転職の条件交渉が苦手な人は必見!キャリアコンサルタントが教える失敗しない転職の秘訣

スポンサーリンク

転職の条件交渉は、基本的に弱い立場の求職者が一番悩むところだと思います。

法令により、労使対等という規定がありますが、それはあくまで法律論の世界であり、現実的には企業の方が強きに出ることができます。

そのため、どうしても弱い立場になる求職者が、転職で最も影響を受けるのは内定時の条件交渉です。

転職前で遠慮が多く、しかも立場が弱いとなれば、求職者は企業が提示する条件を鵜呑みにせざる得ないということも多くなります。

実際に転職サイトなどの自己応募で転職活動をしている場合、自分の主張は言えず、提示された条件に不満があっても条件を交渉せずに、そのまま内定承諾して転職するという求職者がほとんどです。

このような条件の交渉ができない転職は失敗する可能性の方が高いです。

転職は、人生で何回も行うものではありません。

あなたの将来に大きな影響を与えるので、転職において条件交渉なしの妥協は絶対にしないようにしましょう。

今回は転職で条件交渉をしないデメリットと、求職者が損をしない条件交渉のやり方についてキャリアコンサルタントとして最善の方法を説明します。

スポンサーリンク

条件面で不満が残ると転職を繰り返してしまう

まず転職で条件を交渉したものの、完全に納得できる条件を提示してもらえることは少ないと思います。

ですが求職者は早く新しい転職先を見つけたいので、ある程度のところで妥協することが多いです。

それが後々の不満となり、「転職するんじゃなかった」と思ってしまいます。

不満を抱いたまま転職するとその後どうなるかと言えば、退職前の企業と同じ心境で仕事をすることになり、近い将来また転職を検討するという展開になります。

転職市場において、転職回数の多さは職歴としてかなりマイナスですし、1年、2年などの短期間で転職活動をすると明らかに不利な状況に自分を追い込みます。

転職をするときに、「やりがい」や「人間関係」はとても重要ですが、それと同じくらい「給与」や「残業・休日」などの条件の交渉を考えるようにしましょう。

全ての条件が揃っている転職先はありませんが、最低限妥協できないラインは死守するべきです。

1社でも内定があると強気の交渉ができる

求職者にとって、転職活動はいつ内定が出るか分からないため不安が付きまといます。

転職活動は長期化する可能性が高いですし、転職活動の期間が長期化すればするほど心の不安は大きくなります。

そのため、条件の交渉に関しても採用が欲しいために弱気になることが多いです。

この考え方はとても大事で、自分の転職希望条件と完全一致でなくても、ある程度、妥協できる範囲の条件であれば内定をキープしておきましょう。

とりあえず1社でも内定をキープすることで、転職の不安要素は解消され内定があるからということで、他の企業に対して攻めの転職活動、条件の交渉をすることができます

内定とは、心の安定とともに、弱い立場にある求職者を強者に変えてくれる優れた性質を持ち合わせています。

内定がなければ、企業の選考中に、「この返答をしてしまったらまずいかもしれない」、「面接で強きに希望条件を伝えると見送りになるかもしれない」という変に弱気になり、自分のなかで納得できない選考になる可能性があります。

それを解消する唯一の方法が内定です。

完全一致の内定でなくても、ある程度、自分に納得できる内定だからこそ、「今回がだめでも内定はある」という自分を強者に変えることができます。

転職で条件交渉を上手く行う方法

交渉が得意な人もいるでしょうが、転職に関しては企業側が有利なため思ったほど良い条件を提示されないことは多々あります。

どうすれば条件交渉がうまくできるのか。

その方法は、転職エージェントを利用することになります。

転職エージェントは求職者の転職支援を無料で行ってくれる求職者からすると心強い存在です。

しかも、転職エージェントは多くの求職者の転職支援実績がありますので、ノウハウが十分にあります。

転職エージェントを利用すると必ず一人、キャリアアドバイザーが担当になりますから、一人で行う転職活動を2人で行えるようになります。

転職エージェントが条件面の交渉を担当してくれる

一人で転職活動をすると、不安や油断がありますし、条件に対してどうしても弱い交渉をしてしまいがちです。

それをカバーしてくれる強い味方が転職エージェントで、キャリアアドバイザーは企業に対して条件の交渉もしてくれます。

積極的にキャリアアドバイザーに、あなたの転職の悩みを相談しみてください。

どこまで相談して良いのか分からないという求職者もいますが、遠慮はいりません。

  • 給料を5万上げたい
  • 絶対にこの仕事がしたい
  • 転勤したくない

些細なことでも良いので、遠慮なくキャリアアドバイザーに相談しましょう。

ちなみに余談ですが、キャリアアドバイザーに対して、転職活動がうまくいかないため、条件を妥協する旨を相談してみてください。

キャリアアドバイザーは、確実にNGだと言うはずです。

キャリアアドバイザー含めた転職エージェントからすると、求職者が自己の判断で転職しやすい条件にすると、利益を得る機会が増えますので、良いことなのですが、転職エージェントは、自社の利益だけを考えて妥協することを良しとはしません。

転職エージェントのビジネスモデルは成功報酬型で、求職者を企業に紹介しただけでは一銭の利益にもなりません。

求職者が内定承諾し転職すると転職時の年収の30%ほどの手数料が入り、それが売上や利益になります。

確かに転職エージェントは民間企業で事業から売上利益を上げる必要があるのですが、求職者を自社の売上利益だけのために内定を取りやすい企業に推薦しようとはしません。

あくまで、求職者が納得できる転職により売上利益を上げることが信条になっています。

転職エージェントに対して全幅の信頼を置き、相談した上で、メンタルの回復を行い、自分が納得できるまで転職エージェントの力を借りながら転職活動をしましょう。

転職エージェントを利用すれば必ず良い転職をすることができますし、希望の企業から不合格の通知があっても、他にも多数の求人紹介が見込めますから、気持ちを切り替えることもできるはずです。

転職条件の交渉で失敗しないためには

今までの話を聞くと、転職エージェントを使えば内定時の条件は交渉してくれて、強気に伝えることができると思っていますよね。

しかし、転職エージェントが内定時に条件交渉したとしても、実は、選考の後半である最終面接やその一つ前の面接内で、求職者は直接、面接官から希望条件をヒアリングされていることがあります。

それを踏まえて企業は選考をするため、内定時に転職エージェントが条件交渉をしても時すでに遅しというケースが多いです。

「転職エージェントを使えば条件交渉が有利になる」ということで転職エージェントを利用する求職者もいるはずですが、面接中に自分が弱気な希望条件を言ってしまっているため、そこから挽回することは転職エージェントでも難しいです。

選考途中に希望条件を聞かれた場合、求職者は必ず遠慮が入り、「現状維持」と言ってしまうことが多いのですが、ここで大事なことは強気に言えるかどうか、遠慮なく環境があるかどうかです。

まだ内定を持っていない場合は、その質問については、「御社求人に記載されている条件でお願いします」と伝えておけば良いです。

補足情報ですが、求人に記載されている内定時の想定年収は、その通りにならないことの方が多いです。

想定年収には、バッファーで記載されていることが多く、「xxx万円~xxx万円」という風になっています。

求職者は、上限金額を想定してしまいがちですが、実際は上限金額で提示されることはほぼないと思って頂いて構いません。

最低金額かその中間金額がほとんどです。

内定という事実があれば、選考中に面接官から直接、希望条件を質問されても強きに言えるのですが、まだない場合の対策として先程ご紹介した言い方でかわすことがオススメです。

転職エージェントは転職の条件の線引きをしてくれる

転職エージェントの転職支援には転職コンサルティングもありますから、プロの視点で条件面に関して妥協して良い部分としてはいけない部分の線引きも教えてくれます。

強きな交渉を行うためのサポーターとして転職エージェントは打ってつけの転職方法ですので、転職エージェントを使って納得できる条件の内定を得るための交渉をしてください。

転職は強者と弱い立場の関係がある以上、思うようなことが言えない状況になる訳で、それを解消するために転職エージェントという最善の方法が今の主流になっています。

転職エージェントを利用することで、弱い立場である求職者が強者である求人企業と直接条件を交渉する必要がなくなります。

同じ転職活動をするならば自分にとって有利な環境で転職活動をするべきです。

弱い立場であるならば、弱い立場の環境を少しでも解消する手段が求められ、その一番の方法が転職エージェントを利用して転職活動をするということです。

今の転職市場において、転職エージェント以外に弱い立場である自分を解消してくれる方法はありません。

転職サイトやハローワークでは、条件交渉をサポートしてくれることは絶対にありません。

あなたが自分自身の力で交渉を行う必要があり、それは思っている以上に大変でほとんどの場合、失敗してしまいます。

転職エージェントを面倒だと思う人もいるでしょうが、一人で転職活動を行うよりも成功率が高くなります。

特に条件の交渉が苦手な求職者の方は、絶対に転職エージェントを利用しましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました