コネは最強の転職方法!キャリアコンサルタントが教えるコネ作りの方法

コネで転職することは、一般的な転職活動と比較してどれだけ有利になるのでしょうか。

キャリアコンサルタントとしては、転職エージェントを使った転職が一番効率的で有利な交渉ができると言いたいです。

しかし、効率的という観点でも、最も求職者にメリットがある転職方法は実は他にあり、それがコネを使った転職になるのです。

求職者のなかで、有力なコネが自分にあるのであれば、そのコネをいかんなく発揮して転職活動をした方が絶対に良いと断言できます。

悔しいですがコネを持っているということは、採用側の企業に最も交渉しやすい立場にあることを意味します。

ただコネを使えば有利な条件で転職できるかは、企業側の判断と交渉する人の腕にかかっていると言えます。

今回は、コネ転職について、どのようにすれば良いのか、一般の転職と比較したメリットやデメリットについてなどご紹介します。

スポンサードリンク

転職ではコネほど強力な武器はない

まずコネが転職でどれほど強力な武器になるのか、転職エージェントとの対比で考えてみましょう。

転職エージェントを利用した転職は相対評価

転職エージェントを利用すると、確かに求人紹介やその他の転職活動工程でかなりメリットがあります。

ですが、あくまで企業の選考を受ける対象は求職者自身になります。

選考を受ける場合、面接官は求職者の情報を転職エージェントを経由してのみ知り、また、面接官と求職者は初対面です。

その上、企業の選考は、転職エージェントなど一般的な転職活動方法の場合は、相対比較と呼ばれる、他の求職者との比較になりますから、すべてにおいて、平等・公平を観点に判断されます。

仮に自分が、「この求職者よりは自分の方が実力的に上だ!」と思っていても、それは、あなたの自分に対する自己評価ですから、選考は企業が判断するもので意味がありません。

コネ転職はキーマンの顔を立てるので成功率はほぼ100%

コネ転職の場合は、求職者である自分と企業の間に共通の知人が介入しています。

この知人が求職者の転職にはキーマン的存在になります。

キーマンは、企業と親しい関係性にあり、また、場合によってはそのキーマンが企業の経営や事業に大きく関わっている場合もあります。

そのようなキーマンが紹介した求職者を、選考を行う企業が無下に扱うと思いますか?

無下に扱うことはないとしても、一般の求職者と同じように公平・平等の観点で選考をするでしょうか。

キーマンに不快な思いをさせると経営や事業に影響があるのであれば、「不公平・不平等」に紹介された求職者を選考するでしょう。

これがコネ転職の威力です。

他の求職者と同様の経験やスキルを保有している場合は、確実にキーマン経由の求職者が内定を勝ち取るでしょう。

もっと言いますと、明らかに選考の土俵では対象外の経験やスキル、または、他の求職者の方が絶対的に採用したいと思っていても、キーマンの存在が大きく、能力が劣る紹介された求職者を採用することの方が多いです。

コネとは、自分と企業の共通の知人の信頼や存在だけで簡単に内定を勝ち取ることができる、求職者にとっては、転職でこれ以上ない強力な武器になるのです。

もし、求職者に、自分が希望する条件の範囲内にある企業や特定の企業に、それらの企業を繋がりがある知人がいるのであれば、転職エージェントなど一般的な転職方法を使うよりも、コネ転職で確実に短期間で内定を勝ち取ることができます。

コネ転職はほぼ確実に給料アップできる

コネ転職の効果は、簡単に内定を勝ち取ることができるだけではありません。

どの求職者も、今より条件が悪くなるのに転職しますという人はいないでしょう。

転職には、転職後にこの条件で働くという内定条件通知書があります。

転職時における条件で、求職者が最も気にする内容は報酬面、つまり給料です。

求職者に限らず人は生活のために仕事をします。

生活するためにはお金が必要ですから、高い報酬があれば、それだけ裕福な余裕ある生活を営むことができます。

ですので転職時により高い報酬を望むのは当然のことと言えるでしょう。

最近はテレビCMなどで転職すると年収が上がるという表現を良くされていますが、転職市場全体で年収が確実に上がる保証はありません。

しかし、コネ転職となれば、転職市場は求職者に対して非常に甘いのです。

本来、内定は出ないレベルの求職者が内定を勝ち取り、しかも、その内定に関する報酬面は、そのポジションの求人に記載されている年収よりも加算されていることが多いです。

加算される理由は、キーマンの存在です。

企業は基本的に転職市場では、強者になりますから、企業主導で求職者の内定条件が決まるのですが、求職者がコネを使うと、企業の立場は一転して弱者に変わり、求職者は強者に変わることができます。

強気に交渉することができる・・・ではなく、企業が交渉する前に報酬面を考慮して提示するので、交渉不要で現職や前職よりも高い年収で転職を実現することができるのです。

しかし、すべての求職者にこのように自分の転職を有利にするコネがある訳ではありません。

スポンサードリンク

コネ転職をするために必要なこと

コネ転職の優位性を理解してもらえたと思います。

では、どうすればコネ転職ができるのでしょうか。

コネ転職をするのに大事なことは人脈です。

人脈は人の繋がりで成立するもので、顔が広い人はその分、人脈になりやすい環境を持っているということが言えます。

人脈をどのように作れば良いのかというと、それは交流会に積極的に参加することです。

交流会とは、企業の経営者や管理職以上がビジネスの情報交換を目的として年間、相当数、開催される会合のことです。

有料や無料がありますが、できれば有料の継続的に同じメンバーが集う交流会に申し込み、参加することをオススメします。

コネ作りにおすすめの交流会

インターネット上に「日本の人事部」というサイトがあります。

ここには企業の人事はもちろんのこと、経営者は、その他の職種の管理職が登録していて、有料、無料関係なくセミナーに参加することができます。

セミナーに参加することの目的は、セミナーにより知識習得ではなく、セミナー後に行われる懇親会です。

懇親会にはセミナーに出席した経営者や管理職の人が名刺交換など人脈作りを目的に大半が参加します。

その懇親会に自分が参加しても大丈夫か?と不安になるかもしれませんが、大丈夫です。

役職がない営業マンも自分の案件開拓のために懇親会に参加したりしますし、役職がない求職者であっても、違和感はありません。

年齢が若い求職者がその懇親会に参加をすると、周りの経営者や管理職は、「若いのに積極的に頑張っているね」という前向きな評価をしてくれますので、むしろ好都合です。

日本の人事部含めて、できれば有料の交流会に参加すべきところは、交流会の内容が深いということはもちろんですが、ビジネスに発展しやすい環境であるからです。

求職者からすると、ビジネスに発展とは、転職に発展と言い換えることができます。

今は転職することが文化になっていますし、企業も交流会などで優秀な人材を見つけると積極的に採用したいと声をかける時代です。

先程、企業と自分の間の知人という表現をしましたが、コネとは知人がなくても発生します。

企業の経営者と自分が直接の関係性があるのであれば、知人を介することなく直接、企業から採用のオファーが入り、それがコネになるのです。

【女性限定】夜の仕事からコネ転職の実現

これは、事実としてあることで、数少ない事例ではなく、良い意味でずる賢い女性には結構な頻度であることです。

企業の経営者など上層部の人材は、企業内で仕事をするというよりも、飲み会など会食で新規企業と会い、そこからビジネスにつなげるということの方が多いです。

会食には、一次会、二次会など、その日で何回か店を変えて飲みなおすということがあります。

夜19時から2時間ぐらい一次会を行い、21時からそれ以降の時間帯は、店を変えて、ビジネスというよりも人間関係作りのために、少しフランクな店で行います。

そのフランクな店をストレートに言いますとクラブ、キャバクラ、ラウンジです。

東京の銀座には高級クラブが立ち並び夜になると人が多いのですが、イメージは沸きますか?

経営者含めた企業の上層部は、その場の雰囲気をよりフランクなものにするために、接待をする企業と自分の間に女性を配置して、より良い環境を作ろうとします。

クラブなどで働く女性には、もちろん、専任の仕事として働いている人もいるのですが、実は、人脈作りのために、昼はOLとして働き、夜はアルバイトでホステスとして働く人がいるのです。

女性からすると、ホステスは女性の特権で、男性には絶対にできないことで、女性だからこそできる人脈作りの手段です。

企業の経営者の接待をサポートし、評判が良ければ、企業の経営者などは、毎回、接待の際には同じ店を利用する傾向があります。

何度も経営者が足を運ぶということは、そこでアルバイトとして働いている女性の場合は、自分も顔馴染みになることができ、経営者などとの距離感を縮めることができます。

経営者などから気に入ってもらえば、その経営者などが経営する企業に採用しようかなどというお誘いもあります。

また接待中に、悩み相談として転職を考えているということを打ち明けると、お酒により高揚していることもあり、大盤振る舞いで自分が知っている企業の経営者を紹介することもあります。

このような環境により、実際に自分が希望する企業に転職することができた女性の求職者もいます。

気になることは、転職先に、自分が夜の店で仕事をしていたことが発覚するのではないかということです。

雇用契約上は問題ないのですが、人間関係として、夜の店で働いていたということは決して良いイメージを持たれるとは言い難いので、気にすべきところではあるのですが、夜の店で働いていたことは転職先に知られることはありません。

なぜかと言いますと、女性の求職者を紹介した経営者などは、自分がどこで接待をしていたかを自分の部下である社員に知られたくはないので、知り合った場所を人事などに言うはずがないのです。

自分が働いていた夜の店の情報はオフレコの状態で、経営者は人事などに紹介しますから、転職後の安心できます。

本来、採用クローズとなっている人員充足のポジションであっても、女性の求職者は、この方法を使うと転職することもできます。

コネ転職にもデメリットはあるのか

コネ転職のメリットはこれまでご紹介してきた通りになりますが、デメリットは何でしょうか。

これだけ都合の良い転職方法は他にない訳ですから、転職活動中に関してはデメリットになる要素は一つもないと言えます。

ただ、転職はゴールではなく、あくまで自分の現状の不満を解決し、転職先で活躍するための手段ですから、転職後のことも含めて転職活動と考えてください。

この観点で考えると、コネ転職には転職後に少し都合の悪いこともあります。

まず、本来、自分が転職できるレベルにない求人やポジションにコネで転職している訳ですから、転職後に実務においては、苦戦することが予想されます。

コネで転職すると、本来の自分が担当すべき業務ではない仕事にも従事する必要があったりもしますし、未経験でコネで転職をすると、経験がない仕事にも従事しなければなりません。

また、コネ転職の最大のデメリットは、そう簡単に退職することができないということです。

転職エージェントなどの一般的な転職方法で転職した場合は、企業とコネのような特別な繋がりはありませんので、転職して自分の思う企業ではなかったと思えばすぐに辞めることができます。

ですが、コネの場合は、企業の経営者や決裁権を持つ重要人材の存在があり、転職とはその人材の顔に泥を塗る行為になります。

いかにコネ転職であっても、実際にその企業で働いた経験はありませんから、紹介者や自分の直接のコネ対象者から企業内の情報を聞いても、それはあくまで参考情報です。

リアルな情報は、自分がその企業で働いてみてはじめて分かることですから、コネ転職でも、転職前と後でギャップがあるということはあり得ます。

転職後も考えてコネ転職を選ぶのか、一般的な転職方法である転職エージェントなどを利用するのかを決めた方が良いです。

コネは給料面などでも優遇されますが、ハイクラス向けの転職エージェントであれば、コネと同等の条件を提示してくれます(ただしキャリアが重要なので人材は限られますが)。

それを考慮したなかで、コネ転職を選ぶという場合は、転職活動で苦戦することはなく、最強の手段ですので、使えるだけ使った方が良いと言えます。

本当におすすめできる転職エージェント

どの転職エージェントを使えばいいのか?という点ですが、まずは大手3社を押さえておくのが一番です。

どの転職エージェントも求人数が10万件近いレベルで、他のエージェントに比べて飛びぬけています。

おすすめの理由としてはホワイト企業が多く、大手企業の関連会社など安定した優良求人を抱えているからです。

企業が転職エージェントを利用するにはお金がかかるため、財政的に安定した会社しか利用できません。

また、エージェントを利用するためには審査がありますし、広告コストもそれなりにかかります。

それだけの投資をしても人材を採りたい!という会社の多くは、待遇が手厚く、長期的なキャリアを持って育ててくれます。

もちろん即戦力を歓迎している会社もあり、年収アップの転職にも対応しています。

一方、ハローワークや求人雑誌などは、広告コストが安く(ハローワークは無料)質の低い求人も多いです。

安く人材を雇って使い叩こうというブラック企業もあるため、転職失敗のリスクがありおすすめできません。

転職エージェントでは、そういったブラックな求人が少ないため、優良求人を安心して探すことができます。

さらに、転職エージェントが優良求人の中から、あなたのキャリアにあった求人を選んでくれます。

求人選びにかかる時間的コストは大きいですから、そこを大幅に省略出来るのは求職者にとって大きなメリットになります。

大手3社は求人の選択肢が豊富で、かつエージェントが良い求人を厳選してくれます。

現職の不満点をしっかり伝えることで満足のいく求人に出会える確率が高くなりますよ。

ただし、エージェント大手といっても担当者の性格や質は人それぞれです。

もし担当者と意見がマッチしない、どうも信用出来ない…と感じたら、別のエージェントを利用してあなたにあった担当者を見つけるようにしましょう。

転職エージェントはプロですが、だからといって全てのエージェントがあなたに合う、あなたを理解してくれるとは限りません。

大切なのは、転職支援のサービスを上手に利用することです。

「なんか、転職活動が上手くいかないな・・・」と思ったら、別のサービスに切り替えましょう。

担当アドバイザーと相性が悪いから別のエージェントにしたら、転職活動がスムーズに成功したといった体験談もありました。

このような口コミも多く、キャリアコンサルタントとして一番おすすめの選択は、大手3社から1社、自分に合うアドバイザーを探す方法です。

まずは1社登録をして、キャリアアドバイザーとの相性を見極めます。そこで相性が悪ければ、他のエージェントに切り替えましょう。

転職エージェントは登録後、電話あるいはメールで連絡が来るので、面談日を決めてキャリアカウンセリングをして、そこから求人のオファー&応募という形になります。

何度かやり取りをしていると、担当アドバイザーの性格がわかります。

担当アドバイザーが信頼できると感じたら、転職エージェントに全て任せましょう。

一度登録してしまえば、あとは書類を作る手間なく転職活動が出来るので、上手に利用して転職を効率的に進めることをオススメします。

  1. dodaエージェントサービス
    求人数と転職支援の質は転職エージェントの中でもNo.1。転職で必ず登録しておきたい転職エージェント。
  2. マイナビAGENT
    丁寧な転職支援で口コミ評価が高い。20代から30代におすすめのイチオシの転職エージェント
  3. リクルートエージェント
    営業力が強く転職支援の質が評価されているおすすめの転職エージェント。未経験の転職にもおすすめ!

スポンサードリンク