完全週休2日制と週休2日制の違い!キャリアコンサルタントが教える失敗しない転職活動

完全週休2日制と週休2日制は、表現が似ているので間違えてしまう方もたくさんいます。

あいまいな表現をよく理解しないまま転職してしまうと、思っていたほど休みがなかったと後悔してしまいます。

キャリアコンサルタントとして、求職者の方が勘違いしやすい完全週休2日制と週休2日制について説明したいと思います。

スポンサードリンク

完全週休2日制と週休2日制の違いとは

完全週休2日制と週休2日制は、転職業界で働いていないと勘違いしても仕方ない言葉だと思います。

週休2日なんだから、毎週2回は休みがあると思って当然ですよね。

たしかに完全週休2日制と週休2日制、言葉は似ていますが、全く違う制度なので気をつけて下さい。

週休2日制とは

週休2日制は、1ヶ月の間に週2日の休みがある週が1度以上あることを意味します。

つまり1週目に2日休みがあれば、残りは企業側次第で休みが変わるのです。

週休2日制は、必ず週2回の休みがあるというわけではなく、残りの週の休みは週1日でも法律上は問題ないのです。

完全週休2日制とは

完全週休2日制は、毎週必ず2日間の休みがある制度を意味します

週休2日制と違い、休みは保証されているのですが注意点があります。

完全週休2日制で失敗する求職者も多いです

完全週休2日制の企業に転職して、失敗する求職者が実は多いです。

完全週休2日制は必ず土日休みという意味ではないことを覚えておいてください。

これは面接時の確認不足もあるのですが、転職後に「聞いてなかった」とクレームをする方もかなり多いです。

1週間に2日の休みは保証されていますが、休みの曜日は企業が定めた日になるのです。

例えば、サービス業などは土日が繁忙のため、火水の2日などで設定していることもあります。

また水曜日と日曜日など、連続で休みにならないケースもあります。

こうした失敗を防ぐためには、求人情報欄をしっかりと確認しましょう。

「完全週休2日制・土日祝休み」などのように、休みについて明記されていない場合は面接時などに聞いておかないと転職に失敗してしまいます。

転職の失敗を防ぐためには転職エージェントを活用しましょう

キャリアコンサルタントとして、転職のトラブルで相談を受けることに「休日」が思っていたのと違かったということがあります。

完全週休2日制でも、きちんと曜日を明記していない求人も多く、確認することが重要になります。

ですが転職の面接で休みについて聞くのは、気が引けるという方も多いのではないでしょうか。

その気持ちは当然のことで、そういった方には転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントは膨大な量の企業情報を持っていますし、休みなどの求職者が聞きにくい情報の確認や給料の交渉もしてくれます。

また転職エージェントはブラック企業対策もしていますし、豊富なノウハウであなたに最適な企業を紹介してくれます。

もし、あなたが20代~30代であれば、若手の転職に強いマイナビは求人の質が高く実績も豊富のおすすめのエージェントになります。

プロのキャリアアドバイザーがヒアリングを行い、あなたの希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

▲完全無料・登録は簡単1分▲
#NAME?

マイナビAGENT

 

また国内最大手のDODAも、20代~40代までの求人に強いおすすめの転職エージェントになります。

キャリアコンサルタントの営業力が高いDODAは、豊富なネットワークを駆使して質の高い企業を紹介してくれます。

▲完全無料・国内最大の求人数▲
転職サイトはdoda

dodaエージェントサービス

 

どちらも無料で使える転職エージェントで、登録後にキャリアアドバイザーの方から転職支援を受けることができます。

キャリアアドバイザーを通して転職することで、不安となる給料の問題や仕事内容のミスマッチを防ぐことができます。

もしすぐに転職するつもりがないのであれば、キャリアアドバイザーにその旨を伝えればプッシュされることはないので安心してください。

本当におすすめできる転職エージェント

どの転職エージェントを使えばいいのか?という点ですが、まずは大手3社を押さえておくのが一番です。

どの転職エージェントも求人数が10万件近いレベルで、他のエージェントに比べて飛びぬけています。

おすすめの理由としてはホワイト企業が多く、大手企業の関連会社など安定した優良求人を抱えているからです。

企業が転職エージェントを利用するにはお金がかかるため、財政的に安定した会社しか利用できません。

また、エージェントを利用するためには審査がありますし、広告コストもそれなりにかかります。

それだけの投資をしても人材を採りたい!という会社の多くは、待遇が手厚く、長期的なキャリアを持って育ててくれます。

もちろん即戦力を歓迎している会社もあり、年収アップの転職にも対応しています。

一方、ハローワークや求人雑誌などは、広告コストが安く(ハローワークは無料)質の低い求人も多いです。

安く人材を雇って使い叩こうというブラック企業もあるため、転職失敗のリスクがありおすすめできません。

転職エージェントでは、そういったブラックな求人が少ないため、優良求人を安心して探すことができます。

さらに、転職エージェントが優良求人の中から、あなたのキャリアにあった求人を選んでくれます。

求人選びにかかる時間的コストは大きいですから、そこを大幅に省略出来るのは求職者にとって大きなメリットになります。

大手3社は求人の選択肢が豊富で、かつエージェントが良い求人を厳選してくれます。

現職の不満点をしっかり伝えることで満足のいく求人に出会える確率が高くなりますよ。

ただし、エージェント大手といっても担当者の性格や質は人それぞれです。

もし担当者と意見がマッチしない、どうも信用出来ない…と感じたら、別のエージェントを利用してあなたにあった担当者を見つけるようにしましょう。

転職エージェントはプロですが、だからといって全てのエージェントがあなたに合う、あなたを理解してくれるとは限りません。

大切なのは、転職支援のサービスを上手に利用することです。

「なんか、転職活動が上手くいかないな・・・」と思ったら、別のサービスに切り替えましょう。

担当アドバイザーと相性が悪いから別のエージェントにしたら、転職活動がスムーズに成功したといった体験談もありました。

このような口コミも多く、キャリアコンサルタントとして一番おすすめの選択は、大手3社から1社、自分に合うアドバイザーを探す方法です。

まずは1社登録をして、キャリアアドバイザーとの相性を見極めます。そこで相性が悪ければ、他のエージェントに切り替えましょう。

転職エージェントは登録後、電話あるいはメールで連絡が来るので、面談日を決めてキャリアカウンセリングをして、そこから求人のオファー&応募という形になります。

何度かやり取りをしていると、担当アドバイザーの性格がわかります。

担当アドバイザーが信頼できると感じたら、転職エージェントに全て任せましょう。

一度登録してしまえば、あとは書類を作る手間なく転職活動が出来るので、上手に利用して転職を効率的に進めることをオススメします。

  1. dodaエージェントサービス
    求人数と転職支援の質は転職エージェントの中でもNo.1。転職で必ず登録しておきたい転職エージェント。
  2. マイナビAGENT
    丁寧な転職支援で口コミ評価が高い。20代から30代におすすめのイチオシの転職エージェント
  3. リクルートエージェント
    営業力が強く転職支援の質が評価されているおすすめの転職エージェント。未経験の転職にもおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク