40代女性の転職は厳しい!それでも成功させる方法をキャリアコンサルタントが説明します

スポンサーリンク

40代女性の転職は厳しいと思っている方も多いですが、その傾向は変わってきています。

一般的に40代女性の転職となると子供がいるかや、年齢的なハードルもあり転職は厳しいと言われています。

では、40代の女性は転職は無理なのでしょうか。

実際の転職市場では、40代の女性の転職活動はキャリアによって成功率が変わってきます。

そこで、キャリアコンサルタントが40代女性が転職するために必要な知識を身に着けていただくとともに、40代女性の転職をスムーズに行う方法を説明します。

女性の社会進出については、個人的にはもっと活発化したほうが良いと思っています。

ですが現実的に、キャリアアップしたくても企業のしがらみなどで不遇の評価をされている女性も多いです。

スポンサーリンク

40代女性の転職理由

キャリアコンサルタントをしていると、色々な調査をします。

40代女性の転職理由のアンケートをしたところ、転職理由として以下のものが多かったです。

  1. スキルアップ
  2. 給与の不満
  3. 他の業種や職種を経験して幅を広げたい

40代女性の転職理由で一番多かったのは「スキルアップのため」でした。

この解答をした人は、アンケートを実施した人たちの約35%を占めています。

次いで、「給与の不満から」が34%あり、1位のスキルアップと並ぶほど多い理由でした。

そして第3位となった「他の業種や職種を経験して幅を広げたい」という理由が33%で、この3つの理由がほぼ独占している形でした。

ですが、他にも「待遇面の不満」や「やりがいを感じる仕事がしたい」「会社の将来が不安」、「やりたい仕事がみつかった」「人間関係の不満」「仕事が自分に合っていない」「自分の能力をもっと発揮したい」などもありました。

実は、この中で第2位となっている「給与の不満」と「待遇面の不満」は未婚女性より既婚女性の回答が多かった理由です。

つまり、家族が増えて収入が必要になり、給与の交渉をしても挙げてくれないなど給与面で不満が出ている40代女性が多いのです。

家族との休日を大切にしたいので休日を申請したのに休日がない、残業が多いなど、未婚の時はさほど気にならなかったことも結婚したり、子供ができたりすると大きな理由となり、上位にランクインする傾向にあります。

40代の女性は既婚か未婚かで転職理由が変わってききますから、自分の希望条件はどんな内容なのかを今一度考え直さなければならないのです。

40代女性の転職が厳しいと言われる理由

次に冒頭で簡単に説明した、40代女性の転職が厳しい理由を具体的に説明します。

40代女性だけではなく、40代自体が転職しにくいと言われています。

ですが、女性の場合、企業の考えがあるため男性よりも転職が厳しい言われています。

その理由が

  • 入社しても、すぐに結婚・妊娠などで退社する可能性が高い
  • スキルやキャリアが低い人が多く即戦力にならない
  • 子供がいる場合残業を頼みにくい
  • スキルやキャリアが伴っていても自社の方針に育てにくい
  • ブランクが心配

など、40代の女性に対して企業が抱いている考えは様々です。

既婚、未婚、または子供がいる、いないに関わらず40代の女性が転職が厳しい理由は企業の体制に依存しているためと言えます。

40代と言えば女性の場合、管理職として採用したいと考えている企業が多く、そのためには実務経験があり、スキルやキャリアが必要になります。

また、産休制度や育休制度がある企業でも40代の女性となると、せっかく仕事を覚えてもらったところで休暇を取られてしまっては、その間臨時の社員を再度雇うことになりますし、産休制度や育休制度がない企業の場合は、そのまま退社なることがほとんどです。

男性より仕事ができる、できないということではなく、女性特有の理由で採用しない企業が多いので、40代の女性は転職しにくいと言われています。

40代女性が転職する時に覚えておくべきポイント

では40代女性は、どうすれば転職成功できるのか。

若い年代に比べて難しい40代の転職活動ですが、絶対にできないわけではありません。

きちんとポイントを押さえた転職活動をすることで、40代女性も活路を見出すことができます。

40代女性の転職は希望条件を明確にすること

40代既婚女性や子供がいる女性は、ワークライフバランスを考えなければなりません。

既婚女性で子供がいない女性でも、夕飯の支度をしなければならなかったり、家事をしなければならないでしょう。

そのため40代女性の仕事選びは残業がない、残業が少ないという条件が優先されます。

子供がいる女性の場合は、さらに条件が増えるところもあるでしょう。

子供が病気になった時は急に休みを取ることを了承してほしい、残業がない、残業が少ない、早い時間に帰れる、週4日の勤務が良いなど、子供をもつ女性が転職するには様々な条件が出てくるため、さらに転職は厳しくなります。

ですが、この条件を明確にしておかなければ転職に成功してもすぐに辞めなければならなくなりますし、最初に企業に伝えておかなければ仕事にならないと、結局退職せざるを得なくなってしまいます。

また、未婚女性も自分が転職したい理由を明確にし、今より給与が高いところに行きたいのか、休日や残業などの待遇面が良いところにいきたいのか、スキルアップやキャリアアップできる企業に転職したいのかなど、転職の目的を明確にする必要があります。

もし、今後も子供を産む可能性がある場合は、育児休暇や産休がある企業や、土日祝日休みなど子供ができた後のことも考えて条件を考えて行く必要があるでしょう。

ですので、既婚女性も未婚女性もワークライフバランスや自分の将来をきちんと考え、転職でどんな条件が必要なのか明確にしておきましょう。

未経験やスキルがない40代女性の転職

40代ともなれば、ある程度スキルやキャリアが身についているはずです。

ですが、これまで正社員経験がない女性もいますし、今までの業界や職業と全く違う未経験の業種や職種に挑戦したいという女性もいるでしょう。

実際、40代女性で違うキャリア形成をして成功する例も少なくありません。

また、ブランクが長くて未経験に近い状態の女性も多いのではないでしょうか。

そうなると、未経験でスキルもキャリアもない状態での転職になります。

ただでさえ、企業が40代女性に求めているのはスキルやキャリアがある即戦力なのに、未経験やスキルがない場合は転職できないのではないかと思われる人もいるでしょう。

ですが、40代女性でスキルがなくても経験がなくても転職できないわけではありません。

自分が会社にどう貢献できるのか、そして会社でどのように成長していきたいのかなど自分が面接先企業に対してどれだけ熱い思いを持っているのかを伝えることが大切です。

企業はスキルやキャリアを重視しているのはもちろんですが、それだけで採用されるわけではありません。

その人の性格や素直さなどを見ていますから、40代でも素直に吸収する気持ちがあり、コミュニケーション能力が高く、自分の会社に熱意を持ってくれているなら採用したいという企業も出てくるでしょう。

異業種は異職種に挑戦する場合も、これまでのキャリアやスキルは評価してくれますが、未経験にチャレンジする勇気を買ってくれる企業もあります。

未経験の女性も、ブランクがある女性も、異業種や異職種に挑戦したい女性も高望みをせずに自分が成長できる企業や、熱意を持って仕事ができる企業を選ぶようにしましょう。

子供がいると正社員として転職できないのか

子供がいると、どうしても転職しにくいという考えがよぎります。

子供がいると正社員として転職できないのではないかと考える人も少なくないでしょう。

そのため、40代の女性で正社員として就業している人は少なく、アルバイトやパートタイマーとして働いている女性が多いのです。

アルバイトやパートタイマーの方が融通が利きやすい部分もあるのだと思いますが、給与面や待遇面で正社員とはかなりの違いが出てきます。

「できることなら保障のある正社員として働きたいけれど、どうせ無理だから」とアルバイトやパートタイマーとして働いているなら、とてももったいないことです。

結論を言えば40代で子供がいる女性でも正社員として転職することはできます。

もちろん、子供がいるため、保育園の送り迎えや学校での行事があるなど企業側に不安を与えることになります。

この不安を解消するようにアピールするのです。

例えば、「保育園の送り迎えは延長保育が可能ですので多少は残業できます」や、「実家が近いので、子供が病気になった時には実家に預けることができます」など、子供のことで会社に迷惑をかけることはほとんどないということを伝えましょう。

企業側も子供がいてはいけないと鬼のようなことを言っているわけではありません。

子供がいる場合、どれくらいの時間まで残業ができるのか、急に休みを取ることはあるのか、繁忙期には休日出勤できるのかなど、具体的な就業時間が知りたいのです。

ですので、子供がいるからと勝手に正社員は無理だと判断するのではなく、子供がいる場合、実家や周りの手助けなどを得て、どれくらい就業時間があるのかも調べておいたり、お願いしておくことも必要です。

40代女性が転職する最適な方法

40代女性の転職は条件が厳しいと感じた人も多いと思います。

しかし、どんなに難しいと感じる転職も可能にする方法があります。

もちろん、これは未婚女性でスキルやキャリアがある人は自分が思っているよりも、もっと大きな企業や待遇の良い企業へ転職できる方法でもあります。

では、40代女性が転職する最適な方法をご紹介していきましょう。

最初にお伝えすると、転職活動は40代でなくても、どんな世代でも大変です。

自分で求人を探し、自分が提示する条件と企業が提示する条件などを見極め応募する求人を探して企業に連絡するなど面倒なことが多いからです。

面接の日時を企業側と打ち合わせするところから面接は始まっていますので、緊張もしますし失敗できないというプレッシャーを感じながら様々な企業に応募をしていきます。

もちろん、面接のスケジュール管理も自分でしなければなりませんし、変更があれば全て自分で対応しなければなりません。

さらに、履歴書や職務経歴書を企業ごとに書き換えていきますが、企業の情報を集めるのも自分で行います。

面接地の確認は持参するものなども自分で考えなければなりませんし、給与面や待遇面など交渉したいことも自分で企業側と交渉することになり、自分一人で転職するというのはとても大変なことなのです。

それに加えて40代は40代という年齢だけで書類選考に通らなかったり、何社言っても面接で落とされるということも少なくありません。

こんな転職活動をしていれば転職活動に疲れて、なぜ自分が転職したいのかさえ分からなくなってしまいます。

ですが、そんな転職活動を少しでもラクにしてくれる方法があるのです。

40代女性の転職は転職エージェントを使うこと

40代女性の転職活動を成功させるには、転職エージェントを使うのがおすすめです。

転職エージェントが何故おすすめなのか、それはキャリアコンサルタントという転職を全面的にサポートしてくれる転職のプロがついているからです。

キャリアコンサルタントができることは、先ほど自分一人でしなければならないとお話しました、

  • 求人探し
  • 求人の応募
  • スケジュール管理
  • 年収や待遇の交渉

などの確認など行ってくれます。

また、一般には公開されていない転職の情報も熟知していますので、それぞれの企業ごとで履歴書や職務経歴書の書き方をアドバイスしてくれます。

もちろん転職で不安を感じる面接対策や模擬面接をしてくれます。

また、内定が決まったあとも、企業で仕事が始まってから不安に思っていることや、面接の時と言っていたことが違うというようなこともキャリアコンサルタントに伝えると、うまく企業に伝えて改善してくれるように促してくれたりとアフターフォローもあります。

このように、キャリアコンサルタントは転職活動全般をサポートしてくれます。

40代女性の転職は、このキャリアコンサルタントの力を借りることで成功率がグンっと上がります。

40代女性の転職で転職サイトをおすすめしない理由

ちなみに転職サイトを利用して転職活動を行っている40代女性も多いと思います。

基本的に、転職サイトは自分のキャリアやスキルに自信がある人、転職活動を自分でゆっくりしていきたい人には向いていますが、キャリアやスキルに自信がある人でも転職エージェントを利用した方が、思っていたより良い企業に転職することが可能です。

転職サイトは求人内容や求人を募集している企業情報、転職活動に必要なノウハウなどが記載されています

また、スカウト機能などもある為、転職サイトに登録する際に、スカウト機能に登録しておけば自分の情報を見た企業からスカウトされ、書類審査なしで面接できる転職サイトもあります。

つまり、転職サイトは求人を閲覧して自分が応募したい企業に応募すし、あとは自分で転職活動をしていかなければなりません。

スカウト機能を使って連絡を待ち、ゆっくり転職するのも良いでしょう。

一方転職エージェントは転職活動をサポートしてくれるキャリアコンサルタントが在籍しているため、早く転職したい人や、未経験やブランクがあり自分のキャリアに自信がない人におすすめです。

また、今後自分がどんな道に進んでいきたいのか明確になっていない人も転職エージェントをおすすめします。

これまでのあなたのキャリアやスキルなどを整理して、性格などを分析し、その人にあったキャリアプランを立ててくれるのもキャリアコンサルタントです。

もちろん、キャリアコンサルタントの言う通りにする必要はありませんが、新たな可能性が見えてくるでしょう。

転職エージェントによっては未経験者の一番の難関となる書類審査がなかたったり、書類審査率91%以上、その後の内定率80%以上を誇る転職エージェントもあるため、キャリアコンサルタントの力を借りた方が転職しやすい人におすすめです。

また、転職エージェントによっては年収アップ率が60%以上、多いところでは70%を超えている転職エージェントもありますので、スキルやキャリアに自信がある40代女性にも向いています。

40代女性の転職で採用率が高い職種

最後に、40代女性の転職で採用率が高い職種について説明します。

職種についてはその年によって変わりますが、紹介する3つの職種は今後も上位になることは間違いありません。

40代女性でも採用率が高い職種は

  • エンジニア
  • 事務・秘書
  • 管理職

になります。

エンジニアはIT系がほとんどになりますが、需要が高く売り手市場になっている業界です

40代女性でもスキルがあれば採用率が高く、将来的にも需要は高くなる注目の職種になります。

事務や秘書も採用率が高いくおすすめなのですが、人気職種だけに競争率が高いので経験が必要になります。

経験が長かったり、専門的な知識があれば40代女性でも採用されやすい傾向にあります。

管理職も40代女性の転職で採用率が高いお勧めの職種になります。

管理職は幅広いのですが、IT系のプロジェクトマネージャーやマーケティング分野のスペシャリストなど、こちらも専門知識があると強いです。

40代は必ず転職エージェントを利用すべき

40代の転職は求職者が不利になる条件が多く、一人で行うと失敗する可能性が高いです。

年齢がネックになり、強気な条件を出せない40代は必ず転職エージェントを通して交渉しましょう。

給料の条件や企業内での待遇(役職)など、転職エージェントを利用すればあなたのキャリアを活かせる求人を探してくれます。

転職エージェントは、無料で求人探しから交渉まで全て行ってくれる強い味方です。

特に40代の転職で評判の良い転職エージェントを紹介するので、転職成功のために役立てて下さい。

40代おすすめ転職エージェント

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました