ヘッドハンティングで転職成功は難しい!キャリアコンサルタントが教える転職の裏側

ヘッドハンティングという言葉を聞いたことがあっても、実際にヘッドハンティングで転職した経験がある人は少ないと思います。

あまりメジャーな方法ではないのですが、転職で確実に年収を上げたいのならヘッドハンティングという方法があることも覚えておいて欲しいです。

ただ、一般の人にはどうすれば声がかかるのか、どんな仕組みで年収がアップするのかわからないことも多いと思います。

今回はヘッドハンティングで転職する方法や仕組みについてキャリアコンサルタントが説明します。

スポンサードリンク

ヘッドハンティングの仕組みとは

まず、ヘッドハンティングと簡単に言われても、ヘッドハンティングはだれでもすぐに利用することができる仕組みなのか?と疑問に思うでしょう。

ヘッドハンティングと聞くと、何かレベルの高いイメージがあると思います。

実際その通りで、ヘッドハンティングはどのような求職者でも利用することができるという仕組みではありません。

ヘッドハンティングの仕組みは、求職者が企業に自分を売り込むのではなく、企業がヘッドハンティングを利用して、企業が欲しい人材を探し、企業が求職者に売り込むと仕組みになります。

ヘッドハンティングのメリットとして、転職市場では立場が弱い求職者が内定前から企業を上から見ることができることです。

通常の企業の選考では、見られている、選ばれなければいけないという気持ちが強すぎて、過度に緊張してしまい自分らしい姿を面接で発揮することができず、見送りになるということも多いです。

ヘッドハンティングの場合は、上から見ることができるのですから、緊張することもありません。

もし求職者が企業を気に入らなければ、断ればよいだけなので求職者有利で転職ができるようになります。

ヘッドハンティングは転職で希望条件を叶えることができる

求職者にとってヘッドハンティングほど有利な転職方法はないと言っても良いぐらい最高の存在で、良くも悪くも自分のやりたい放題、言いたい放題で転職活動をすることができます。

ヘッドハンティングで転職することができれば、現職や前職で得ていた年収を大きく上回ることはほぼ間違いないことです。

では、どれぐらいの上積みを期待することができるのか?ということになりますが、ヘッドハンティング市場の平均上積み割合は2割から3割程度と言われています。

例えば、現職で500万円の年収を得ている求職者の場合は、500万円×1.2という計算式により、600万円になります。

転職エージェントなどを利用して普通の転職活動をすると、現年収から100万円以上の上積みはまず期待することができませんから、この差は大きいです。

また、役職においても、年収と同じように昇格した状態で転職することができ、現職で課長という立場で仕事をしているのであれば、最低でも部長代理で転職することができます。

すべての求職者に言えることですが、転職後に仕事の成果により昇格や昇給するということは、結構なハードルがあります。

特に昇格は、数年頑張ってようやく昇格できるというぐらいのことですが、ヘッドハンティングの場合は、簡単にという表現が適切かどうか分かりませんが、ある意味、簡単に昇格を実現することができるのです。

スポンサードリンク

ヘッドハンティングされるためには

ここまでの話を聞いて、「自分もヘッドハンティングされたい」と思う人も多いと思います。

ですが、残念ながらヘッドハンティングはだれでも利用できるような仕組みではありません。

求職者からすると、今時点の経験やスキルがヘッドハンティングの対象にならなければ、ヘッドハンティングされることは難しいです。

そこで、ヘッドハンティングされるためにはどうすれば良いのかという点に触れておきます。

ヘッドハンティングを事業とする会社は日本に多くありません。

昔は、少ないヘッドハンティング会社が、人脈を使って、地道に企業が求める人材を探し、突然、求職者に電話やメールが届くという仕組みでした。

最近では、ヘッドハンティングのハードルが下がりだし、ヘッドハンティング会社もハードルが下がっている環境に合わせて、仕組みを変化させています。

ヘッドハンティングを利用したいのであれば、求職者はヘッドハンティング会社に登録してください。

ヘッドハンティング会社は、リクルートが運営しているキャリアカーバーランスタッドといった会社が有名です。

昔は求職者自らがヘッドハンティング会社に登録するようなことはできませんでしたが、今は、転職エージェントとここまでは同じ仕組みで登録型のヘッドハンティング機能もあります。

登録後は、ヘッドハンティング会社と面談を行い、求職者本人がどのような企業を希望しているのか、または、その他の転職条件を伝えます。

もちろん、面談内ではキャリアアドバイザーのような立場の担当者が求職者のこれまでの経歴を知るために、ヒアリングもあります。

転職エージェントの場合は、登録面談が終わると、その場で求人紹介があったり、転職支援中に随時、紹介があるのですが、ヘッドハンティング会社の場合は、登録面談が終わると一旦、そこで終了になります。

登録は継続されますが、ヘッドハンティングが企業から依頼された案件があるまでは求人紹介をしてくれるということはありません。

ヘッドハンティングで転職する注意点

転職市場で、自ら転職を希望する求職者は、現職を早いタイミングで退職したいと考えていますが、ヘッドハンティング市場ではこの考えは適していません。

ヘッドハンティングの場合、登録面談後は、基本的に待ちの状況が続きますし、その待ちの状況は長い場合は数年続くこともあります。

ヘッドハンティング会社は転職エージェントと違い、幅広い検索で求人を探すのではなく、ピンポイントで行いますので、少しでも企業が求める要件に違いがあれば、紹介対象外になります。

求人紹介は、相当少ないと考えて欲しいですし、ヘッドハンティングであっても、求人がなければ求職者は転職することは不可能です。

待ち状態が続くことを想定して、すぐに現職を退職する考えを持つのではなく、少しでも現職で実績を積み、ヘッドハンティングに提出した職務経歴書の内容を上げる行動が必要になります。

ヘッドハンティング市場は経験や実績が多ければ多いだけ有利ですし、ヘッドハンティングから、自分が希望する企業群でヘッドハンティングされるために、どのような経験や実績を積む必要があるかも教えてもらえます。

ただ、漠然と経験や実績を積むのではなく、自分が希望する企業群の要件に該当するという目標がありますので、それに向けて現職で仕事をするということになりますので、イメージは掴みやすいですし、自分がやるべきことは明確になるでしょう。

ヘッドハンティングで失敗した例

条件の良い転職ができるヘッドハンティングですが、成功例ばかりではありません。

実際にある例として人材のミスマッチが最も多いです。

これは求職者の問題ではないのですが、ヘッドハンティング会社の担当が求職者のスキルを理解していないための起こるケースです。

転職するまでは良かったが、転職後、企業側が思っていた人材と違かったということがあります。

企業側も高い給料を支払って雇うので、それ相応のスキルを期待しています。

ですがスキルのマッチングは転職ではとても難しく、求職者が伝えている内容をきちんと理解せずにスカウトする担当も実は少なくありません。

そのためヘッドハンティング会社を利用する場合は、きちんと信頼できる担当者かを見極めることが失敗しない条件になります。

厳しい言い方になりますが、転職で採用されるのは求職者の経験やスキルを評価しているからです。

ヘッドハンティングは成果を出していない段階で高い給料を提示してもらっているので、それに見合った結果を出さなければ企業としても不満を持ってしまいます。

ですのでヘッドハンティング会社に全てを任せるのではなく、自分からも積極的にアピール材料やスキル磨きを行いましょう。

転職エージェントにもヘッドハンティングと同じ機能が実はある

転職エージェントを利用すると、基本的に登録面談で担当したキャリアアドバイザーが自分の専任になります。

ですが特殊なケースで、今まで接したことがないキャリアアドバイザーからいきなり電話やメールがあるということがあります。

これは、転職エージェントのスカウト機能で、ヘッドハンティング会社の機能と似たものになります。

ヘッドハンティング会社を使うことは少し時間がかかるという求職者は、転職エージェントを利用しておけば、通常の求人紹介に加えてスカウト求人の紹介もあるので覚えておいてください。

スカウト求人の紹介率は、通常の求人紹介よりも低いですが、ヘッドハンティング会社からの紹介率よりは高いです。

少なくとも数年単位ということはありません。

スカウトを利用すると、ヘッドハンティングと同じく年収が上がった状態で転職を実現することも可能です。

スカウト機能を持つ具体的な転職エージェントは、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントにはスカウト部隊もあり、スカウトを専門に扱うキャリアアドバイザーがいます。

リクルートエージェントを利用することで、通常の求人とスカウト求人の併用が可能となり、求職者にとっては、幅広い転職活動と年収アップの転職を実現することもできるでしょう。

実際のところ、ヘッドハンティング会社に登録して転職するよりも、転職エージェントの方が効率よく転職活動ができます。

本当におすすめできる転職エージェント

どの転職エージェントを使えばいいのか?という点ですが、まずは大手3社を押さえておくのが一番です。

どの転職エージェントも求人数が10万件近いレベルで、他のエージェントに比べて飛びぬけています。

おすすめの理由としてはホワイト企業が多く、大手企業の関連会社など安定した優良求人を抱えているからです。

企業が転職エージェントを利用するにはお金がかかるため、財政的に安定した会社しか利用できません。

また、エージェントを利用するためには審査がありますし、広告コストもそれなりにかかります。

それだけの投資をしても人材を採りたい!という会社の多くは、待遇が手厚く、長期的なキャリアを持って育ててくれます。

もちろん即戦力を歓迎している会社もあり、年収アップの転職にも対応しています。

一方、ハローワークや求人雑誌などは、広告コストが安く(ハローワークは無料)質の低い求人も多いです。

安く人材を雇って使い叩こうというブラック企業もあるため、転職失敗のリスクがありおすすめできません。

転職エージェントでは、そういったブラックな求人が少ないため、優良求人を安心して探すことができます。

さらに、転職エージェントが優良求人の中から、あなたのキャリアにあった求人を選んでくれます。

求人選びにかかる時間的コストは大きいですから、そこを大幅に省略出来るのは求職者にとって大きなメリットになります。

大手3社は求人の選択肢が豊富で、かつエージェントが良い求人を厳選してくれます。

現職の不満点をしっかり伝えることで満足のいく求人に出会える確率が高くなりますよ。

ただし、エージェント大手といっても担当者の性格や質は人それぞれです。

もし担当者と意見がマッチしない、どうも信用出来ない…と感じたら、別のエージェントを利用してあなたにあった担当者を見つけるようにしましょう。

転職エージェントはプロですが、だからといって全てのエージェントがあなたに合う、あなたを理解してくれるとは限りません。

大切なのは、転職支援のサービスを上手に利用することです。

「なんか、転職活動が上手くいかないな・・・」と思ったら、別のサービスに切り替えましょう。

担当アドバイザーと相性が悪いから別のエージェントにしたら、転職活動がスムーズに成功したといった体験談もありました。

このような口コミも多く、キャリアコンサルタントとして一番おすすめの選択は、大手3社から1社、自分に合うアドバイザーを探す方法です。

まずは1社登録をして、キャリアアドバイザーとの相性を見極めます。そこで相性が悪ければ、他のエージェントに切り替えましょう。

転職エージェントは登録後、電話あるいはメールで連絡が来るので、面談日を決めてキャリアカウンセリングをして、そこから求人のオファー&応募という形になります。

何度かやり取りをしていると、担当アドバイザーの性格がわかります。

担当アドバイザーが信頼できると感じたら、転職エージェントに全て任せましょう。

一度登録してしまえば、あとは書類を作る手間なく転職活動が出来るので、上手に利用して転職を効率的に進めることをオススメします。

  1. dodaエージェントサービス
    求人数と転職支援の質は転職エージェントの中でもNo.1。転職で必ず登録しておきたい転職エージェント。
  2. マイナビAGENT
    丁寧な転職支援で口コミ評価が高い。20代から30代におすすめのイチオシの転職エージェント
  3. リクルートエージェント
    営業力が強く転職支援の質が評価されているおすすめの転職エージェント。未経験の転職にもおすすめ!

スポンサードリンク