働きながらの転職が難しい理由!キャリアコンサルタントが教える最短で転職を成功させる方法

転職活動をする時の方法として、

  1. 働きながら転職活動をする
  2. 退職して転職に集中する

の2通りのやり方があります。

どちらのやり方が正解というものはありませんが、キャリアコンサルタントとしては「働きながら転職する」ことを推奨しています。

実際、退職して転職した人よりも、仕事をしながら転職した人の方が圧倒的に良い条件で転職できています。

とはいえブラック企業に勤めている人などは、仕事をしながら転職活動をする時間がとれないのも理解しています。

そこで今回は、働きながら転職を成功させる方法について説明したいと思います。

忙しい人と、ゆとりのある人では、仕事をしながらの転職活動は変わるので、あなたのライフスタイルを考えて転職活動を行いましょう。

スポンサードリンク

働きながらでも転職活動を成功させやすい時期

転職活動には時期も大事です。

1年間のなかで、企業の多くが求人を公開し採用活動を活発に行う時期は

  • 2月前後
  • 8月前後

になります。

この時期は、年間通して最も求人が転職市場に多い時期で、仕事をしながらでも転職を成功させやすい時期とも言えます。

働きながら転職活動をする場合、求人がたくさんあり、厳選応募して、見送りになっても他の求人がまだ複数あるという状況を作ることが大事になります。

求人の少ない時期だと、選べる条件も限られて転職に焦ってしまうからです。

そのためには、キャリアコンサルタントとしては求人数が豊富な2月と8月前後に転職活動をすることをおすすめします。

ただ、その他の時期に転職してはいけないというわけではありません。

あくまで求人数の多さで転職しやすい時期が2月と8月なだけで、他の月でも良い求人があれば積極的にチャレンジすべきです。

求人数の多い2月と8月を狙いつつ、その他の時期にも求人をチェックしておくと転職成功率は上がります。

働きながら転職をする場合、まずはどんな求人があるかを転職サイトなどで調べておくと、タイミング良く良い条件の求人を見つけることができる可能性が上がります。

ただし働きながら転職サイトだけで転職をすることは難しいので、その辺りを説明します。

転職サイトでは働きながら転職するのが難しい理由

働きながら転職活動をするとき、多くの人は転職サイトを使って求人を探すと思います。

ですが仕事をしながら転職サイトを使って転職活動をすることは、キャリアコンサルタントとしてはおすすめできません。

なぜなら転職サイトのような自己応募の場合

  • 求人の検索
  • 求人の選別
  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 応募手続き
  • 面接日程の調整
  • 面接
  • 内定時の条件交渉

など膨大な作業を働きながら自分ひとりで行わなければならないからです。

現職の業務が(仮に9時~18時まで)ある訳ですから、今ご紹介した転職活動に関係するすべてのことを仕事が終わってから行うのはどれだけ大変か理解できると思います。

文章にしただけでも十分、大変そうなイメージがリアルに想像できるはずです。

このように自己応募タイプは非常に大変な転職活動になります。

基本的に転職サイトを使った転職は、仕事をしていない人の方が向いています。

スポンサードリンク

定時で帰れる人なら転職サイトを利用した転職活動も可能

先ほど説明したように、転職サイトでの転職活動は作業量が多く、働きながらだと厳しいです。

ですが現職の勤務時間や残業時間に余裕があるならば、転職サイトを使って働きながら転職することも不可能ではありません。

ボリュームが尋常ではなくなる自己応募型の転職サイトですが、帰宅後に時間が取れれば転職可能な環境と言えます。

しかし、時間は無制限にある訳ではありません。

やはり求人検索、書類作成、面接対策など、仕事をしながらでは難しいと思います。

もし転職サイトを利用する場合、まずはどの程度の作業量になるのか1社テスト的に試してみることをおすすめします。

ただ転職サイトを見るとわかるのですが、かなりの数の求人があり、そこからあなたの条件にマッチしている企業を探すのは簡単なことではありません。

現職がハードワークだと仕事をしながら転職はできない

仕事をしながら転職活動をする場合、今の仕事がハードワークだとほぼ転職は不可能と考えておいた方がいいでしょう。。

ブラック企業などは、ハードワークで定時に帰社できることの方が少ないです。

1日の残業時間が3時間や4時間は当たり前という企業も少なくありません。

その環境下での転職活動など、ほとんど無理だということは理解いただけると思います。

採用活動を行う企業で、22時以降も対応してくれるということはまずないです。

特に企業の面接は19時最終スタートがほとんどですので、書類選考を通過しても面接を受けることができず選考見送りになることも良くあります。

現職がハードワークだと、転職サイトやハローワークのような自己応募ですと転職活動は思うように進みません。

またハードワークの代名詞ともいえる営業職に関しても、仕事をしながら転職活動をすることは難しいと思います。

営業職は仕事をしながらの転職が難しい

仕事をやりながら転職活動をする場合、最も転職することが難しい職種は営業職になります。

営業職は顧客商売であり、ただでさえ長時間になることが日常的にあり、そこに転職活動することはかなり厳しいと言えるでしょう。

営業職として現在で働いている場合、転職活動では苦労することは多々あります。

顧客トラブルなどで、急なアポイントが入り予定していた面接をリスケしてしまうなどです。

このような想定しない事態が営業職にはあります。

そのため転職活動だけに時間を使った方が、中長期的な視点で考えるとメリットは大きいかもしれません。

幸いなことに、営業職も求人数は多く転職しやすい職種になるので、仕事を辞めてもすぐに見つかる可能性があります。

ですが、やはりリスクはなるべく回避すべきなので、そういった意味でも戦略をもって転職活動をすべきです。

転職エージェントを利用すれば働きながらでも転職活動ができる

働きながら転職活動をすることの難しさを説明しました。

それでも働きながら転職活動をする人は、今の会社にかなり不満を持っていることが多いです。

  • 少しくらい条件が悪くなってもいい
  • すぐに転職できればどこでもいい

転職活動をする人の多くは、退職して生活が苦しくなっても新しい仕事を探したいという人が増えています。

ただ転職をするのならば、条件が良くなって成功してほしいという思いがあります。

そこでキャリアコンサルタントとして提案したい転職方法として、転職エージェントの利用があります。

転職エージェントを利用すると求人の検索、求人の選別、応募手続き、面接日程の調整、内定時の条件交渉をキャリアアドバイザーが代理で対応してくれます。

求人の検索は特に便利でアドバイス付で紹介してくれますので、何のアドバイスもないなかで求人にある募集要項だけを見て行う自己応募に比べて失敗するリスクを回避することができます。

転職サイトで転職活動をしている求職者のなかには、その求人数にギブアップして現職を辞めて転職活動だけに集中する人や、転職活動を諦めてしまう人もいます。

転職活動においては、退職して転職活動をすることはかなりのリスクがあります。

なぜかと言えば、転職活動は絶対決まるという保証はどこにもありませんし、だれも保証してくれるものではないからです。

極端なことを言えば、一生転職できない求職者もいるかもしれません。

そうなると、現職を辞めていると収入源がなくなり、生活にも苦労があります。

後者の転職活動を辞めることは現職を辞めることよりも収入面ではリスクはないのですが、不安を抱えながら仕事を続けてもまた辞めたいと思うときが来るはずです。

現職に何らかの不満があり一度は転職活動をした訳ですし、転職活動を辞めても現職への不満は解消されません。

転職エージェントを利用して転職活動をすることができれば、少なくとも作業の多さでギブアップすることはありません。

働きながら転職活動を同時に進めることができるベストの転職方法になるので、もし転職を考えている場合は検討材料にして下さい。

本当におすすめできる転職エージェント

どの転職エージェントを使えばいいのか?という点ですが、まずは大手3社を押さえておくのが一番です。

どの転職エージェントも求人数が10万件近いレベルで、他のエージェントに比べて飛びぬけています。

おすすめの理由としてはホワイト企業が多く、大手企業の関連会社など安定した優良求人を抱えているからです。

企業が転職エージェントを利用するにはお金がかかるため、財政的に安定した会社しか利用できません。

また、エージェントを利用するためには審査がありますし、広告コストもそれなりにかかります。

それだけの投資をしても人材を採りたい!という会社の多くは、待遇が手厚く、長期的なキャリアを持って育ててくれます。

もちろん即戦力を歓迎している会社もあり、年収アップの転職にも対応しています。

一方、ハローワークや求人雑誌などは、広告コストが安く(ハローワークは無料)質の低い求人も多いです。

安く人材を雇って使い叩こうというブラック企業もあるため、転職失敗のリスクがありおすすめできません。

転職エージェントでは、そういったブラックな求人が少ないため、優良求人を安心して探すことができます。

さらに、転職エージェントが優良求人の中から、あなたのキャリアにあった求人を選んでくれます。

求人選びにかかる時間的コストは大きいですから、そこを大幅に省略出来るのは求職者にとって大きなメリットになります。

大手3社は求人の選択肢が豊富で、かつエージェントが良い求人を厳選してくれます。

現職の不満点をしっかり伝えることで満足のいく求人に出会える確率が高くなりますよ。

ただし、エージェント大手といっても担当者の性格や質は人それぞれです。

もし担当者と意見がマッチしない、どうも信用出来ない…と感じたら、別のエージェントを利用してあなたにあった担当者を見つけるようにしましょう。

転職エージェントはプロですが、だからといって全てのエージェントがあなたに合う、あなたを理解してくれるとは限りません。

大切なのは、転職支援のサービスを上手に利用することです。

「なんか、転職活動が上手くいかないな・・・」と思ったら、別のサービスに切り替えましょう。

担当アドバイザーと相性が悪いから別のエージェントにしたら、転職活動がスムーズに成功したといった体験談もありました。

このような口コミも多く、キャリアコンサルタントとして一番おすすめの選択は、大手3社から1社、自分に合うアドバイザーを探す方法です。

まずは1社登録をして、キャリアアドバイザーとの相性を見極めます。そこで相性が悪ければ、他のエージェントに切り替えましょう。

転職エージェントは登録後、電話あるいはメールで連絡が来るので、面談日を決めてキャリアカウンセリングをして、そこから求人のオファー&応募という形になります。

何度かやり取りをしていると、担当アドバイザーの性格がわかります。

担当アドバイザーが信頼できると感じたら、転職エージェントに全て任せましょう。

一度登録してしまえば、あとは書類を作る手間なく転職活動が出来るので、上手に利用して転職を効率的に進めることをオススメします。

  1. dodaエージェントサービス
    求人数と転職支援の質は転職エージェントの中でもNo.1。転職で必ず登録しておきたい転職エージェント。
  2. マイナビAGENT
    丁寧な転職支援で口コミ評価が高い。20代から30代におすすめのイチオシの転職エージェント
  3. リクルートエージェント
    営業力が強く転職支援の質が評価されているおすすめの転職エージェント。未経験の転職にもおすすめ!

スポンサードリンク