フリーランスプログラマーのメリットとデメリット8選!在宅で案件をこなすことは簡単ではありません

スポンサーリンク

ある程度のスキルが身についたプログラマーの中には、独立してフリーランスを目指す人もいます。

フリーランスとして働いているプログラマーも増え、軌道に乗れば会社員時代よりも稼ぐことは可能です。

逆にフリーランスは自分の力量が全ての世界になるので、スキルがないと全く稼げないリスクもあります。

IT業界の需要は高く、将来的にもプログラマーは必要とされる職種になるので、スキルを磨けばフリーランスで一生食べていくこともできるでしょう。

ただしフリーランスのプログラマーになることは、決して楽な道ではないことも覚えておいてください。

もし今、プログラマーとしてIT企業に勤めていて、将来的に独立を考えてフリーランスを目指しているなら覚えておいて欲しいことがあります。

在宅で自由に仕事ができると思われがちなフリーランスですが、現実はかなり厳しいです。

今回は、フリーランスプログラマーのメリットとデメリット、仕事の取り方、給料などを全てお教えします。

スポンサーリンク

フリーランスのプログラマーになるメリット

まずフリーランスのプログラマーになるメリットについて説明します。

一般のIT企業に勤めた場合との比較をするので、今プログラマーとして働いている人も、これから就職・転職する人も参考になると思います。

お金の使い道が広がる

フリーランスは時給などの給料の考えは、基本的にありません。

その為、常に時間を有効活用しながらお金の管理をしつつ働くスタイルになります。

お金の管理と考えると面倒と思うかもしれませんが、経費をうまく活用しながら働くことができるメリットは大きいです。

普段使う交通費や接待交際費用や家賃、通信費などが、フリーランスとして働けば経費として落とすことができます。

良く上場企業の役員などが経費で高い料亭に行ったり、車に乗るなどのことがフリーランスのプログラマーになれば自分でできるのです。

例えば個人事業主として働けば、勉強のための書籍代や仕事目的でパソコンの購入も経費にすることができます。

しっかりとした理由があれば、必要なものを経費として使えるのはフリーランスプログラマーの大きなメリットです。

時間の有効活用ができる

フリーランスは自分で時間を管理しなければなりませんが、その反面、時間の使い方は自由です。

フリーランスは会社員と違い決まった時間に働く必要もなく、金銭的に余裕ができたら長期休暇をとることも可能です。

とにかく稼ぎたければ、寝る間を惜しんで必死に働くこともできますし、休みたければいつでも休むことができます。

在宅で自由に仕事ができるのもフリーランスのメリットです。

会社員では有給休暇も使いにくいですし、こうした時間の使い方ができるのはフリーランスのプログラマーならではと言えるでしょう。

どんな場所でも仕事ができる

またプログラマーはパソコンとネット環境があれば仕事ができるので、離島や海外で仕事をしているフリーランスのプログラマーも増えてきました。

一般的なサラリーマンだと満員電車に乗って通勤しますが、フリーランスになればこの苦労から解放されます。

在宅なら朝早く起きて通勤する必要もありません。

毎日の通勤を考えると、それだけでもかなりのメリットと言えるのではないでしょうか。

稼ぐチャンスが広がる

やはりフリーランスプログラマーの一番のメリットは、仕事した分だけ稼げることに尽きます。

IT企業勤めの会社員プログラマーの平均年収は500万前後ですが、フリーランスプログラマーになれば年収800万以上も狙えます。

お金が全てではありませんが、やはり仕事をする以上、お金を稼ぐことは大事なことになります。

特に自分のスキルを売るフリーランスは、その売り上げが自分の評価として認められたことになります。

お金は仕事のモチベーションになります!

仕事のモチベーションにも繋がるので、積極的にお金を稼ぐことにチャレンジしてください。

フリーランスのプログラマーになるデメリット

メリットで良いことを挙げましたが、残念ながらフリーランスのプログラマーはそれほど甘くはありません。

メリットが逆にデメリットになることも覚えておいてください。

安定的には稼げない

フリーランスのプログラマーは仕事を自分から取っていかなければならないため、仕事量が少ないと収入が安定しません。

大きな案件や継続的に仕事をもらえるようになるには、かなりの時間や実績が必要となります。

フリーランサーによっては、クラウドなどで仕事を探して細々と仕事をするスタイルの人もいます。

安定的に稼げるフリーランスになるには、スキルを磨き続ける必要があります。

個人では稼げないので、中小のIT企業と契約して派遣で働いているフリーランスプログラマーも多いです。

スケジュール調整が難しい

これは慣れもありますが、一人で仕事をするとスケジュール調整がかなり大変です。

打ち合わせの調整をしたり、納期に合わせてプログラミングをするなど、プログラマーの仕事と営業の仕事を同時にこなす必要があります。

これはフリーランサーの醍醐味でもありますが、慣れないうちは精神的にもかなり辛くなります。

ハッキリ言いますと、フリーランスをしていると仕事を休むことが怖くなります。

休むと仕事が無くなるのではないかという不安から、休みなく働いているフリーランスの方も多いです。

自由になれるとフリーランスになったのに、休みも取れないのは考えものです。

確定申告などの事務作業を自分で行う

毎月の売上管理や、年末調整、確定申告など、フリーランスプログラマーがやるべき事務作業はたくさんあります。

簿記の勉強をしていれば多少はわかりますが、全く未経験の場合、何をやればよいかわからず苦労します。

これも慣れになりますが、最初の内は税理士を雇って手続きを行うなども考えて良いと思います(経費になるので)。

ちなみに稼いでいるフリーランスのプログラマーほど、自分で事務処理を行っています。

税理士に依頼すると年間20万くらいかかります。

その方が余計な出費も少なく、そのお金を自分で使うことができるからだそうです。

変わりに頼める人がいない

フリーランスのプログラマーは、もし体調が悪くなっても他にやってくれる人はいません。

せっかく仕事をもらっても、納期に間に合わないと信頼がなくなってしまいます。

こうした不測の事態に備えるには、人脈を作っていざというときの変わりを確保しておくことです。

フリーランスプログラマーの交流会などで会った人に、ピンチの時に依頼するなどできれば対処は可能かもしれません。

実際は変わりのプログラマーを見つけるのは難しいです。

緊急の作業などは、ほとんど請け負ってもらえませんし、クライアントとの契約で外注できないなど不都合も多いので気をつけて下さい。

フリーランスプログラマーの給料はどのくらい

次にフリーランスのプログラマーの給料はどれくらいかを暴露します。

これは完全に個人差があり、稼げている人と稼げていない人の差が大きいです。

プログラマー歴1年~2年

プログラミング能力低いプログラマーが多く、仕事をもらうことはほとんどできません。

このレベルでフリーランスになっても、年収としては200~300万がいいところでしょう。

WEB系プログラマーであれば、単価は低いですが経験が少なくても取れる案件があるので、小さい案件を狙っていくしかありません。

フリーランスのプログラマー同士でも仕事を取り合うので、スキルがないと本当に辛いです。

プログラマー歴3年~5年

プログラマーとして経験も充実している時期で、中小のIT企業から独立する人が多いです。

年収としては成功すれば400万~600万位の範囲が多いですが、独立直後は仕事がないのでかなり大変です。

ガムシャラに働いてクライアントからの信頼を得ることができれば、仕事を増やすことができます。

案件としては、WEB系のプログラミングやアプリ開発など、できる案件は結構あると思います。

結局、自分一人では仕事が取れずに、IT企業に転職するプログラマーもいます。

プログラマー歴5年以上

スキル的には申し分ない人もいるのですが、成功できるかは個人差があります。

年収としては成功できれば600万~1000万以上で、知っている限りでは一番稼いでいる人で1200万でした。

このレベルのプログラマーだと、クラウドの仕事も受注できる確率が上がるようです。

クライアントとのコミュニケーションや、納期が厳しいなど問題も多く、IT企業に転職する人も少なくありません。

地方の中小WEB制作会社相手に仕事を取って、細々と生活している人もいます。

フリーランスプログラマーの仕事の探し方

フリーランスのプログラマーはどうやって仕事を探すのか。

方法としては

  • IT企業と派遣契約をする
  • 人脈を広げて紹介してもらう
  • クラウドソーシングを利用する
  • エンジニアのマッチングサービスを利用する

大きく、この4つになります。

IT企業と派遣契約をする

フリーランスプログラマーの働き方として、中小のIT企業と契約する方法があります。

中小のIT企業は大企業のクライアントも多く、契約すると大規模な案件にプログラマーとして派遣されます。

そのため仕事内容は、IT企業勤めのプログラマーとほぼ同じです。

銀行や保険会社などの金融系のシステムを扱い、COBOLやPL1などのプログラミング言語を使うイメージです。

40代や50代のフリーランスプログラマーが多いイメージです。

最近はJAVAの案件も多いですが、正直、作業環境はあまり良くないのでおすすめはしません。

人脈を広げて紹介してもらう

これは経験が増えるとできる方法ですが、他の人から仕事を貰う方法になります。

一度仕事をした相手の交友関係だったり、コアワーキングスペースで知り合った人から案件を紹介してもらう方法です。

人脈を広げていくと、こうした新しい案件を簡単に増やせるメリットがあります。

信頼されないと紹介してもらえないので、その意味では高いプログラミングスキルとコミュニケーション能力が必要になります。

クラウドソーシングを利用する

クラウドワークスやランサーズといった、クラウドソーシングサービスを利用して探す方法になります。

IT系の案件が豊富で、仕事が探しやすいのがメリットです。

ただ案件の質や単価はバラバラで、思ったよりもお金にならない案件もあるので注意が必要です。

誰でも応募できるので、ライバルが多いのもクラウドソーシングのデメリットになります。

コンペに勝たないと仕事をもらえないことがほとんどです。

エンジニアのマッチングサービスを利用する

ITジョブネット、スマキャリ、レバテックフリーランスといった、エンジニアのマッチングサービスを利用する方法です。

フリーランスのバックアップが充実しているのが特徴で、良質な案件もあるようです。

フリーランスプログラマーとして不安なことも、しっかりとサポートしてくれるのも魅力です。

フリーランスプログラマーが仕事を探すには、こうしたマッチングサービスが一番おすすめかもしれません。

ただIT系のマッチングサービスも、契約社員のように出向する必要が多いため自由なエンジニアライフとは遠いかもしれません。

未経験でフリーランスのプログラマーになるのはほぼ無理です

最近ではプログラミングスクールが人気となり、スクールで勉強しただけの未経験プログラマーがフリーランスを目指すこともあるようです。

未経験でフリーランスのプログラマーになるのは、ほぼ無理なのでおすすめしません。

スキルがないのに仕事を受けると、必ずトラブルになるからです。

プログラミングスキルの問題だけではなく、クライアントとの交渉も失敗する可能性が高いです。

フリーランスプログラマーを目指すのであれば、IT業界でプログラミングスキルを磨きましょう。

スクールで勉強するプログラミングと、現場のプログラミングは別ものだと思った方がいいです。

自分一人でやっていける自信がつくまでは、IT業界でスキルをつけることに専念することをおすすめします。

フリーランスプログラマーはスキルがあっても案件がない可能性があります

フリーランスのプログラマーになってから、会社員の方が良かったという人もかなりいます。

こうしたフリーランスのプログラマーは、プログラミングができないわけではありません。

むしろ、かなり優秀なプログラマーも多いです。

こういったスキルが高いプログラマーでも、フリーランスになって案件が取れずに苦戦するのです。

フリーランスの壁として、案件をなかなか受注できないことがあります。

これはコミュニケーション能力の欠如が原因になります。

会社員としてプログラマーをしていると、クライアントとの打ち合わせなどは営業やプロジェクトマネージャー(SE)が行います。

仕事は基本的にプログラミング中心になるので、そこまでコミュニケーション能力が高くなくても問題ありません。

ですがフリーランスになると、クライアントとの交渉や仕様の打ち合わせなど、課題が山ほどあるのです。

この時間も馬鹿にならないもので、一つの案件がなかなか終わらないことも良くあります。

もし在宅で自由にプログラミングができるからフリーランスになりたいと思っているなら、考えを正したほうがいいかもしれません。

フリーランスのプログラマーは、営業+プログラマーの2つの役割をする必要があることを覚えておいてください。

フリーランスは在宅で自由に仕事ができると思っていると失敗します

もう一つフリーランスのプログラマーになって想像と違うことに、在宅で仕事ができないことです。

もちろん案件によっては在宅でできる仕事もありますが、それなりの金額の案件は基本的に企業へ派遣になります。

ほとんど会社員と同じ仕事内容で、フリーランスになった意味を感じないプログラマーも多いです。

WEB系などは在宅でできる案件もありますが、安い案件が多く正直に言うと微妙です。

しかも安い案件だから楽ということはなく、クライアントに当たらないと炎上案件になることもあります。

在宅で自由に仕事がしたくてフリーランスになるのであれば、小さいWEB制作会社と仕事をしたほうがいいです。

小さいWEB制作会社であれば、WordPressの導入や個人でできるCMS開発など、在宅でできる仕事も多いからです。

フリーランスのプログラマーになるならIT企業で働いたほうがいいかもしれません

フリーランスプログラマーの実情をお伝えしましたが、個人的にはIT企業で働いたほうがいいと思います。

フリーランスの魅力である

  • 仕事の時間が自由
  • お金が稼げる

といったことは思っている以上にハードルが高いからです。

現実的にお金の問題で会社員に戻るフリーランスの方は多いですし、企業勤めの方が安定します。

もちろん独立して自分で稼ぎたいという思いが強いのならば、いばらの道を歩んでも良いでしょう。

ですがフリーランス経験者に聞くと、やはり「常に仕事がなくなる不安」を抱えています。

今のIT企業は昔に比べて労働環境も改善されてきているので、無理にフリーランスを選ばなくても良いと思います。

ただフリーランスのプログラマーを経験すると、営業力やプログラミング能力は上がるので、一度くらいは経験しておいても良いかもしれません。

スキルがあればIT企業に転職する道もありますので。

デメリットの印象が強くなりましたが、フリーランスのプログラマーを目指す方の参考になればと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました