転職で妥協してはいけない理由!キャリアコンサルタントが教える後悔しない転職方法

転職で妥協をする求職者の方は多いのですが、キャリアコンサルタントとして妥協は絶対にすべきでないと考えています。

なぜなら転職で妥協をすると、何ひとつ良いことがないからです。

もし、良いことがあるとするならば、早く内定をもらえるということぐらいです。

求職者には、転職活動期間の短さを求めている人もいますが、それは大きな間違いで、転職活動は期間ではなく内定の質を重視してください。

少しでも早く決めたいからと、転職で妥協をするのはもっと禁物です。

妥協をすると結局、新しい仕事先に不満を持ち、また転職活動をしてしまう人が実はかなり多いです。

今の時代、転職は一般的なものになり企業側の受け入れも柔軟になりましたが、それでも何度も転職をするのはキャリア面で不利になります。

今回は、転職活動で妥協をしてはいけない理由や、妥協をしないためにはどのような工夫や環境づくりが必要かなどをキャリアコンサルタントが説明します。

スポンサードリンク

転職で妥協が禁物である理由

冒頭でも言いましたが、転職活動で妥協は禁物です。

何度言っても良いぐらい、絶対にしてはいけない判断です。

それぐらい妥協には危険を伴うということです。

キャリアコンサルタントとして多くの求職者を見てきましたが、妥協して転職した人の多くは後悔を残してしまいます。

転職活動は一般的になったとはいえ、人生で何度も行うようなことではありません。

人生で何度もするようなことがあっては逆にまずいのです。

何度も行うことではない転職活動に妥協をしてしまうと、

  • あの時、もっと頑張って転職活動をしておけば良かった
  • あのとき、妥協していなければ、こんな感じにはなっていないかもしれない

など心残りになって後悔してしまいます。

妥協をした結果、妥協をして良かったという求職者もなかにはいますが、それはあくまで結果論で、大半の求職者は、妥協したことで後悔しています。

人生は自分が思うより短いもので、過ぎ去ったことや時間は一生戻ることはありません。

転職は人生の大きな分岐点です。

この分岐点で妥協して、転職に後悔を残すということは、人生に対しても後悔を残すということと同じです。

人生には後悔が必ずありますが、なるべく後悔ない人生を送る方が絶対良いですし、転職活動は人生よりも短い期間になりますから、この短い期間で妥協をしてしまうことは勿体ないことです。

転職で妥協が招く結果

転職で妥協をすると自分に対して納得感を得ることができないことはもちろんですが、転職先としても悔いが残ります。

  • 転職活動がうまくいかない
  • 早く転職活動を終わらせたい

という理由で、希望しない内定に承諾して転職すると、転職先で転職活動以上に苦労することになります。

転職活動で苦戦した分、転職後は充実している方が良いですが、その逆ではまずいのです。

妥協で内定を承諾して、転職すると、転職後に待っていることは、自分の価値観や考えとは違う社風、自分がやりたいことではない仕事をする自分、ほぼすべてにおいて苦戦するはずです。

転職後に自分が希望しない企業に転職すると、価値観や考え方の違いが文化の違いにまで発展し、本来の実力を発揮することなく、「使えない社員扱い」されることもあります。

本来ならば、転職後に十分な成果を発揮できるぐらいの経験や実績を持っている求職者であっても、企業文化と求職者自身の方向性が合わなければ、せっかくの経験や実績を活かす前に、人間関係などのトラブルにより、早期退職に繋がることも想定できます。

この結末を生んだ本質的な原因は、転職活動中の妥協にあります。

妥協をすると、このような結末を迎えることが多いため、求職者は絶対に妥協してはいけません。

このような結末になると、仕事をしなければ生活できませんから、次の職場を探して転職活動をするのですが、早期退職は、次の転職活動ではかなり不利です。

また、転職回数が1つ増えるということですから、転職回数はできれば少ない方が良いのです。

この両面の理由からも分かる通り、転職活動で妥協をすると、その次の転職活動にも悪い影響を与えてしまいます。

スポンサードリンク

転職で妥協してしまう理由

求職者が転職活動中に妥協してしまう理由は何でしょうか。

やはり、「転職活動がうまくいかないから妥協した」という理由が最も多いです。

妥協してしまう求職者も、転職活動初期では、妥協しようとは思っていないはずです。

転職活動は、先が見えない不安が多いものです。

仮に求職者が現職に対してすぐに退職したいと思うぐらいのストレスを感じていれば、少しでも早く転職したいと思うでしょう。

転職活動には覚悟が必要です。

先が見えない分、いつ転職できるか不明ですから、どれだけ時間がかかっても自分の転職活動に妥協はしないという強い信念を持ちましょう。

現職に対して強いストレスを感じているのであれば、未来を創造できる意味で早めに転職活動をすることで解決できます。

もし強いストレスや現職の待遇に不満があっての転職であれば、早ければ早いほど妥協を回避することができます。

ギリギリまで耐えてからの転職活動は、早く転職したい気持ちが強くなり妥協してしまうからです。

希望の企業から不合格連絡をもらったら妥協して探すべきか

自分の希望する企業から見送り連絡を受けると、転職活動に関して投げやりになる傾向があります。

そうなると、悪いことにとりあえず転職しようという安易な発想になる人も少なくありません。

希望していた企業から見送りになるという精神的ダメージは理解しますが、転職市場には、その他にもたくさん求人があります。

一点集中の転職活動はしないようにしましょう。

物事は、見方を変えれば、良く見えたり悪く見えたりしますし、発想を変えれば、良く感じたり悪く感じたりします。

良い意味で、物事を自分に有利になるような思考を持ち、希望していた企業から断れたということは、もっと他に良い企業があるということだと感じて、前向きになってください。

気持ちの転換がうまくできる求職者には、「自分に見送りをした企業は自分から願い下げ」という強気の人もいます。

これぐらいの気持ちを持っておいた方が、希望する企業から見送り連絡を受けて場合、気持ちの転換はスムーズにできるでしょう。

また、企業の選考は自分だけが受験するものではありません。

自分以外の大勢の求職者が1つの求人に対して応募しますので、確実に相対的な評価になるということです。

選考の結果は合格が不合格しかありませんが、どのような求職者であっても、転職活動で、不合格になる確率の方が明らかに高いのです。

自分だけが見送りになっているのではなく、他にも不合格になっている人がいるということを知り、自分だけじゃないという励ましをしつつ、次の選考に向けて切り替えましょう。

そうすることで、次の転職で妥協することを防ぐことができます。

キャリアコンサルタントが教える妥協をしない転職活動方法

転職活動は求職者が一人で行う活動で、不安がつきものであることは間違いありません。

不安が募ってくると、もう転職活動に疲れたと妥協してしまいます。

そんな転職の妥協を防ぐのにおすすめの、第三者のサポートを受けながら転職活動をすることができる素晴らしい方法があります。

妥協しない転職方法は、転職エージェントの活用です。

転職エージェントは、転職支援を無料で行ってくれる転職のプロフェッショナルです。

担当のキャリアアドバイザーが付き、あなたの転職の希望を最大限に尊重してくれます。

もちろん、企業の選考は求職者が行うのですが、選考を受けるための環境整備をしてくれます。

キャリアアドバイザーの役割

一人で転職活動をすると、不安や油断がありますし、妥協しようとする弱い自分がいます。

一人で転職活動をしてしまうと、妥協をしようとしている自分に対して、アドバイスや指摘をしてくれる人はいません。

そこでキャリアアドバイザーです。

キャリアアドバイザーは転職エージェントへの登録後に二人三脚で支援してくれますし、求人紹介以外の他、求職者の相談にも親身に乗ってくれます。

そこで、自分の今の悩みを相談しみてください。

どこまで相談して良いのか分からないという求職者もいますが、遠慮はいりません。

些細なことでも良いので、遠慮なくキャリアアドバイザーに相談しましょう。

キャリアアドバイザーに対して、転職活動がうまくいかないから、条件を下げたい旨を伝えてみてください。

キャリアアドバイザーは、確実にNGだと言うはずです。

転職エージェントは民間企業で事業から売上利益を上げる必要があるのですが、求職者を自社の売上利益だけのために内定を取りやすい企業に推薦することはありません。

あくまで、求職者が納得できる転職により売上利益を上げることが信条になっています。

転職エージェントに対して全幅の信頼を置き、相談した上で、メンタルの回復を行い、自分が納得できるまで転職エージェントの力を借りながら転職活動をしましょう。

妥協しがちな転職活動ですが、転職エージェントを利用することで最大限にあなたの希望を叶えてくれるはずです。

大手転職エージェントは必須登録

転職活動で妥協をしようとする求職者は、不安があるということはお伝えしましたが、不安になる理由は自分に自信を持てなくなることはありますが、それ以上にその後、見送りになった求人以上の求人に出会うことがあるのかという疑念があります。

この疑念を払しょくするためには、その後の転職活動で求人を頻繁に紹介してくれることが前提です。

つまり、不安払しょくのためには、求人紹介数が重要ということになりますが、求人紹介数は、大手の転職エージェントを利用することがおすすめです。

大手の転職エージェントは求人紹介数を特徴に展開しています。

しかも大手の転職エージェントは、求人の数だけではなく、質も高いことで知られています。

妥協をしないために、求人の数と質の両方を担保できる転職エージェントは必須で登録してください。

大手転職エージェントには、転職支援実績が豊富なキャリアアドバイザーも多数在籍していて、キャリアコンサルティングまで行ってくれます。

それまで数多くの転職支援を行い、多くの求職者を見てきています。

妥協しようとしている求職者の反応を経験からくみ取ることができ、経験からアドバイスをしてくれます。

転職活動で妥協をすると転職後に自分が苦労しますし、人生にも大きな後悔が残り良いことは何一つありません。

転職エージェントを利用して妥協する自分を改めつつ納得できる転職活動をしてください。

本当におすすめできる転職エージェント

どの転職エージェントを使えばいいのか?という点ですが、まずは大手3社を押さえておくのが一番です。

どの転職エージェントも求人数が10万件近いレベルで、他のエージェントに比べて飛びぬけています。

おすすめの理由としてはホワイト企業が多く、大手企業の関連会社など安定した優良求人を抱えているからです。

企業が転職エージェントを利用するにはお金がかかるため、財政的に安定した会社しか利用できません。

また、エージェントを利用するためには審査がありますし、広告コストもそれなりにかかります。

それだけの投資をしても人材を採りたい!という会社の多くは、待遇が手厚く、長期的なキャリアを持って育ててくれます。

もちろん即戦力を歓迎している会社もあり、年収アップの転職にも対応しています。

一方、ハローワークや求人雑誌などは、広告コストが安く(ハローワークは無料)質の低い求人も多いです。

安く人材を雇って使い叩こうというブラック企業もあるため、転職失敗のリスクがありおすすめできません。

転職エージェントでは、そういったブラックな求人が少ないため、優良求人を安心して探すことができます。

さらに、転職エージェントが優良求人の中から、あなたのキャリアにあった求人を選んでくれます。

求人選びにかかる時間的コストは大きいですから、そこを大幅に省略出来るのは求職者にとって大きなメリットになります。

大手3社は求人の選択肢が豊富で、かつエージェントが良い求人を厳選してくれます。

現職の不満点をしっかり伝えることで満足のいく求人に出会える確率が高くなりますよ。

ただし、エージェント大手といっても担当者の性格や質は人それぞれです。

もし担当者と意見がマッチしない、どうも信用出来ない…と感じたら、別のエージェントを利用してあなたにあった担当者を見つけるようにしましょう。

転職エージェントはプロですが、だからといって全てのエージェントがあなたに合う、あなたを理解してくれるとは限りません。

大切なのは、転職支援のサービスを上手に利用することです。

「なんか、転職活動が上手くいかないな・・・」と思ったら、別のサービスに切り替えましょう。

担当アドバイザーと相性が悪いから別のエージェントにしたら、転職活動がスムーズに成功したといった体験談もありました。

このような口コミも多く、キャリアコンサルタントとして一番おすすめの選択は、大手3社から1社、自分に合うアドバイザーを探す方法です。

まずは1社登録をして、キャリアアドバイザーとの相性を見極めます。そこで相性が悪ければ、他のエージェントに切り替えましょう。

転職エージェントは登録後、電話あるいはメールで連絡が来るので、面談日を決めてキャリアカウンセリングをして、そこから求人のオファー&応募という形になります。

何度かやり取りをしていると、担当アドバイザーの性格がわかります。

担当アドバイザーが信頼できると感じたら、転職エージェントに全て任せましょう。

一度登録してしまえば、あとは書類を作る手間なく転職活動が出来るので、上手に利用して転職を効率的に進めることをオススメします。

  1. dodaエージェントサービス
    求人数と転職支援の質は転職エージェントの中でもNo.1。転職で必ず登録しておきたい転職エージェント。
  2. マイナビAGENT
    丁寧な転職支援で口コミ評価が高い。20代から30代におすすめのイチオシの転職エージェント
  3. リクルートエージェント
    営業力が強く転職支援の質が評価されているおすすめの転職エージェント。未経験の転職にもおすすめ!

スポンサードリンク