慶弔休暇とは?有給休暇との違いや取得日数についてキャリアコンサルタントが説明します

慶弔休暇という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

働いている方なら、慶弔休暇とは何か知っていると思います。

ですが、この慶弔休暇、グレーな部分が多く取得できない企業もまだ多いです。

そこでキャリアコンサルタントが、慶弔休暇について説明するので参考にして下さい。

スポンサードリンク

慶弔休暇とは

慶弔休暇とは、自分自身や近親者の結婚や出産、または近親者の死亡による葬式などがあった場合に取得できる特別な休暇です。

慶弔休暇は、年次有給休暇や産前産後休暇、介護・育児休暇などの法定休暇とは異なる法定外休暇の一つであり、会社が必ず付与しなければならないものではありません

また、その内容も会社により様々ですが、結婚や葬式などで取得した休暇が通常の欠勤扱いになったとしても違法にはなりません。

規模の大きな企業やホワイト企業だと、慶弔休暇を設定していることが多いですが、中小企業やブラック企業は慶弔休暇がないケースも多いです。

慶弔休暇の日数

慶弔休暇の取得可能な日数は、

  • 就業者本人が結婚する場合には5日前後
  • 就業者の配偶者が出産する場合は2~3日

が平均です。

就業者の近親者が亡くなった場合には、その近親者との関係によって取得可能な日数が変わります。

就業者から見て一親等の親族(実の父母、配偶者、実子)が亡くなった場合は5~7日、二親等の親族(祖父母や配偶者の父母、兄弟姉妹)が亡くなった場合は2~3日、遠縁の親族が亡くなった場合は1日が一般的です。

慶弔休暇は有給休暇になるのか

慶弔休暇は法律で定められたものではないため、どのような場合に何日の休暇を与えるかは各会社が決めることができます。

そのため、慶弔休暇については、対象条件や日数、有給休暇に相当するかについては就業規則を確認する必要があります。

なお、会社によっては慶弔休暇の取得にあたり証明を求められる場合もありますので、事前に提出書類の確認も必要です。

現在の日本社会について言うと、慶弔休暇は、今や約8割もの企業が正社員に対して導入している制度になります。

もし慶弔休暇がなかったり、有給休暇が取れないなどの問題がある場合は、あなたの将来のことを考えても良いかもしれません。

労働条件が良い企業を紹介してくれる転職エージェント

慶弔休暇をきちんと取得できるなど、労働条件の良い企業が増えるなか、ブラック企業が未だに残っているのも事実です。

もし今あなたがブラック企業に悩んでいるなら、転職エージェントに相談をしてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントは膨大な量の企業情報を持っていますし、休みなどの求職者が聞きにくい情報の確認や給料の交渉もしてくれます。

また転職エージェントはブラック企業対策もしていますし、豊富なノウハウであなたに最適な企業を紹介してくれます。

もし、あなたが20代~30代であれば、若手の転職に強いマイナビは求人の質が高く実績も豊富のおすすめのエージェントになります。

プロのキャリアアドバイザーがヒアリングを行い、あなたの希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

▲完全無料・登録は簡単1分▲
#NAME?

マイナビAGENT

 

また国内最大手のDODAも、20代~40代までの求人に強いおすすめの転職エージェントになります。

キャリアコンサルタントの営業力が高いDODAは、豊富なネットワークを駆使して質の高い企業を紹介してくれます。

▲完全無料・国内最大の求人数▲
転職サイトはdoda

dodaエージェントサービス

 

どちらも無料で使える転職エージェントで、登録後にキャリアアドバイザーの方から転職支援を受けることができます。

キャリアアドバイザーを通して転職することで、不安となる給料の問題や仕事内容のミスマッチを防ぐことができます。

もしすぐに転職するつもりがないのであれば、キャリアアドバイザーにその旨を伝えればプッシュされることはないので安心してください。

本当におすすめできる転職エージェント

どの転職エージェントを使えばいいのか?という点ですが、まずは大手3社を押さえておくのが一番です。

どの転職エージェントも求人数が10万件近いレベルで、他のエージェントに比べて飛びぬけています。

おすすめの理由としてはホワイト企業が多く、大手企業の関連会社など安定した優良求人を抱えているからです。

企業が転職エージェントを利用するにはお金がかかるため、財政的に安定した会社しか利用できません。

また、エージェントを利用するためには審査がありますし、広告コストもそれなりにかかります。

それだけの投資をしても人材を採りたい!という会社の多くは、待遇が手厚く、長期的なキャリアを持って育ててくれます。

もちろん即戦力を歓迎している会社もあり、年収アップの転職にも対応しています。

一方、ハローワークや求人雑誌などは、広告コストが安く(ハローワークは無料)質の低い求人も多いです。

安く人材を雇って使い叩こうというブラック企業もあるため、転職失敗のリスクがありおすすめできません。

転職エージェントでは、そういったブラックな求人が少ないため、優良求人を安心して探すことができます。

さらに、転職エージェントが優良求人の中から、あなたのキャリアにあった求人を選んでくれます。

求人選びにかかる時間的コストは大きいですから、そこを大幅に省略出来るのは求職者にとって大きなメリットになります。

大手3社は求人の選択肢が豊富で、かつエージェントが良い求人を厳選してくれます。

現職の不満点をしっかり伝えることで満足のいく求人に出会える確率が高くなりますよ。

ただし、エージェント大手といっても担当者の性格や質は人それぞれです。

もし担当者と意見がマッチしない、どうも信用出来ない…と感じたら、別のエージェントを利用してあなたにあった担当者を見つけるようにしましょう。

転職エージェントはプロですが、だからといって全てのエージェントがあなたに合う、あなたを理解してくれるとは限りません。

大切なのは、転職支援のサービスを上手に利用することです。

「なんか、転職活動が上手くいかないな・・・」と思ったら、別のサービスに切り替えましょう。

担当アドバイザーと相性が悪いから別のエージェントにしたら、転職活動がスムーズに成功したといった体験談もありました。

このような口コミも多く、キャリアコンサルタントとして一番おすすめの選択は、大手3社から1社、自分に合うアドバイザーを探す方法です。

まずは1社登録をして、キャリアアドバイザーとの相性を見極めます。そこで相性が悪ければ、他のエージェントに切り替えましょう。

転職エージェントは登録後、電話あるいはメールで連絡が来るので、面談日を決めてキャリアカウンセリングをして、そこから求人のオファー&応募という形になります。

何度かやり取りをしていると、担当アドバイザーの性格がわかります。

担当アドバイザーが信頼できると感じたら、転職エージェントに全て任せましょう。

一度登録してしまえば、あとは書類を作る手間なく転職活動が出来るので、上手に利用して転職を効率的に進めることをオススメします。

  1. dodaエージェントサービス
    求人数と転職支援の質は転職エージェントの中でもNo.1。転職で必ず登録しておきたい転職エージェント。
  2. マイナビAGENT
    丁寧な転職支援で口コミ評価が高い。20代から30代におすすめのイチオシの転職エージェント
  3. リクルートエージェント
    営業力が強く転職支援の質が評価されているおすすめの転職エージェント。未経験の転職にもおすすめ!

働き方を考えて、よりよい環境を求めてみることも検討してみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク