女性の転職が難しいのは日本人の固定観念が影響している!キャリアコンサルタントが教える女性の転職で本当にある裏話

スポンサーリンク

女性の転職が厳しいことは承知だと思いますが、それには様々なファクターが関わっています。

かつての日本の労働市場は、男女平等の環境にはありませんでした。

「男は仕事をして、女は家庭に入る」という日本文化があり、その影響もあって、多くの企業では昇格対象に女性よりも男性を優遇していました。

労働市場と転職市場は非常に類似性が強く、転職市場においてもこのような環境が長く続きました。

しかし、近年の政府の指針が大きく変わり、女性活躍社会ということで女性の社会進出を積極的に応援する環境になっています。

国が変われば企業も変わり、企業が変われば転職市場も変わります。

今回は女性の転職がどれだけ改善されたのかを、キャリアコンサルタントが転職市場の動向とともに解説していくので参考にして下さい。

スポンサーリンク

女性の転職が難しいのは日本人の固定観念も関係している

今の転職市場では、まだそれなりの男性優遇環境は残っています。

ですが選考において女性を後回しにするようなことはなく、1つの求人に対して選考基準を満たしていれば、男女の性別に関係なく、女性であっても採用される環境にあります。

しかし、企業からすると中途採用は即戦力人材の確保になり、入社後は長く働き活躍することを期待しています。

転職で女性を採用するということは、結婚、出産、育児という問題があります。

企業側としては、女性を採用するということは、想定外の退職や休職も視野に入れておかなければなりません。

そうなると、せっかく転職で女性を採用しても欠員となり社内異動や中途採用で補充するということも可能性としてがあります。

企業にとってはこの欠員は経営や事業にも関わってくることで、なるべくなら欠員することなく貢献してほしいと考えています。

そのため、現在も、企業によっては女性よりも男性を優先して採用活動を行う場合もあります。

この動きは近年、改善されつつあります。

女性の転職で避けて通れない問題

この考え方も女性の転職が不利に働く要素ですが、女性の転職はもうひとつ気にしておかなければならないことがあります。

それは年齢です。

女性の求職者は、転職活動を視野に入れている場合、または、すでに転職活動をしている場合であっても、自分の年齢が転職活動に影響を与えることを認識することが大事です。

結論から言いますが、女性の求職者は、年齢により転職に支障がない場合と大きな支障を持つ場合があります。

法的観点でみる女性の年齢と転職事情

転職市場も含めた労働市場には、弱者である労働者(求職者)保護の観点で、いくつもの法律があります。

求職者のなかでも認知度の高い法律が労働基準法になるのですが、労働基準法はすべての法律の基本になっているもので、それ以外では30前後の法律があります。

それら法律のなかで、性別や年齢を理由に採用判断してはならないという規定があります。

すべての企業はどのような理由があっても、求職者を性別や年齢で採用判断をしてはいけないのです。

もし、それをすると法律違反で罰則の対象となり、罰金の制裁となる可能性もあります。

しかし、法律とはあまりあてにならないもので、例えば、女性の求職者が転職である企業の選考を受けて、見送りになったとしましょう。

この場合、企業から見送りの連絡はあっても、選考理由まではありません。

転職エージェントを利用すれば、ある程度の選考理由を知ることはできます。

ですが、その他の転職方法であれば、企業からの選考結果連絡としては、「選考理由についてはお答えできません」という文言が含まれて、聞こうとする前にシャットアウトされます。

この例から分かるように女性の求職者からすると、自分がなぜその企業の選考がダメだったのか知ることはできません。

仮に見送りの理由に性別や年齢が含まれていても、理由がはっきりしないため不明のままで終わります。

法律には性別や年齢を理由に採用判断をしてはいけないとなっていても、行政はそれを調べることが実質的にはできないということになります。

採用活動を行う企業もこの法律については認識しているのですが、実質的に法律があっても機能していないため、フリーの状態です。

性別を理由に見送りにすることもありますし、転職では女性の年齢を理由に見送りにすることもあります。

転職で女性の年齢は何歳から影響があるのかご存知でしょうか

女性の求職者が年齢によっては転職活動に支障があるとお伝えしましたが、では、何歳から影響が出始めるのでしょうか。

ポイントとなる年齢は2つあります。

29歳は女性の転職でターニングポイントになる年齢

29歳という年齢は、女性であれば、結婚を意識し焦りだす年齢とも言われています。

29歳までであれば、全く問題なく転職活動をすることができるのですが、29歳を超えると採用する企業からすると絶対に質問されることはないのですが、心のなかでは、「近いうち結婚するかもしれない」と思っています。

また、既婚者である女性に対しては、「近い将来、妊娠の可能性もあるだろう」と思っています。

いずれにしても29歳を基準に転職活動の状況は変わると考えて良いです。

ただし、この後、ご紹介する2つ目のポイントとなる年齢に比べれば、転職活動はそこまで苦労することはないです。

女性の求職者は、自分の年齢を鑑みて、転職する時期を逆算して決めて、転職活動をした方が良いです。

女性で転職活動を始めた年齢が29歳で、転職活動中に30歳になったとすれば、同じ時期の転職活動でもその前後で応募できる求人数に変化があるはずです。

転職サイトなど、自己応募となる転職方法の場合は、企業が性別や年齢を応募資格に入れてはいけない決まりになっているので、応募すらできないということはないのですが、応募しても水面下で年齢を理由に選考見送りにされることはかなりの確率で高いです。

29歳という年齢は結婚や妊娠という人生イベントに大きな関わりを持つため、多くの企業は29歳を1つのポイントにしています。

40歳も女性の転職に影響する年齢

女性の転職で2つ目の影響が大きくなる年齢は40歳です。

女性の求職者で40歳を超える場合、20代などに比べると年齢のせいで転職が厳しくなることは事実です。

参考:40代女性の転職は厳しい!それでも成功させる方法をキャリアコンサルタントが説明します

40歳という年齢は男性の求職者であっても、役職があってもなくても応募できる求人すら少なくなり転職活動は長期化など苦戦が予想されます。

応募すらできないという点について補足しますが、先ほどご紹介した通り、転職サイトなどの自己応募の転職方法では、国も求人票をいつでも簡単に閲覧できるため、法令違反発覚リスクが高く、どの企業も応募資格に性別や年齢を記載していません。

今、お伝えした応募すらできないという話は、転職エージェントを使った場合です。

転職エージェントを利用するとキャリアアドバイザーから定期的に求人紹介がありますが、求職者は転職エージェントにどれぐらいの、どのような求人があるか分かりません。

キャリアアドバイザーが求職者の職歴や希望条件などの情報を照らし合わせて紹介するかどうかを決めます。

転職エージェントは求人元である企業もお客様になりますし、同じお客様でも採用費をもらう企業をより尊重しています。

企業から求人には記載しないとしても条件が合致していても、性別や年齢によっては求職者に紹介しないように指示していることがあります。

40歳という女性の年齢は、応募することができる求人の数が30代よりも10倍以上違いがあると言われています。

なぜ、40歳を超えると応募できる求人、まともに選考してもらえる求人が少なくなるのでしょうか。

管理職など一定以上の役職を持たない限り、企業は40歳を超えて役職がない女性よりも、年齢が若い女性を採用しようとするのです。

40歳を超えた女性の求職者に何か問題あるからということではなく、相対的な判断で同じ力量、または、多少見劣りする力量ならば、年齢が若い女性の求職者を優先することになります。

理由は、企業の2つの狙いがあるからです。

若い女性の方が転職で採用されやすいのは事実としてあります

女性の転職で若い女性が採用されやすいのは事実です。

その理由は、単純です。

一般的に考えて、年齢が若い女性の方が異性とし魅力があるからです。

採用活動を行う企業のなかには、女性経営者もいますし、選考通過の決裁権を持つ管理職の女性もいますが、大半は男性です。

男性の決裁者が、ほぼ同じ力量を持っているとすれば、単純に自分の個人的な思考として年齢が若い女性の求職者を優先するということです。

「そんなことってあるのか?」と思うかもしれませんが、企業にこの判断基準は意外と多くあります。

転職エージェントが企業と求人の打合せをする際に、人事や管理職から「なるべく年齢が若い子ね!」や「かわいい子ね!」というオーダーが普通にあります。

女性の求職者はこればかりはどうにもできません。

在籍期間を考慮した女性の年齢

20代の求職者と40代の求職者を中途採用で採用した場合、かつ、どちらも定年まで在籍するとすれば、どちらが長く企業に在籍するでしょうか。

企業としては20代の女性の方が長く在籍してくれるイメージがあるようです(特に高齢の男性ほどそういった偏見があります)。

企業は新卒採用であれ、中途採用であれ採用したならば、長く在籍してほしいと考えます。

離職する人数が多ければ、その分、採用活動をしなければなりませんし、組織としての文化も定着させることが難しいのです。

また、業務としてもコロコロ担当が変わるようであれば、体制にも問題がありますし、顧客相手の職種の場合は、顧客に対しての良いイメージを与えることはありません。

離職とは企業にとって良いことはほとんどありません。

40代の女性で、役職がないとなれば、企業は、「あまり仕事はできないのかもしれない」と想定して、それであれば、年齢が若い女性の求職者を優先しようとするのです。

女性が転職を成功させるにはどんな方法を取るべきか

女性は年齢が大きなネックとなり転職活動では苦戦することが多いのですが、そのなかで、転職活動をしやすい環境を作ることが必要です。

そうすると、転職サイトなどの自己応募はすべてのことを自分一人で行わなければなりませんし、選考結果についても性別や年齢も含めて理由が分かりません。

選考が見送りになっても、理由がはっきりしていれば、その後の転職活動や企業の選考に対して対策を取ることができます。

女性の転職で年齢がネックになる場合、転職エージェントを使って転職活動をすることをおすすめします。

転職エージェントを使えば、自分の転職活動でうまくいかない理由が明確になりますし、その後の動き方を変化させることもできます。

先述でご紹介した、「企業からの指示で年齢が高い女性には求人を紹介しない」ということも、キャリアアドバイザーに対して質問してみれば良いです。

絶対という確約はできませんが、キャリアアドバイザーによっては、その事実を正直に教えてくれますし、その求人が性別で判断されるというものである場合で、自分がどうしても応募したいと思うのであれば、企業に交渉してもらうこともできます。

実際に、それまでは女性は対象外だった求人でもキャリアアドバイザーの交渉により応募することができ、選考を通過して内定まで持ち込んだ実績もあります。

年齢がネックとなるということは、基本的にどの企業も書類選考の段階で、年齢で判断していますので、履歴書や職務経歴書の内容まで見ていないことが多いです。

相対評価という選考理由は怪しいと思うべき!

職務経歴書の内容で判断されず、表面上の基本情報だけで判断されているかどうかを見極めるポイントがありますので、ご紹介します。

転職エージェントを利用すると、選考結果の理由に「他候補者との相対比較のため」という理由があります。

相対比較とは、選考見送りにする企業からすると非常に都合が良いことで、多くの企業では転職エージェントを使っていても相対比較という言い方をします。

しかし、転職エージェントからすると、その後の紹介者の選定にも影響があるため、具体的に知りたいと考えています。

そこで、もし、相対比較という選考理由があったならば、「自分の性別?年齢?」と怪しんだ方が良いです。

キャリアアドバイザーに対して、「相対比較の具体的な理由を企業に聞いて欲しい」と依頼してください。

必ず転職エージェントは企業に具体的な理由を聞くようになっています。

そこで、転職エージェントから納得いかない回答であれば、「性別や年齢」が理由であると思っても良いです。

明確な理由がなければ、強気に転職エージェントを使って、再度、選考をし直すように企業に依頼しても大丈夫です。

この方法で、企業に内定を勝ち取った求職者もいます。

企業からすると、人物面や具体的な実績を見ずに判断していますから、粘り強く交渉すると、「結構、ガッツのある人」ということで、選考をやり直してくれることもあります。

その企業には一生会わない可能性の方が高い訳ですし、本来、性別や年齢を理由に選考してはいけない決まりになっていますので、ダメ元で強気に交渉しても損はありません。

女性の転職はまだまだ厳しいので、転職エージェントを利用して少しでも有利になるように動きましょう。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

また未経験や職務経歴が短い人も、転職エージェントを利用することで良い条件の求人を支援してもらうことができます。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

※キャリアコンサルタントとしてのおすすめは、転職サイトとエージェントの併用です。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました