ブラック企業の見分け方!ブラック企業の面接手口をキャリアコンサルタントが教えます

今の時代、転職を考えた時、知っておいて欲しいことはブラック企業の見分け方です。

ブラック企業に入ってしまうと、短期間で辞めて転職難民になるか、辛い思いを我慢しながら仕事を続けるかのどちらかになります。

ブラック企業は普通に求人を公開して採用活動を行っているため、見分け方がわからないとブラック企業に転職する確率が高くなります。

キャリアコンサルタントとして助言をすると、一人で転職活動するとブラック企業が見分けられないので止めましょう。

ブラック企業の求人は魅力的なことが書いてあり、それが口実とは知らずに転職したいと思ってしまうのです。

今回はキャリアコンサルタントが、ブラック企業の見分け方について、その手口やどういった方法で採用するかについて説明します。

スポンサードリンク

ブラック企業の見分け方!よくある特徴

まず覚えておいて欲しいのですが、ブラック企業は社員を使い捨ての道具程度にしか考えていません。。

ですから、採用後に社員が長期的に就業しなくても全く気にしないのです。

その場つなぎの労働力さえ担保できれば、それでブラック企業側は採用成功と言えるのです。

ブラック企業の特徴としては

    • 離職率が劇的に高い
    • 給料が低い、最低賃金を下回っている
    • 休日が少ない、有給がない
    • 長時間労働
    • 残業代がない
    • 精神論の体育会系
    • 募集要項にやる気や情熱など魅力的な言葉が多い
    • 上司や社長が横暴
    • パワハラやセクハラは日常茶飯事
    • 就業規則があってないようなもの

このような企業で、長期的に仕事を続けることは難しいでしょう。

ブラック企業に勤めている人からの相談で特に多いのは、パワハラ・セクハラと長時間の残業です。

普通に考えればニュースになりそうなことでも、平然と行われるのがブラック企業です。

こうしたブラック企業で働いてはいけませんし、間違っても入社しないようにしましょう。

ですが未だにハローワークなどで応募して、ブラック企業の餌食になる人が後を絶ちません。

ブラック企業で働いていて転職を考えている方や、これから転職を考えている(今している)方はブラック企業を回避するための転職活動をして下さい。

優良企業で働きたいなら登録すべき転職サイト

転職ではブラック企業に応募して失敗する人が多いことを覚えておいて下さい。

知らずに転職して、「こんな話、聞いてなかった…」となるケースもあります。

転職で失敗をしないためにも、転職サイトに登録して転職活動を行いましょう。

今すぐ転職する意思がなくても、転職サイトに登録しておくことで求人のチェックや相談など良い情報を見つけられる可能性が上がるからです。

転職活動はタイミングも大事で、すぐ転職する気はなかったけど、良い求人がたまたま見つかって転職したケースも多いです。

ハローワークにはない好待遇の求人を取り扱っている、マイナビAGENTは、無料で利用でき求人の質が高いと口コミ評価が高いおすすめの転職サイトです。

国内最大の転職サイトで、ブラック企業などの情報を知っているので安心して転職できます。

マイナビAGENT

良い求人を逃さないように転職サイトに登録して随時チェックしておくと、転職を成功させることができます。

また紹介した転職サイトにはアドバイザーがいて、相談すれば企業の情報(その企業がブラックかなど)を教えてくれます。

求職者には見えない情報もしっかりと教えてくれるので、転職成功のために活用してください。

ブラック企業は営業体質!求職者をトーク術で洗脳してきます

本題に入りますが、ブラック企業は非常にうまい採用活動を行います。

まず、ブラック企業は表向きに口説くという採用活動は行わないことが多いです。

これは、ブラック企業のほとんどが営業体質で経営していることと関係しています。

ブラック企業は営業トークが上手い

営業体質の企業は、営業力を武器に規模拡大、業績拡大をそれまで実現してきていますので、「営業トーク」が非常に上手です。

営業トークと聞いて、「いやいや、自分はそんな営業トークに屈するようなタイプではない」と思っている求職者は、要注意です。

このようなタイプの求職者こそ、ブラック企業の営業トークに引っ掛かり、転職後に不幸な結末を迎える可能性が高いのです。

その理由は、ブラック企業は選考の場が洗脳の場になるからです。

この洗脳方法の見分け方を知ることが、ブラック企業を回避することに繋がります。

面接は洗脳の場だと思ってください

書類選考では、洗脳できませんが、面接の段階では、確実に洗脳に入ります。

面接の場は、基本的には、企業の面接官と求職者が1対1でコミュニケーションを取る空間になりますし、面接会場は、企業内で行うことがほとんどです。

そのため、ブラック企業からすると、自分の土俵で、しかも、自分が主導権を持つことができる面接の場を最高の舞台と考えています。

面接の出だしの段階では、普通に面接をしますが、中盤から後半にかけては、洗脳がスタートします。

面接で分かる!ブラック企業の見分け方【注意すべき3つのポイント】

では、ブラック企業にはどのような面接の特徴があるかを具体的にお教えします。

特に知っておいて欲しい3つのことを説明するので参考にして下さい。

ブラック企業の見分け方①面接でのダメ出しと褒め方で見分けられる

ダメ出しとは、求職者ではなくても、自分が否定されていることを意味しますので、気持ちの良いものではないでしょう。

求職者にとっても当然のことで、面接が目的で企業に訪問しているなかで、その面接の場で、自分が面接官にダメ出しをされるとは思ってもいないはずです。

不快に感じたり、イラっとするような人もいるでしょう。

しかし、ブラック企業の洗脳は、まずはダメ出しで一旦、求職者の気持ちを落とします。

ダメ出し後に、求職者に対して、自社のビジネスに賭ける熱い思いを伝えて、かつ、最初はダメ出しした求職者に対して、今度は、長所となる部分をダメ出しの2倍、3倍以上の数を言います。

その熱い話や長所となる話の最中では、面白い話や楽しい話も交えつつですので、求職者からすると、いつしか、面接ではなく、雑談やコンサルティングを受けている感覚になるでしょう。

最初はダメ出しで不快に思っていた求職者も、熱い話、自分を必要以上に褒めてもらっている空間に気持ちが高揚し、ダメ出しのことは小さなことになり、ブラック企業でも「この会社で働きたい」と思うようになります。

ブラック企業の見分け方で重要なことは、この雨と鞭の会話術に気づけるかになります。

ブラック企業の見分け方②採用のトリックに気づくことが大事

ブラック企業の見分け方で大事なことに、採用のトリックに気づけるかがあります。

ブラック企業の洗脳の基本となることは、求職者が前向きになっているうちに内定を出すということです。

通常、企業の選考は1回ということはないのです。

平均的に2回から3回の面接回数があります。

最近のブラック企業の面接回数も2回から3回に求人上はなっているのですが、これはあくまでトリックです。

ここ数年で、ブラック企業の選考特徴として、書類選考がない、面接回数が1回など選考がかなり簡単という評判が求職者のなかにも広がっています。

そのため、ブラック企業は、この評判とは違うやり方で採用しようということで、求人には、2回から3回の面接回数と記載しているのですが、実態はと言うと、1回だけです。

面接の場において、自分がひたすら褒められ、ブラック企業のビジネスモデルに関して熱い思いを伝えられ、更には・・・その場で内定が出たらどうでしょう。

しかも、ブラック企業の面接官は、面接内で求職者にこのような言い方をします。

「当社の求人を見た通り、通常は面接が2回から3回で、今回の面接の後は残り1回から2回の面接の予定でしたが、〇〇さんは、非常に優秀で当社としても是非、入社して欲しいので、特別に今回の面接で内定にしたいと思います。」

このセリフに特別感はありせんか?

本来ならば2回から3回の面接が、自分が優秀であるために短縮され1回の面接で内定です。

こうした採用のトリックもブラック企業の特徴なので注意しましょう。

キャリアコンサルタントが教えるブラック企業を回避する転職方法

ブラック企業の洗脳を回避し、ブラック企業への転職をしないためには、どのような転職活動方法を取れば良いでしょう。

キャリアコンサルタントとして提案したいことが、転職サイトと転職エージェントの活用です。

今は転職サイトを利用すれば、転職エージェントも使えるサービスが増えています。

その理由は、もちろん求人紹介数が豊富ということもあるのですが、求職者にとって天敵とも言えるブラック企業の見分け方を教えてくれるからです。

正確に言えば、豊富な情報網でブラック企業を知っているので、ブラック企業を紹介しません。

ですので安心して転職活動ができます。

ハローワークはどうなのか

ハローワークなどの転職活動は、どちらも求職者が自分ひとりで求人を検索し、応募し選考を受けなければなりません。

求人検索から内定・転職まで一切のことを自分一人で、しかも、企業と1対1の環境で行う必要があります。

求職者からするとハローワークの転職活動は、情報不足が否めず、また、他の求職者がどのような転職活動をしているのか、してきたのかを知ることは難しいです。

完全に個人行動、かつ、情報不足です。

この環境で転職活動をした場合、求人検索した結果、自分が興味を持った求人元の企業がどのような企業か、または、ブラック企業かどうかの見極めはだれがするのでしょう。

求職者自身になります。

情報が少ないため、その求人企業の情報や、求人の見方すら曖昧ななかで見極めなければなりません。

その上、ブラック企業は選考中に洗脳をしてきますので、ブラック企業だと認識することは求職者は不可能に近いです。

担当のキャリアアドバイザーがブラック企業の情報を提供してくれる

転職サイトや転職エージェントを利用すると、求職者には必ずキャリアアドバイザーという専任の担当者がつきます。

キャリアアドバイザーは転職支援のプロであり、どの企業がブラック企業かどうかも過去の情報も含めて知っています。

実は最近のエージェントは、ブラック企業の求人を受け付けないスクリーニング機能を充実させています。

担当のキャリアアドバイザーは、その求人の企業がどのような企業で、ブラック企業かどうかの判断やアドバイスもしてくれます。

相談をすることで、ブラック企業の洗脳を受けることも防げますし、ブラック企業への転職も回避することができるのです。

今回紹介したブラック企業の見分け方を頭に入れつつ、転職活動を成功させて頂ければと思います。

転職を考えているなら、全国対応で好条件の求人を取り扱っているサイトへの登録をおすすめします。

無料で登録でき、転職支援の質が圧倒的に高いと評判のマイナビという転職サイトです。

マイナビAGENT

  1. 登録~転職まで完全無料
  2. 国内トップクラスの求人数
  3. ホワイトな求人の紹介

ハローワークや他の転職サイトに比べて求人の質が高くキャリアアドバイザーが丁寧に転職支援してくれます。

またマイナビはブラック企業対策もしていますし、豊富なノウハウであなたに最適な企業を紹介してくれます。

登録後にはプロのキャリアアドバイザーがヒアリングを行い、あなたの希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

もちろん、今すぐ転職ではなく将来的な転職を考えているなら、転職サイトで求人を見るだけでもOKです。

どちらにしても、早い段階から準備をすることで、より良い求人と出会える確率が上がります。

マイナビAGENTに登録する>>

マイナビの口コミ

求人の量が豊富 

圧倒的な求人の量には驚きました。 担当が常にメールで求人情報を教えてくれるので、転職の選択を広げるのに役立ちました。 異業種への転職も考えていたので、様々な業種・職種を紹介してもらえたのはとても参考になりました。 最終的に異業種に同職種で転職し、仕事内容にも満足・収入アップを実現することができました。

サポートが丁寧 

他の転職サイトと比べても大企業だけでなく、中小優良企業も掲載があり、条件の合う求人を探しやすかったです。 また担当のアドバイザーが丁寧にサポートしてくれたので、求人の詳しい情報もわかりやすかったです。 別の転職サイトでは、それほど求人を紹介してもらえなかった状況で、これだけ求人を提示してくれたのは本当に助かりました。 国内最大級の転職エージェントだけあって、転職後のフォローまでしてくれたのは他にない良い点です。

書類・面接対策が万全 

面接や書類のサポートがとにかく充実していました。 職務経歴書で人事の興味を引き、面接の質問を自分の得意な内容に持っていくやり方は、実践で役立ったテクニックでした。 担当が教えてくれたテクニックで、見事に転職成功できました!

転職初めての人にお勧め 

マイナビを利用たのは、インターネットにおいての口コミ評価が高かったからです。 実際に、利用した印象としては口コミ評価通りでキャリアアドバイザーの方が丁寧で、転職をしっかりとサポートしてくれました。 初めて転職エージェントを利用される方で、絶対に転職を成功させたい方にマイナビはとてもおすすめです。

マイナビAGENT

▲完全無料で転職支援!まずは登録▲

本当の意味で転職を成功させたいなら

転職を本当の意味で成功させるには、あなたの希望にマッチした企業へ転職することが絶対条件になります。

キャリアコンサルタントをしていますが、転職したけど新しい環境に満足できないから、また転職したいという方の相談もかなり多いです。

いわゆる「転職難民」と呼ばれる状況に陥る方も多く、

  • 聞いていた仕事と違う
  • 残業が多すぎる
  • 給料が低い・残業手当がない
  • 上司の理不尽に耐えられない

このようなブラック企業に転職する人もまだまだ多いです。

今はハローワークや転職サイトを使って一人で転職活動ができますが、こうした媒体の求人情報にはブラック企業について触れていません。

マイナビのように担当のキャリアアドバイザーがいれば、ブラック企業に転職するリスクを防ぐことができます。

入社してから「思っていたのと違かった・・・」とならないためにも、信頼できる転職サイトを利用してください。

20代~30代の転職で口コミが良いマイナビのような大手の転職エージェントは、豊富な転職ノウハウがあるので、きっと満足できる求人を見つけることができます。

完全無料で転職を支援してくれるので、転職を成功させるために活用してください。

#NAME?

マイナビAGENT

ただし転職サイトはその時のタイミングで求人が変わります。

キャリアコンサルタントとしては選択肢を広げるという意味で、マイナビと併せて大手の転職サイトである「dodaエージェントサービス」もとうろくすることをおすすめします。

マイナビも完全無料で転職サポートをしてくれる全国規模の転職サイトで、キャリアアドバイザーの質が高いことで有名です。

転職サイトを2つ登録しておくことで、より多くの情報を手に入れ転職を成功へ導くことができますよ。

転職サイトはdoda

dodaエージェントサービス

スポンサードリンク