手取り15万で転職しない人は勇気を持つべき!キャリアコンサルタントが手取り15万の将来のリスク

手取り15万は転職したほうが良い給料になるのか?

キャリアコンサルタントとして転職で給料の話が良く出ますが、手取り15万の求職者はそこまで多くありません。

転職を考える理由に「給料が低い」があるのに、この層の求職者があまりいないのに疑問を感じることもありました。

これについては一つの仮説があるので、後ほど説明したいと思います。

転職市場には手取り15万になる求人はありますが、正社員なら将来を考えて転職に踏み切っても良いでしょう。

憶測もあるので確かなことは言えませんが、この手取りだと将来的に考えても生活レベルが改善するとは思えないからです。

今回はキャリアコンサルタントとして、手取り15万の求職者相談についてと、転職する場合の注意点について解説したいと思います。

スポンサードリンク

手取り15万の求職者が少ない理由

冒頭でも説明した通り、転職理由として多いものに「給料が低い」があります。

仕事をするということは生活のためでもあり、給料が少ないと生活レベルが下がるので転職を考えるのは当然のことになります。

お金が全てではないという考えもありますが、転職市場では給料アップは大事な要素になります。

ですが手取り15万で転職したいという求職者は、実はあまり多くありません。

20代や30代でも手取り15万の人はいると思うのですが、どうしてなのでしょうか。

理由として思いついたことは、手取り15万の方は「転職サイト」や「ハローワーク」を中心とした転職活動をしているからかもしれません。

昔、「転職エージェントを利用する人のイメージとして、キャリアアップを目指す人が多いと思っていました」と求職者に相談されたことがありました。

こうしたイメージのせいで、手取り15万の求職者からは、転職エージェントは敷居が高いと思われているのかもしれません。

正直申し上げますと、転職サイトやハローワークは気軽に転職活動ができます。

自分で気になる案件を応募できますし、キャリアアドバイザーとの面接もないので、自分のペースで転職活動ができるメリットがあります。

ですが、年収をアップしたいという理由で転職をするならば、転職エージェントも検討してほしいと思います。

手取り15万はブラック企業になるのか

キャリアコンサルタントとして、普段からブラック企業の話題にもアンテナを張っています。

ブラック企業の特徴として「給料が不当に低い」ことがあります。

正直な話、手取り15万がブラック企業かどうかは判断が難しいところです。

派遣社員などであれば、手取り15万でもホワイトな企業もありますし、中小企業の事務職なども手取り15万は普通にあります。

はっきりと手取り15万はブラック企業とは言い切れませんが、あまり良い環境とは言えないでしょう。

昔に比べて今は税金も上がっていますし、将来の保障も昔ほど良くありません。

手取りが15万ならば、間違いなく生活レベルはかなり苦しいでしょうし、税金が上がる将来の生活は更に厳しくなるでしょう。

正直なところ、今の日本の税率などを考えると、手取り15万はブラック企業といってもいいのかも知れません。

スポンサードリンク

正社員で手取り15万だと年収アップは期待できない

もし正社員で手取り15万だとしたら、将来のことをしっかりと計画したほうが良いでしょう。

その理由として、このレベルの給料は将来的に安泰となる年収になる可能性が薄いからです。

年収テーブルは基本給がベースになるため、手取り15万では基本給が低いため将来の年収も高くならない可能性が高いです。

仮にボーナスで調整するとしても、その年の売上次第で変わるので、安定して高いボーナスをもらえることはほどんどないと考えて良いでしょう。

しかも年収の低い企業ほど、昇給率も低く年に3000円も昇給しないことも普通にあります。

正社員でこういった企業に勤めているのであれば、危機感を持った方がいいでしょう。

将来の年金問題や、退職金(手取り15万の企業の退職金は期待できません)を考えても、かなり不安が残るからです。

キャリアコンサルタントとして、正社員の手取り15万は給料としては最低ラインのレベルになるので、転職を考えたほうが良いと断言できます。

派遣の手取り15万が妥当な金額ではない理由

正社員に関しては、手取り15万なら即転職を考えるべきと言えます。

では派遣社員なら手取り15万でも良いのかと言うと、あまり好条件とは言えません。

派遣社員の給料について見てみると、1日8時間20日勤務として以下の表のようになります。

時給 月収 手取り
1,000円 16万 12~13万
1,100円 17.6万 13~14万
1,200円 19.2万 15~16万
1,300円 20.8万 16~17万
1,400円 22.4万 17~18万
1,500円 24万 18~19万
1,600円 25.6万 19~20万
1,700円 27.2万 21~22万
1,800円 28.8万 22~23万
1,900円 30.4万 23~24万
2,000円 32万 24~25万

手取り15万だと、時給1200円の計算になります。

1200円の時給が高いかと言うと、割の良いアルバイトと同じレベルになります。

派遣として契約しているなら、この金額で満足という人もいるでしょう。

ですが東京都の事務職などの平均は時給1500円と言われていて、手取り15万よりも好条件の派遣も多いです

派遣で手取り15万なら妥当と思わず、もう少し良い条件の契約を探すことも検討してみるべきでしょう。

将来に備えることを考えると、給料は高いに越したことはありません。

手取り15万で転職せずに40代になると最悪

20代で手取り15万のままで転職せずに、1つの会社で働いて40代になっている人も少なくありません。

人生は人それぞれですが、正直なところ20代で手取り15万だと30代や40代になっても手取りはよくて25万ていどにしかなりません。

この水準の企業は、年間の昇給率が低く、せいぜい5000円上がればいい方だからです。

手取り15万の人の昇給が年5000円と考えると、20年働いても10万しか上がりません。

そうなると40代で、手取り25万程度(実際にはもっと低い)にしかなりません。

地方でお金を使わない暮らしなら良いですが、普通に考えると生活すら厳しい水準です。

このまま働いていても、良いことはないので一度、本気で転職を考えるべきだと言えます。

ただ最悪なことに、手取り15万の人は転職活動で失敗してしまう可能性が高いです。

手取り15万は転職失敗しやすい!キャリアコンサルタントが教える年収が低い人が失敗する理由

冒頭で説明しましたが、手取り15万の転職方法は「転職サイト」と「ハローワーク」が中心と考えられます。

転職エージェントを利用する人もいますが、まだその数が少ないです。

この層の人が転職する時に気をつけるべきことは、少し良い条件の求人だと即転職してしまうことです。

転職サイトやハローワークでも、手取り15万より良い条件の求人はたくさんあるので転職で年収アップはできるでしょう。

ただ年収が良くなっても、企業の環境が悪かったり、最悪ブラック企業に入社したら転職失敗になります。

キャリアコンサルタントとして感じているのですが、今よりも良い条件だからと、安易に転職をして失敗する人が多いので気をつけてほしいです。

参考:転職で妥協してはいけない理由!キャリアコンサルタントが教える後悔しない転職方法

転職活動は精神的にも辛いので、少し良い条件などを提示されると妥協して転職する人もたくさんいます。

給料は転職で大事なことですが、転職成功は企業の社風や将来性など、他にも大事なことはたくさんあります。

ブラック企業のような条件の悪い企業に転職すると、すぐに辞めたいという気持ちになり転職を繰り返すことになります。

参考:ブラック企業の見分け方!面接の手口をキャリアコンサルタントが教えます

面倒と感じるかも知れませんが、転職をするなら転職エージェントに相談することをおすすめします。

手取り15万をアップさせる求人だけではなく、あなたのキャリアも考慮した最適な企業を紹介してくれます。

本当におすすめできる転職エージェント

どの転職エージェントを使えばいいのか?という点ですが、まずは大手3社を押さえておくのが一番です。

どの転職エージェントも求人数が10万件近いレベルで、他のエージェントに比べて飛びぬけています。

おすすめの理由としてはホワイト企業が多く、大手企業の関連会社など安定した優良求人を抱えているからです。

企業が転職エージェントを利用するにはお金がかかるため、財政的に安定した会社しか利用できません。

また、エージェントを利用するためには審査がありますし、広告コストもそれなりにかかります。

それだけの投資をしても人材を採りたい!という会社の多くは、待遇が手厚く、長期的なキャリアを持って育ててくれます。

もちろん即戦力を歓迎している会社もあり、年収アップの転職にも対応しています。

一方、ハローワークや求人雑誌などは、広告コストが安く(ハローワークは無料)質の低い求人も多いです。

安く人材を雇って使い叩こうというブラック企業もあるため、転職失敗のリスクがありおすすめできません。

転職エージェントでは、そういったブラックな求人が少ないため、優良求人を安心して探すことができます。

さらに、転職エージェントが優良求人の中から、あなたのキャリアにあった求人を選んでくれます。

求人選びにかかる時間的コストは大きいですから、そこを大幅に省略出来るのは求職者にとって大きなメリットになります。

大手3社は求人の選択肢が豊富で、かつエージェントが良い求人を厳選してくれます。

現職の不満点をしっかり伝えることで満足のいく求人に出会える確率が高くなりますよ。

ただし、エージェント大手といっても担当者の性格や質は人それぞれです。

もし担当者と意見がマッチしない、どうも信用出来ない…と感じたら、別のエージェントを利用してあなたにあった担当者を見つけるようにしましょう。

転職エージェントはプロですが、だからといって全てのエージェントがあなたに合う、あなたを理解してくれるとは限りません。

大切なのは、転職支援のサービスを上手に利用することです。

「なんか、転職活動が上手くいかないな・・・」と思ったら、別のサービスに切り替えましょう。

担当アドバイザーと相性が悪いから別のエージェントにしたら、転職活動がスムーズに成功したといった体験談もありました。

このような口コミも多く、キャリアコンサルタントとして一番おすすめの選択は、大手3社から1社、自分に合うアドバイザーを探す方法です。

まずは1社登録をして、キャリアアドバイザーとの相性を見極めます。そこで相性が悪ければ、他のエージェントに切り替えましょう。

転職エージェントは登録後、電話あるいはメールで連絡が来るので、面談日を決めてキャリアカウンセリングをして、そこから求人のオファー&応募という形になります。

何度かやり取りをしていると、担当アドバイザーの性格がわかります。

担当アドバイザーが信頼できると感じたら、転職エージェントに全て任せましょう。

一度登録してしまえば、あとは書類を作る手間なく転職活動が出来るので、上手に利用して転職を効率的に進めることをオススメします。

  1. dodaエージェントサービス
    求人数と転職支援の質は転職エージェントの中でもNo.1。転職で必ず登録しておきたい転職エージェント。
  2. マイナビAGENT
    丁寧な転職支援で口コミ評価が高い。20代から30代におすすめのイチオシの転職エージェント
  3. リクルートエージェント
    営業力が強く転職支援の質が評価されているおすすめの転職エージェント。未経験の転職にもおすすめ!

スポンサードリンク