40代の転職でも年収アップは可能!キャリアコンサルタントが教える年収アップしやすい職種4選

スポンサーリンク

40代の転職で年収をアップさせることは可能でしょうか。

キャリアコンサルタントとして、多くの40代の転職を担当しましたが、転職エージェントが交渉に入れば年収アップは難しくありません。

40代の転職で成功している人は、転職エージェントを使って50万~200万くらいは年収が上がっている傾向にあります。

実は転職エージェントに相談に来られる求職者の年齢層で、40代の多くは年収アップしたいという希望からです。

では転職エージェントを利用すれば年収アップできるのか、今回は40代の転職で年収アップする方法についてキャリアコンサルタントが説明します。

スポンサーリンク

40代で年収アップするための条件

まず40代で年収アップしやすいと説明しましたが、それには条件があります。

もし転職で年収アップを狙っているのであれば、

  • 同じ業界・職種で転職する
  • 異業種ならキャリアアップの評価ポイントがある

この2つがとても大事になります。

同じ業界・職種で転職する

まず40代の転職で年収アップするということは、少なからず企業に貢献できることが条件になることを覚えておいてください。

新卒と違い40代は即戦力であることが最低条件になります。

そのためには、同じ業界・職種で転職ことが必須条件とも言えます。

全く畑違いの業界や職種に転職すると、一から仕事を教えることになるので企業側は高い給与を払うことを嫌がります。

転職エージェントを利用したとしても、かなり交渉が難しいので年収アップはあまり期待できません。

異業種ならキャリアアップの評価ポイントがある

もし異業種や別の職種に転職するのであれば、キャリアアップとなる評価のポイントを持っていることが重要になります。

ただし、ここでも同じ職種であることが望まれます。

例えば金融業界のマネージャーをしていて、金融系に強いIT企業に行くなどは、評価のポイントになるので年数アップの交渉がしやすくなります。

この例ですと、いわゆるプロジェクトマネージャーとして勤められる可能性が高いです。

ただし基本的には同じ業界で転職したほうが、年収交渉はやりやすくなります。

では次に、40代の転職で年収アップを狙いやすい職種について説明します。

40代の営業職なら異業種でも年収アップを狙える

まずは、求人数が一番多い、営業職についてお話をしたいと思います。

結論から言えば、営業経験者なら40代でも異業種への転職と年収アップは可能です。

営業は違う職種に転職するのは難しいですが、営業職のままであれば転職はそこまで難しくありません。

参考:【営業を辞めたい】キャリアコンサルタントが教える営業職の転職が難しい理由

異業種の未経験でも前職で実績がある営業であれば、転職エージェントなら書類選考を通すことはできます。

あとは面接ですが、プレゼンが上手ければ確実に採用されるでしょう。

プレゼンは物を売るのに大事な能力なので、この能力が高ければ営業職としては合格となります。

転職エージェントを利用すれば、この辺りのノウハウを教えてもらえるので心配は無用です。

ただ40代営業の転職は、そこまで大きな年収アップは期待できず、良くても10万~30万が限界になります。

40代の管理職は年収アップしやすい狙い目の職種

人事、総務、経理などの管理系職種についてお話をしたいと思います。

管理職は40代でも積極的に採用されるケースが多く、年収アップも見込めます。

管理職というのは、この職種を経験していない方の採用というのは全体数からすれば少なく、どちらかといえば「即戦力」を採用するケースが多いからです。

管理系職種は、「売上」を挙げる部署ではないため少数精鋭となるため、なかなか未経験をイチから育てるというのは業務的に負担を伴うため、未経験より40代の即戦力、またはそれに準ずる方の採用が定石になります。

即戦力の管理職種となると、入社して即管理系職種にアサインされるケースというのはかなり割合的には少ないため、経験者となると、40代というケースが往々にしてあります。

管理職は全体的に年収が高い傾向があるので、転職で10万~50万くらいの年収アップを狙いやすい職種と言えるでしょう。

ただし条件としては同じ業界になるので覚えておいてください。

参考:仕事を辞めたい40代が増えている!キャリアコンサルタントが教える転職前にチェックすべきこと

IT・メーカー系エンジニアは40代でも年収アップできる可能性がある右肩上がりの市場

IT・メーカー系エンジニア職種においては、40代でも積極的に採用され年収アップしやすいと言えます。

この背景としては、エンジニアというのは、40代に限らずどの年代でも人口が減少していることがあります。

しかし、ITもメーカーもどんどん技術伝承をしていかなければならないため、少しでも若い技能のある人を採用したいというのが通例です。

しかし、一方で採用するのが大変な職種なので、あまりこだわっていられません。

ただし、この分野、特にメーカーにおける「電気」や「機械」の知識についてはこだわらなければならないため、多少妥協できるのは年齢です。

そのため、この分野においては40代の採用というのは非常に活発で、場合によっては「35歳限界説」とか言っていられない場合もあります。

それくらい技術者というのは貴重な存在であるということなのです。

どの企業もエンジニア確保にはかなりの力を入れていて、40代でも年収アップが狙いやすい職種と言えます。

日本は特にIT技術者が不足していると言われているので、40代でも引く手あまたのケースが多いです。

もちろん技術力も必要になりますが、まずは人材を確保することを優先している企業がほとんどです。

40代でも年収アップしたという転職者も多いのがIT・メーカー系の業界の特徴です。

参考:IT系の転職サイトと転職エージェントおすすめ!キャリアコンサルタントとエンジニアが教える優良5選

医療・福祉系も40代の転職に積極的で年収アップしやすい

看護師などの医療・福祉系の転職も、40代で年収アップしやすい傾向にあります。

60歳以上の人口が増えている日本ですが、看護師などの医療できる人材確保が十分できていません。

そのため看護師のような専門職は、どの企業も積極的に採用しているケースがほとんどです。

この業界の特徴として離職率の高さもあるため、どの企業も年齢を気にせず人材を欲している傾向にあります。

ですが40代のように、経験がある年代は特に優遇されています。

看護師などは引く手あまたで、40代で高額の年収アップで転職しているケースも少なくありません。

ただし同じ業界の介護士に関しては薄給問題があります。

介護士は40代でも他の企業の初任給並のケースもあるようです。

この業界は国が介護職に対して手厚い待遇を行えば、介護士の転職ももっと活発化すると思われます。

医療系や福祉系の仕事は常に人材不足なので、資格や経験があれば40代でも転職に困ることはないでしょう。

激務でブラックなイメージもありますが、良い条件の求人を見つければ無理なく働くことも可能です。

40代の年収アップにおすすめの転職術

40代は転職市場において重要な基準となります。

なぜなら、年齢は企業が求める一つの基準になっており、その線引きというのが40代になるからです。

もちろん40代は一つの指標ですが、この年齢以上になると転職活動はさらに厳しくなります。

具体的には、マネジメント層、もしくは専門職といった「職人層」でないと採用の門戸は狭まっている、もしくは採用枠が「ない」ということです。

ビジネスの世界において選択できる時間というのは非常に短いのです。

そのため、転職する、しないにかかわらず、このことを意識し1日1日を大事に過ごしていただきたいと思います。

転職した後でも、評価されるよう努力することを怠らないようにしましょう。

年収アップなどの良い側面のお話しをしてきましたが、40代は決して楽観できる年齢ではありません。

ですが職種や業界によっては年収アップできる年齢でもあるので、自分のスキルや経験と給料を見直して転職活動を行ってください。

ただ40代で転職をするなら、絶対に転職エージェントを利用しましょう。

40代でキャリアがあれば、エージェントのキャリアアドバイザーがあなたを最大限にサポートしてくれます。

基本的に転職で年収アップすることは難しいと言われています。

その理由は求職者に転職ノウハウがなく、採用側中心で話を進められてしまうからです。

転職エージェントを利用すれば、こうした年収の交渉も全て行ってくれます。

あなたの希望に合った年収の交渉をしてくれるので、一人で転職をするよりも不安が少なくなります。

40代におすすめの転職エージェントと転職サイトは、40代の転職を最大限にサポートしてくれる転職エージェントと転職サイトを説明していますので参考にして下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました