営業に向いてないと感じる人がチェックすべき4つのポイント!キャリアコンサルタントが教える転職すべきかの判断材料

スポンサーリンク

営業に向いてないと感じている人はかなり多いです。

キャリアコンサルタントとして転職相談をされますが、営業に向いてないから転職したいという人もたくさんいます。

日本の労働市場は、欧米諸国に比べて働き過ぎと言われるぐらい仕事量が多いと言われています。

その日本の労働市場のなかでも、最も仕事量が多く、成果に厳しい職種が「営業」になります。

営業と言っても、業界や企業により担当領域や業務内容は異なりますが、基本的な観点で語るのであれば、どのような業界や職種であっても営業は大変です。

この他、営業に関してお話すると、日本のすべての職種のなかで最も従事する労働者が多いのが営業です。

そんな営業に従事している人の多くは、そのハードさや仕事量の多さにより、精神的に病んでしまって自分は営業に向いてないと感じることも良くあります。

転職市場において、営業については、入れ替わりが早い職種で、10年、20年と長期的に1つの会社に在籍して営業の仕事をする人はそういないと言われています。

そこで今回は営業に向いてない人に向けて、転職して成功できるのかと、他の職種にキャリアチェンジすべきかについて、キャリアコンサルタントが説明します。

スポンサーリンク

営業に向いてないと感じる人の多くが悩んでいること

営業の仕事が大変ということは一般的に認知されています。

転職市場でも営業の転職理由はほぼ同じで、やはりハードワークに耐えられず「自分は営業に向いてない」と感じる人が多いです。

キャリアコンサルタントとして、担当してきた求職者に聞いた営業が抱える悩みを紹介したいと思います。

新規開拓の営業はハードワークで病んでしまう人が多い

一般的に営業の仕事は、新規顧客開拓と新規打合せのための外回りになります。

アポイントが取れなければ外出することはできませんので、1日中、テレアポということになり、精神的にはかなり辛いです。

企業によっては新規顧客開拓の手法として、テレアポ以外に飛び込み訪問というやり方があります。

その方法を採用している企業の営業ならば、外回りをすることがアポイントがなくてもできるのですが、今まで取引がない初めての相手にいきなり快く打合せを認めてくれる企業はほとんどありません。

飛び込み営業をしても断られることが大半で、断れれ続けると精神的にダメージがあります。

営業は仕事の中で精神的なダメージが積み重なり、「自分は営業に向いてない」と感じてしまうのです。

テレアポにしても飛び込み営業にしても、アクションをした結果のアポイント獲得率は1%や2%ということで、100件に1件、2件のアポイント獲得ということで、打率は低いです。

しかも契約を成立させた後も、契約書などの書類の作成や、顧客のフォローなど、膨大な仕事量があるので精神的に休まる時はありません。

いまだに残るノルマの呪縛

営業は仕事量が膨大であるだけではなく、毎月のノルマがあります。

ここ数年でノルマという言い方をしない企業が増えて目標という言葉に変わりつつありますが、意味合いは同じです。

余談ですが、ノルマという言葉が消えつつある理由は、新卒採用の対象者である就活生や若手人材のノルマアレルギーが強くなり、営業を希望しない人が急増したためです。

どの企業も営業は必要不可欠な存在で、多くの人材を営業に配置したいのですが、配置される側が拒否反応を起こしたり、配属されてもノルマアレルギーで早期退職で経営や事業に大きな影響を及ぼしてしまいます。

営業に対するネガティブイメージを改善する一つの方法として、ノルマという言い方をやめて目標に変えたのです。

目標であれば、営業以外でもどの企業にも人事評価制度がありますから、目標ということにはアレルギーはありません。

ただし、営業の場合は、目標と言っても毎月など必ず営業数字があり、目に見える形で達成、未達成がくっきりはっきり分かります。

実質的にノルマとも言える目標が、営業の離職率を更に引き上げている要因です。

個人個人の営業目標が未達であれば、個人の集合体である課や部の成績も当然に未達になり、課や部の目標が未達であれば、会社としての経営目標数字も未達です。

1年、2年ぐらいであれば、多少の未達が経営として続いても内部留保などでカバーできますが、それが毎年であれば確実に倒産します。

企業として最も恐れることは倒産で、そうならないために事前対策として、個人個人の営業に対して毎月などで目標を付与して、それを達成するように指導などのマネジメントを行います。

営業の体育会系の文化が悪習として残る

目標を設定して、頑張った結果、目標未達であっても特別お咎めなしであれば、ここまで営業の離職率が高いという現実はないでしょう。

では目標が達成できなかった場合、どうなるでしょう。

昔は、基本給から未達分が控除されるような環境でしたが、それは労働基準法違反になりますので、今の時代はほぼどの企業でもありません。

その変わりと言っては何ですが、上司や先輩から激しい叱責を受けます。

この環境は営業体質で、営業が花形職となっている企業では特に顕著で、「どやされる」という表現が適切かもしれません。

さすがに暴力などはもうなくなりましたが、「そこまで言うか!?」というぐらい激しい叱責が待っています。

営業は企業を支える中心的存在で、営業の目標が未達であれば、経営にインパクトを与えるため、どの企業も営業にはかなり厳しい目を持っています。

このような学生時代の体育会系のような環境に耐えることができず、「自分は営業に向いてない」と感じ、逃げる形で他の企業に転職しようと考える求職者が非常に多いです。

そもそも会話が苦手

意外と多い営業の悩みになるのですが、会話が苦手な営業も多いです。

営業の必須スキルと言われるコミュニケーション能力がないため、自分は営業に向いてないと思ってしまうのです。

個人的な意見としては、口数が少ない人でも信頼を勝ち取れれば営業はできます。

ですが、人と話をするのが苦手なのでは、営業としてやっていくことは難しいでしょう。

向いてないと思いながら無理に続けるよりも、別な職種にチャレンジしたほうが幸せな人生になると思います。

営業の転職はまた営業を選ぶべきかキャリアチェンジすべきか

自分は営業に向いてないと感じて転職を決意する場合、問題となるのは次の職種です。

このまま営業として別の企業に転職するか、全く違う職種に転職するかで悩む営業もかなり多いです。

キャリアコンサルタントとしては、もし強い希望がなければ営業での転職をおすすめします。

営業以外のキャリアチェンジは専門的な知識が必要なことが多く、営業経験が活かせる職種がそこまで多くないからです。

むしろ業界的に伸びが期待できる営業職に転職するほうが現実的です。

営業で転職ならルートセールスがおすすめ

基本的に営業職の転職で楽になるには、ルートセールスを選ぶのをおすすめします。

ルートセールスとは、既に顧客になっている相手に対して、更に自社の商品やサービスを利用してもらうための営業を行うことが主な役割になります。

同じ営業職と言っても、ルートセールスは既存顧客に営業することはそこまで苦労することではないので、離職率はあまり高くありません

ただルートセールスの求人はライバルが多いので、しっかりと書類作成や面接対策を行わないと厳しいです。

定期的にほぼ同じ企業に訪問して商品やサービスを提案することが主な役割になりますので、新規開拓の営業に比べると業務領域は狭く正直なところ楽な仕事になります。

評価に不満があるならキャリアアップを狙うこと

営業の場合、結果が全てなので成績が上がらないと評価されません。

そのため本来は実力があって認められるべき人でも、全く評価されないこともあるのです

特に性格などが穏やかな人は、バリバリの体育会系の職場にはマッチしません。

そういった人は、同じ営業でももっとあなたを評価してくれる企業に転職したほうが幸せになれます。

キャリアチェンジをするなら適性を考えること

キャリアチェンジをする場合、あなたの適性を考えて転職活動を行いましょう。

コミュニケーションが苦手で営業に向いてないと感じるならば、エンジニアなどの専門職がおすすめです。

会話が好きだが営業の仕事が嫌いならば、販売職などのサービス業がおすすめです。

方向性と将来性を考えて転職活動をすることで、失敗することを防ぐことができます。

参考:仕事を辞めたい人がチェックすべき3つのポイント

営業の転職理由がネガティブだとどう評価されるのか

転職市場における営業の傾向は、特別にキャリアアップを目指しているということはほぼなく、「とりあえず今の環境から逃げたい、環境を変えたい」という理由です。

営業に向いてないと感じて転職する人でこういった理由の人は、

  • こんな理由で転職しても大丈夫かな?
  • 自分は営業に向いてないんじゃないか?

と思っているかもしれません。

このような心配があると思いますがご安心ください。

キャリアコンサルタントとして数多くの営業の転職を見てきましたが、ほとんどの営業は「自分が営業に向いてない」や「営業が過酷で疲れた」といったものです。

ある意味、不安になること悲観することはなく、営業としての転職理由としては大義名分です。

また、選考を行う企業も、営業に関しては他の職種とは異なり、どのような素晴らしい転職理由を述べても、「今の会社の営業環境が嫌なんだろう」と思っていますし、それを理由で見送りにするということはありません。

営業に関しては、かなり特殊な転職市場の環境があり、採用活動を行う企業側も「長期的な在籍は期待していない」のです。

通常、中途採用では採用後に長期的に就業し、活躍してほしいと期待していますので、転職理由についてはシビアなのですが、営業は、どの企業でも在籍期間が平均で3年、4年程度ですので、そこまで長いということはありません。

比較的早い段階での離職を想定していますので、営業に関してはどのような理由があっても本音の部分を織り込んでいるということです。

だからと言って、馬鹿正直に面接官に対して、「自分が営業に向いてないから」など素直になり過ぎことはやめましょう。

確実に見送りになります。

本音と建て前をうまく利用してください。

それと転職ではブラック企業にも注意してください。

営業は人気の職種で、ブラック企業も喉から手が出るほど欲しい人材です。

参考:ブラック企業の見分け方!面接の手口をキャリアコンサルタントが教えます

ブラック企業は巧みな話術で取り込もうとするので、惑わされて転職失敗にならないようにしましょう。

特に営業の場合、良い条件を出されてブラック企業に転職するケースも少なくありません。

営業を辞めたいなら転職エージェントで確実な転職をしましょう

営業が向いてないと感じるて転職をするのであれば、転職エージェントを利用してください。

営業の転職は実はかなり難しく、転職サイトやハローワークで転職活動をしてもなかなか決まらないことが多いからです。

その理由は勤務時間の長さで、残業時間などを考えると営業は転職しにくい職種と言えます。

参考:働きながらの転職が難しい理由!キャリアコンサルタントが教える最短で転職を成功させる方法

退職してから転職活動をする方法もありますが、仕事を辞めると金銭や精神的な余裕がなくなり焦って次の職を探して失敗することが多いです。

最終的に妥協しての転職だと、どこかで不満を持ち続けてやっぱりまた転職したいとなります。

参考:転職で妥協してはいけない理由!転職失敗を数多く見てきたキャリアコンサルタントが教える転職術

では働きながら転職活動をするにはどうすればいいか。

その方法が転職エージェントの利用になるのです。

労働が過酷な営業は、求人選定、書類作成、面接対策を全てサポートしてくれる転職エージェントを利用しましょう。

限られた時間でも徹底的に転職支援してくれるので、難しい営業の転職を成功させることができます。

自分が営業に向いてないと感じているのであれば、転職して新しい人生を歩むのも一つの方法です。

辛いだけの人生を送るのではなく、自分のために生きてみることも考えてみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

また未経験や職務経歴が短い人も、転職エージェントを利用することで良い条件の求人を支援してもらうことができます。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

※キャリアコンサルタントとしてのおすすめは、転職サイトとエージェントの併用です。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

タイトルとURLをコピーしました