転職の面接は自己PRができれば通過率が大幅アップします!キャリアコンサルタントが教える面接テクニック

転職では、面接の出来が採用の決定打になるといっても良いでしょう。

書類選考は通過するのに面接で失敗する人の多くは、残念ながら面接対策が不十分と言えます。

最後の関門と言える面接さえ通れば、あなたが希望する会社へ転職することができます。

今回は、転職で面接の通過率を上げるポイントをキャリアコンサルタントが説明します。

スポンサードリンク

面接対策は自己PRが成功の鍵になります

まず、転職の面接で最も大事なことは、あなた自身を伝える自己PRになります。

企業は、より優れた人材を確保したい思いが当然あります。

面接まで行くことができた人材は、企業側の希望にマッチしている人材です。

最後の一押しとして面接があり、これはお互いのミスマッチを防ぐ意味でも重要な場となります。

自己PRで重要なことは以下の3つになります。

  • 具体的なキャリア(あなたの強み)
  • 志望動機(何故その企業を応募したのか)
  • 将来性(どう貢献できるのか)

この3つを上手く伝えることができれば、採用の確立はグッと上がります。

ですが、わかっていたとしても面接の対策をするのは簡単なことではありませんよね。

自分の市場価値が分かる転職支援サービス

現在、転職活動中の方や、転職を検討している方は、自分の市場価値を調べてください。

市場価値は、『ミイダス』で調べることが出来ます。

無料使えて、いくつかの質問に答えると、あなたの年収や紹介できる求人のレベルがわかります。

転職では必ず年収の提示があるので、自分の市場価値がわかれば、その年収が妥当かの判断材料になります。

また条件にあったオファーが届くこともあるので、転職でどんな求人がマッチしているかの参考にもなります。

自分の市場価値がわかったら、無料の転職エージェントを活用して転職活動を行いましょう。

転職エージェントを利用することで、転職経験が少ない方や、ちょっと自分の市場価値より上の企業でも転職を成功させることができるからです。

・ホワイト企業を紹介してもらえる
・履歴書・職務経歴書作成を徹底支援
・企業ごとの面接対策
・給料アップの交渉
・好条件の非公開求人を紹介
・退職のフォロー

転職エージェントは、こうした求職者が転職で悩むポイントを、完全無料で支援してくれます。

また、転職エージェントは非公開求人を持っていて、ハローワークにはない好条件の求人を紹介してもらえます。

転職エージェントの中でも『リクルートエージェント』は、好条件の求人数が多く転職成功アップに繋がるので登録しておいて間違いないです。

リクルートエージェントに登録すると転職サイトの『リクナビNEXT』も使えます。

今すぐ転職する気がなくても、どんな求人があるかチェックできるので役立ちます。

リクナビNEXTは、「履歴書」と「職務経歴書」を無料で作成できたり、「スカウト機能」であなたの希望に合った求人を最優先に紹介してくれる機能もあります。

リクルートエージェントを利用すれば、専任のキャリアアドバイサーが求人探しから書類作成・面接まで、転職活動の一連の流れを全て無料でサポートしてくれます。

また、ブラック企業対策もしているので、労働基準法に違反するような企業に入るリスクもなくなります。

求職者が知らないことも無料でサポートしてくれるので、転職成功のために活用してください。

リクルートエージェントに登録する

転職の面接で言ってはいけないこと!これを言うとマイナスイメージになる

転職の面接で、絶対に言ってはいけないことがあるので覚えておいてください。

前職(現職)批判は落とされる可能性大

前職(現職)に不満があって転職する人は多いです。

面接では馬鹿正直に話してはいけないということは鉄則中の鉄則ですが、前職批判に繋がるような内容を話することは絶対にやめましょう。

前職批判をするということは企業批判、経営批判をしているということになります。

前職批判をすると面接官から、「あなたは、不満に対してどのような対応をしましたか?」と質問されることがほとんどです。

そうなると、ドツボにはまってしまい、どんどん自分がイメージする面接とは違う方向に進み、答えに詰まります。

こうなると求職者はじり貧状態になってしまい、面接で失敗してしまうのです。

業務量が多いという理由は面接では禁句

転職の面接で、業務量が多いという話は絶対にやめましょう。

特にベンチャー企業の面接では禁句のなかの禁句と思ってください。

ベンチャー企業ではなるべく少ない人員のなかで多くの仕事量をこなし、他社よりも優位性を持ちたいと考えます。

その考えがあるなかで、前職や前職の業務量が多いという理由を話すと、その段階で「この求職者は、たぶん、業務量が少ない企業が良いのだな」と思われてしまい見送りになる可能性が高いです。

転職で成功したいなら、残業などの業務を理由に転職したいといってはいけません。

上司と相性が合わないと適性を疑われる

自分が所属する部署の上司と相性が合わないという理由も、転職の面接で絶対に言ってはいけません。

どの企業でも組織で運営されていますし、部下は上司を選ぶことはできません。

面接している面接官は上司になることが多ので、求職者を採用した後に、面接官は自分と求職者の上司部下の関係をイメージし、「この求職者は部下として扱いにくい」と思ってしまいます。

転職では、こうした人間関係の理由で転職したいと面接で言ってはいけません。

評価されない、給料が安いは企業が嫌う転職理由

転職をするなら、少しでも高い給料が欲しいですよね。

ですが、給料の話(特に安い)は不採用の原因になるので絶対にやめましょう。

給料は、企業で実際に働いて成果の見返で受けるもので、転職前にも関わらず現職以上の給料を希望する求職者に対して良い印象を持つことはありません。

「無難に現状維持ができれば希望です」ぐらいにとどめておけば、内定時に考慮されることもあります。

うつ病などの精神疾患歴は言ってはいけない

転職の面接で絶対に自分から言ってはいけないことは、うつ病などの精神疾患歴です。

うつ病になると、社会的に完全治癒と評価されるのは5年と言われていて、再発の恐れがある人材を企業は嫌います。

また、うつ病による休職は健康保険の傷病手当金対象になりますから企業としては労務リスクになります。

隠すことは不要ですが、聞かれない限り自ら求職理由がうつ病であることは言わない方が良いです。

求職者もうつ病になりたくてなった訳ではないでしょうが、企業もリハビリ機関ではないです敬遠する傾向にあります。

スポンサードリンク

転職の面接で「質問はありません」を言ってはいけない理由

面接の最後に「質問ありますか?」に対して、「特にありません」で終わってしまう方も多いのではないでしょうか。

もし求職者が「特にありません」と答えた場合、面接官は心の中で「この求職者はこの短い時間で、自分の人生を左右するかもしれない企業選びができたのか?」と思います。

また、二次面接以降で「質問はありません」で終わってしまっても、求職者にとってはかなり損になります。

確かに質問がないという理由も分かります。

仮に質問がなかったとしたら、同じ質問をこのように聞きましょう。

「一次面接でも同じ質問をしているのですが、もう少し具体的に教えて頂けないでしょうか?」

この質問の仕方で十分通じます。

同じ質問でも詳細まで教えて欲しいという意思を伝えることで同じ質問ではなくなるからです。

転職の面接で緊張するのは当然のことと理解してください

人生がかかっている転職なので、面接で不安になったり緊張するのは当然です。

ですが、どの企業の面接であっても、「失敗したからもう1回」という甘い対応はしてくれません。

面接ではキャリアがあっても、緊張が強く普段のコミュニケーション能力を発揮することができず、見送りになってしまうことも多いです。

では緊張せずに面接をするにはどうすればいいのか、それは無料の転職サイトを利用することです。

転職サイトやエージェントの面接対策では、業界や職種、企業に合わせた練習をすることができます。

面接前に事前対策をすることができれば、面接官の質問に対応することができます。

転職サイトでは、企業ごとの面接対策をデータベースにまとめています。

転職サイトのキャリアアドバイザーは、面接前に必ずこのデータベースをもとに「事前準備」として面接情報を伝えます。

この情報により、求職者は自分で企業を調べなくても考えなくても事前準備をすることができるのです。

キャリアコンサルタントとして長年転職支援をしていますが、転職サイトの面接対策で採用率は大幅にアップします。

好条件の求人を紹介してもらえる転職支援サービス

転職を考えているなら、ミイダスで自分の市場価値を調べましょう。

自分の市場価値がわかったら、転職支援サービスを利用しましょう。

無料で登録でき全国対応で好条件の求人を取り扱っている『リクルートエージェント』は間違いなく登録しておくべきです。

  1. 登録~転職まで完全無料(アフターフォローあり)
  2. 国内トップクラスの求人数
  3. ハローワークにはない好条件の求人を紹介
  4. 履歴書・職務経歴書・面接を完全サポート
  5. 給料や入社時期の交渉
  6. 退職交渉のサポート

転職するまでの流れを、専任のキャリアアドバイザーが全て無料で丁寧に転職支援してくれます。

またブラック企業対策もしているので、豊富なノウハウであなたに最適な企業を紹介してくれます。

リクルートエージェントに登録する >>

リクルートエージェントの口コミ

求人の量が豊富 

圧倒的な求人の量には驚きました。 担当が常にメールで求人情報を教えてくれるので、転職の選択を広げるのに役立ちました。 異業種への転職も考えていたので、様々な業種・職種を紹介してもらえたのはとても参考になりました。 最終的に異業種に同職種で転職し、仕事内容にも満足・収入アップを実現することができました。

サポートが丁寧 

他の転職サイトと比べても大企業だけでなく、中小優良企業も掲載があり、条件の合う求人を探しやすかったです。 また担当のアドバイザーが丁寧にサポートしてくれたので、求人の詳しい情報もわかりやすかったです。 別の転職サイトでは、それほど求人を紹介してもらえなかった状況で、これだけ求人を提示してくれたのは本当に助かりました。 国内最大級の転職エージェントだけあって、転職後のフォローまでしてくれたのは他にない良い点です。

書類・面接対策が万全 

面接や書類のサポートがとにかく充実していました。 職務経歴書で人事の興味を引き、面接の質問を自分の得意な内容に持っていくやり方は、実践で役立ったテクニックでした。 担当が教えてくれたテクニックで、見事に転職成功できました!

転職初めての人にお勧め 

大手で安心感があったので利用しました。 実際に、利用した印象としては口コミ評価通りでキャリアアドバイザーの方が丁寧で、転職をしっかりとサポートしてくれました。 初めて転職エージェントを利用される方で、絶対に転職を成功させたい方にとてもおすすめです。

今は企業も転職にネガティブなイメージはなく、転職理由に一貫性があれきちんと評価してくれます。

たとえネガティブな理由で転職するにしても、転職支援サービスを利用すれば採用率を上げることができます。

・転職活動がはじめて
・書類作成や面接に不安がある
・ブラック企業の求人を回避したい
・仕事をしながら転職したい
・給料を上げたい
・円満退職したい
・キャリアアップしたい

リクルートエージェントは、こうした転職の悩みを持った人におすすめです。

リクルートエージェント
▲完全無料で転職支援!▲

スポンサードリンク