値が高ければ、40代でも理想的な転職に成功します。

しかし現実としては、企業側が求めるスキルとマッチする人はそう多くありません。

40代は経験もありますが、違う業界や職場ですぐに実力を発揮することは厳しいです。

企業側もこうした理由を知っているので、40代の採用を控える傾向にあります。

そうした理由を理解しないと、転職で給与が下がるなどの失敗をしてしまいます。

40代の転職は、こうした現実を受け入れることも重要になります。

40代で転職に成功した人の多くは、給与が下がったなどの待遇面を妥協している人も多いです。

それでも人間関係や仕事環境が良くなったと感じている人も多く、結果的には転職に成功したと言えるでしょう。

人によって転職理由は違うので、どこで妥協するかも40代の転職では重要です。

転職経験が少ない

40代の人は、一つの職場しか経験していない人も多く転職経験が少ないです。

そのため転職の準備や、転職成功のポイントを知らず失敗している人が多いのです。

転職活動は経験だけではなく、しっかりと企業にアピールすることが重要になります。

経験の少ない40代は、転職ノウハウが少ないため履歴書や職務経歴書の書き方のレベルが低い傾向にあります。

頑張るや一生懸命といった、実績がわからない言葉を使うことが多いです。

40代の転職では、こうした新入社員が使う言葉を使わないようにしましょう。

もっと具体的に達成した内容を書くことが、転職成功のポイントになります。

履歴書や職務経歴書に魅力がないと、門前払いされることが多くなります。

実際に40代の多くは、書類選考で落とされることが多い傾向にあります。

また面接も同様で、簡単な本を読んで対策している人が多いです。

しっかりとシミュレーションしなければ、転職では成功することができません。

厳しいと思われる40代の転職ですが、事前準備をしていなければ失敗するでしっかりと準備をしましょう。

転職経験が不足していると感じる人は、転職エージェントの利用がお勧めです。

転職で重要なポイントや、希望にあった企業を紹介してくれるからです。

経験不足をカバーする工夫をすることが、40代転職成功の秘訣になります。

40代の転職で失敗しないための対策

40代の転職が厳しいのは、年齢制限以外の要素もあります。ですがこれらは、しっかりと調べて対策すればネックにはなりません。

一般的に転職を何度もする人がいないので、どうしても経験不足から十分な対策ができずに転職活動に失敗する要素になります。

40代の転職は、ある程度の妥協は必要ですが全て妥協する必要はありません。

どこを捨ててどれを取るかなど、しっかりと自分で考えることが重要です。

40代の転職は一人では不安になると思うので、転職エージェントを利用して相談してください。

転職エージェントは、転職のポイントを丁寧に教えてくれる強い見方になります。また一人では体力や精神力を使い疲れますが、相談相手がいると気分的に楽になります。

事前準備のポイントも教えてくれるので、40代の転職では検討する価値が高いです。

40代は転職が厳しいと思われていますが、こうした対策をすれば道は開けます。自分なりに転職で重要なポイントをまとめるのも、転職の失敗を回避する秘訣です。

しっかりと調査と対策をして、経験不足を補うことが転職成功に繋がります。

参考:40代の転職エージェントと転職サイトおすすめ!キャリアコンサルタントが教える本当に役立つエージェント

40代の転職を失敗しないためにも、自分の弱点を受け止めて転職活動を行ってください。

転職エージェントを利用すれば、こうしたデメリットもフォローしてもらえるので是非、活用してください。

40代におすすめ転職エージェント
  1. dodaエージェントサービス
    営業力が強く求人数は業界でもトップクラス。転職支援の質が評価されている40代におすすめの転職エージェント。
  2. リクルートエージェント
    求人数と転職支援の質は転職エージェントの中でもNo.1。40代転職で必ず登録しておきたい転職エージェント。
  3. パソナキャリア
    キャリアアドバイサーの質がとても高い。40代の求人はハイクラスが多いがキャリアがあればおすすめできる転職エージェント。
  4. JACリクルートメント
    ハイクラスの転職に強い。老舗の転職エージェントで企業からの信頼も厚い。
  5. ビズリーチ
    独自の転職支援で急成長しているエージェント。ハイクラス案件に強く年収アップしたい人におすすめ。
タイトルとURLをコピーしました