社内SEはスキルがあってもIT業界未経験では転職できない!キャリアコンサルタントが教える採用の条件

スポンサーリンク

IT業界で働きたいエンジニアに人気の職種に社内SEがあります。

未経験者からエンジニアを目指す新卒のアンケートでも、社内SEになりたい割合はかなり高いです。

IT業界が激務なのは、SES(派遣)で忙しい現場に配属されることが一つの理由になっているのは間違いありません。

派遣の心配がなければ、自社で悠々自適にシステム開発ができると思っている方も多いのではないでしょうか。

実際のところ社内SEは勤務時間が安定していることも多く、激務のイメージのIT業界の中でも安定して働いている人が多いです。

ですが未経験で社内SEになれるかについては、条件をクリアする必要があるので注意してください。

今回は、未経験で社内SEになる転職方法と社内SEの仕事内容について現役社内SEのエンジニアとキャリアコンサルタントが説明するので参考にして下さい。

スポンサーリンク

社内SEは未経験でも転職できるのか

社内SEはIT業界でも人気職種の一つで、未経験でIT業界を目指し社内SEになりたいという人もかなり多いです。

社内SEの求人は転職市場に数多く存在しますが、未経験者の場合はどうなるのでしょうか。

結論から言いますと、社内SEはスキルによっては狭き門であり、広き門です。

IT業界未経験の求人は少ない

まずIT業界未経験の転職で社内SEになれるのかですが、正直に言うと求人数はかなり少ないです。

企業にとっても重要な自社のシステムを任せるので、経験者を優遇する傾向にあります。

企業によっては新卒や未経験の募集をするところもありますが、採用枠が狭くかなり厳しいと覚悟しておく必要があります。

ですが全く求人がないわけではないので、転職エージェントなどを上手く利用すれば社内SEとして働くチャンスはあります。

そういったチャンスをものにするためには、IT業界のスキルなどを事前に習得しておくことが重要です。

IT業界経験者で社内SE未経験なら転職のチャンスは多い

社内SEを募集している企業のほとんどは、IT業界経験者を希望しています。

自社開発の経験がないが、プログラミングスキルがあるなどの人材は採用されやすい傾向にあります。

当然ですがスキルが高い人材ほど、面接の通過率が高くなります。

ただ気をつけたいのは、社内SEは人気職種のためライバルが多く転職のタイミングを逃すとなかなか見つからないことを覚えておいてください。

社内SEは人事異動が決まる前の時期に転職すべき

補足ですが、社内SEを目指すなら、企業の人事異動が決まる前に応募することが重要です。

これは未経験でもエンジニア経験がある人も同じです。

ちなみに人事異動は、3月と9月に行う企業が多いですが、特に決まりはないので常に起こる可能性があります。

人事異動は、自分で希望する場合と企業側から通達される場合の2つのパターンがあります。

いずれにしても、社内SEは人事異動の対象になりやすいポジションと言われています。

転職市場に社内SEの求人を出すのと同じ時期に人事異動を進める企業も多く、人事異動の決着の方が早い場合は、採用充足しなくても求人をクローズします。

そのため求職者の方は社内SEで転職を希望する場合、人事異動との戦いもあることを覚えておいてください。

悠長に転職活動をするのではなく、人事異動が決着する前に選考の結果が出るようにスピード感を持って転職活動をしてください。

実際にあったことですが、社内SEの選考が進んでいた状態だった求職者が、人事異動で社内SEが決まったことにより求人がクローズとなり見送りになった例もありました。

この場合、企業は選考途中でも平気で選考を終了し、選考中だった求職者の方には「社内状況が変わったため採用活動自体を見直す」という理由で打ち切られてしまいます。

社内SEを目指すなら身につけておきたいスキル

社内SEとして転職するために必要なスキルは大きく分けると2つあります。

  • コミュニケーション能力
  • テクニカルスキル

この2つのスキルは、経験者でも未経験者でも必要なものになります。

コミュニケーション能力

社内SEとして必要なスキルのまず1つ目はコミュニケーション能力です。

職種名にSEとありますので、イメージとしてPCに向かって黙々と業務を行い、基本的に人と会話することはないのでは?と思う方も多いでしょう。

実際に社内SEの経験がある方は「いやいや、そんなことはない」と同調して頂けるものと思いますが、社内SEは、社内の社員とコミュニケーションを図ることが非常に多いです。

企業の規模によっては下請け会社に依頼もあるので、社外の社員の方ともコミュニケーションをする必要もあるでしょう。

ヘルプデスクの場合は、内線などで呼び出しがあり、呼び出した社員のデスクに自分が出向き、そのPCを操作しながらトラブルを解消するという動きになります。

社内SEを目指すのであれば、まずコミュニケーション能力でアピールすることが重要になります。

実際に合った話ですが、全くの未経験でもコミュニケーション能力が極端に高い人材なら採用されることがあります。

テクニカルスキル

次にテクニカルスキルも当然に必要です。

良く求職者の方が転職エージェントなどに相談しますが、コミュニケーションスキルとテクニカルスキルのどっちが優先順位が高いかと質問しますが、その答えは両方です。

どちらも外せない必要スキルで、転職にはどちらも必要になります。

未経験はただでさえ選考で不利になるので、IT系の資格を取得しておくことをおすすめします。

同じ求人に応募するライバルは、経験者やIT系の資格を持っていることが多いので、少しでも選考で評価されるように資格を持っていた方がいいでしょう。

経験者の場合は、職務経歴などをきちんと説明できればテクニカルスキルは問題ありません。

経験者の場合、社内SEが未経験でも不利にならないので、心配せずアピールポイントをしっかりと伝えましょう。

IT業界未経験は知識を身に着けておこう

IT業界が未経験の場合、スキルの差はどうしようもありません。

実務経験がないのは社内SEとしては厳しいですが、それでもIT知識があれば採用の可能性を広げることができます。

ただし独学などではアピールポイントが弱くなります。

自分で作ったシステムなどを紹介する方法もありますが、第3者の言葉などに比べると説得力に欠けます。

※凄いシステムを作ったからといって、社内SEとしての適性があることにはならないからです。

むしろプログラミングスクールなどで、ITの知識を学んで推薦してもらう方法が現実的です。

今のプログラミングスクールは、就職・転職サポートが充実していて、卒業後に社内SEとして働いている事例もあります。

全くのIT未経験でも、スクールの講師などの推薦があれば企業側も安心して採用に踏み切ってくれる可能性も上がります。。

参考:未経験からプログラマーになれるおすすめのプログラミングスクール

企業が社内SEの選考で求職者を評価ポイント

転職で大事なことは、企業が望むスキルを求職者が持っているかになります。

転職で必要なスキル=企業が評価するポイントになります。

重複してしまいますが、社内SEとして企業が評価するポイントは、コミュニケーション能力とテクニカルスキルです。

IT業界未経験の場合は、テクニカルスキルで不利になるので、それ以上のコミュニケーション能力が企業の評価ポイントになります。

経験者の場合は、きちんと面接で質問されたことを答えられるかが合否の分かれ目になります。

ちょっとしたポイントなのですが、プログラマーの方などは声が小さい方が多いですが、ハキハキと話しをするだけで印象が良くなるので心がけて下さい。

企業によっては、しっかりとしたヒアリング能力と解決力を持っているかどうかを簡単なテストをして面接内で判断することもあります。

コミュニケーション能力を勘違いする求職者の方もいますが、流暢に話せればコミュニケーション能力が高いという訳でもないですし、言葉に詰まることがあればコミュニケーション能力低いということでもないです。

あくまで問題解決のためのヒアリング力と解決力になるので、面接官の質問の意図をしっかりと読み取ることが大事になります。

社内SEの求人はエンジニア経験者のライバルが多い

IT系の転職市場では有名なのですが、エンジニア職で転職に苦戦している人は滑り止めで社内SEの求人にも応募しています。

プログラミングや設計の経験があるのは当然ですが、社内SE未経験の方でもSE経験がある求職者はコミュニケーション能力もあります。

こうしたライバルに打ち勝たなければ、社内SEとして採用されません。

では同じようなスキルの求職者が多い場合、企業はどこで判断するのでしょうか。

企業が判断できる材料は、

  • 履歴書・職務経歴書
  • 面接

の2つしかありません。

テストを実施する企業もありますが、基本的には上記の2つが判断材料になります。

せっかくキャリアがある人でも、履歴書や職務経歴書の書き方が悪く、面接まで行けないこともあります。

また面接の対策ができていないため、企業側が使えないと判断して不採用となるケースもあります。

せっかくITのスキルがあるのに、勿体ない理由で通過できない求職者も多いのです。

実力が伯仲しているライバルが多い求人の場合、通過率を上げるためには一つ一つの転職活動の質を上げる必要があります。

ではどうすれば良いのか。

キャリアコンサルタントとしては、転職エージェントを利用した転職活動をすることが必須と考えています。

社内SEを狙うなら転職エージェントで差別化を図りましょう

社内SEの転職を目指すならば、ライバルとの差別化ができないと転職成功は難しいです。

転職エージェントを利用することで、あなたの強みを引き出してくれます。

履歴書・職務経歴書の作り方や、面接でのアピールポイントなど、転職のノウハウを徹底的に教えてもらえるメリットがあります。

ただし最近は転職エージェントが一般的になったので、当然ながらライバルも転職エージェントを利用している可能性が高いです。

そこで更に差別化するために、社内SEに特化した転職エージェントを利用することをおすすめします。

社内SEとして転職したいのであれば、名は体を表すではないですが、「社内SE転職ナビ」が圧倒的に強いです。

完全に社内SEに特化している中小規模の転職エージェントになるのですが、転職エージェント名に社内SEという職種名を使っているだけあって社内SEの求人は非常に豊富です。

しかも非公開求人や独占求人も多数持っているので、転職サイトやハローワークにはない良い求人を紹介してもらうことができます。

なかには経営者と社内SEナビのキャリアアドバイザーが親しい関係にあり、経営者から直接依頼がある求人もあります。

そうなると選考フローで有利になり、採用率がグンっと上がることが期待できます。。

社内SE転職ナビを利用すれば、書類選考はパスでいきなり最終面接ということもあり得ます。

ただ社内SE転職ナビは中小規模の転職エージェントになるので、求人数の面では大手転職エージェントには適いません。

転職は良い求人をいかに見つけるかも重要になるので、大手の転職エージェントと社内SE転職ナビの2つを併用しましょう。

社内SEは競争率が高い職種ですが、転職エージェントを利用することでIT経験者であれば採用率を上げることができます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました