手取り18万ってブラック企業?実際に生活できるのか検証します

手取り18万は給料としては満足できる額とは言えません。

実は中小企業に多い傾向なのですが、手取り18万から給与がほとんど上がらないから転職したいという人も増えています。

20代~30代で手取り18万から昇給額が少ないならば、すぐに転職を考えてもいいレベルです。

今回はキャリアコンサルタントとして、手取り18万が転職する場合の注意点について解説したいと思います。

スポンサードリンク

手取り18万はブラック企業の可能性もあります

新卒などで手取り18万であれば、世間一般では普通の給料と言えます。

大手ですら初任給で手取り18万の会社は多く、新卒に関してはこの給料なら納得して頂きたい金額です。

問題はその後の昇給率で、ブラック企業の場合、手取り18万からほとんど上がりません。

特に注意して欲しいのが3年目で、昇給が1万もいかなければブラック企業の可能性があることを覚えておきましょう。

中途採用で転職する人なども、未経験だから手取り18万で妥協することがありますが、これで失敗します。

大事なことは昇給率で、将来的に昇給が少ないほど生活が苦しくなることを覚えておいてください。

優良企業で働きたいなら登録すべき転職サイト

転職ではブラック企業に応募して失敗する人が多いです。

知らずに転職して、「こんな話、聞いてなかった…」となるケースもあります。

転職で失敗をしないためにも、転職サイトに登録して転職活動を行いましょう。

今すぐ転職する意思がなくても、転職サイトに登録しておくことで求人のチェックや相談など良い情報を見つけられる可能性が上がるからです。

転職活動はタイミングも大事で、すぐ転職する気はなかったけど、良い求人がたまたま見つかって転職したケースも多いです。

自分の市場価値が分かる転職支援サービス

現在、転職活動中の方や、転職を検討している方は、自分の市場価値を調べてください。

市場価値は、『ミイダス』で調べることが出来ます。

無料使えて、いくつかの質問に答えると、あなたの年収や紹介できる求人のレベルがわかります。

転職では必ず年収の提示があるので、自分の市場価値がわかれば、その年収が妥当かの判断材料になります。

また条件にあったオファーが届くこともあるので、転職でどんな求人がマッチしているかの参考にもなります。

自分の市場価値がわかったら、無料の転職エージェントを活用して転職活動を行いましょう。

転職エージェントを利用することで、転職経験が少ない方や、ちょっと自分の市場価値より上の企業でも転職を成功させることができるからです。

・ホワイト企業を紹介してもらえる
・履歴書・職務経歴書作成を徹底支援
・企業ごとの面接対策
・給料アップの交渉
・好条件の非公開求人を紹介
・退職のフォロー

転職エージェントは、こうした求職者が転職で悩むポイントを、完全無料で支援してくれます。

また、転職エージェントは非公開求人を持っていて、ハローワークにはない好条件の求人を紹介してもらえます。

転職エージェントの中でも『リクルートエージェント』は、好条件の求人数が多く転職成功アップに繋がるので登録しておいて間違いないです。

リクルートエージェントに登録すると転職サイトの『リクナビNEXT』も使えます。

今すぐ転職する気がなくても、どんな求人があるかチェックできるので役立ちます。

リクナビNEXTは、「履歴書」と「職務経歴書」を無料で作成できたり、「スカウト機能」であなたの希望に合った求人を最優先に紹介してくれる機能もあります。

リクルートエージェントを利用すれば、専任のキャリアアドバイサーが求人探しから書類作成・面接まで、転職活動の一連の流れを全て無料でサポートしてくれます。

また、ブラック企業対策もしているので、労働基準法に違反するような企業に入るリスクもなくなります。

求職者が知らないことも無料でサポートしてくれるので、転職成功のために活用してください。

リクルートエージェントに登録する

良い求人を逃さないように転職サイトに登録して随時チェックしておくと、転職を成功させることができます。

また紹介した転職サイトにはアドバイザーがいて、相談すれば企業の情報(その企業がブラックかなど)を教えてくれます。

求職者には見えない情報もしっかりと教えてくれるので、転職成功のために活用してください。

手取り18万の年収はどの位

手取り18万円ということは、支給額は22万円程度です。

それが12ヶ月もらえるので、264万円が純粋な年収となります。しかし、賞与によって年収に開きが出てきます。

求人情報に必ず記載があるので、チェックしなければなりません。賞与が年2回、何ヶ月分出るかで開きが大きくなります。

一般的には4ヶ月つまり、夏のボーナスは月収の2ヶ月分・冬のボーナスも月収の2ヶ月分となり計4ヶ月分の金額が反映されますので、年収はおよそ300万円ほどになります。

年収300万円は大学の学部卒であれば、まずは一般的な額と言えるでしょう。

賞与も出ていますし、生活に支障をきたすレベルの年収ではありません。

日本の企業の場合、社歴や成績によって開きが出て来るのは社会人3年目以降なので、しばらくは手取り18万円での生活を考えておくべきです。

勘違いしてはならないのは、特殊な業種「生保」「証券」「MR」この業種は社歴と関係なく実力主義で年収が大きく変わるので、参考にはなりません。

一年目から年収を500万円もらう人も数多くいる業界なので、高年収を目指すのであれば、入るべきですが、拘束時間も長く、激務のなので、お金を使う時間がないというのが現状としてあります。

スポンサードリンク

手取り18万で生活できるか

では手取り18万円で生活出来るのでしょうか。結論を言うと手取り18万で生活は出来ます。

ただ手取り18万で気をつけなければならないのは、交遊費です。

交遊費には天井がないからです。

給料日には18万円が通帳に振り込まれますが、自分で交遊費にいくらまで使っていいかを設定していないとあっという間になくなってしまうのが実情です。

手取り18万の場合の交遊費は、一般的に3万円が限度と言えるでしょう。

最後に気にしなければならないのが食費です。食費も上限を毎日計算しながら、動かなければあっという間に財布の中身は底をつきます。

手取り18万円の場合、一ヶ月に使ってもいい食費は3万円程度

約1日1000円までです。昼食は会社の食堂や、外食せねばならないので、ある程度出費は仕方ありませんが、休日も同じ感覚で使っているとすぐに4万円を超えます。

そうすると貯金が出来なくなってしまうので、まずは食費を3万円と設定し、貯金をして万が一に備えることをオススメします。

地域による手取りの違い(首都圏と地方など比較)

地方都市と首都圏での手取りに違いはあるのでしょうか。新卒採用の場合額は変わりません。一律手取り18万円スタートと考えていいでしょう。

しかし、地方都市と首都圏とでは、家賃に雲泥の差があります。

そこで会社は、福利厚生の1つとして、家賃補助を用意します。

首都圏であれば、地方都市より多くの負担を会社がしてくれます。そうでなければ、首都圏での生活はあまりに厳しく、人材の流出につながりかねません。

一方で地方都市の求人には手取り18万円以下の求人もあります。

よく目にするのが手取り17万円の求人です。

これは適性な価格かと言えば、適性と言えます。

政令指定都市ではあまり目にすることはありませんが、それ以外の地方都市では手取り17万円は十分存在しています。

それは、家賃の安さに根拠があります。

地方都市だと一ヶ月ワンルームを3万円で借りることが可能なので、例え手取りが17万円でも生活することが出来るのです。地方都市だと物価も安いのでそれも影響していると言えるでしょう。

手取り18万の将来性

手取り18万円の将来性と大きく関わってくるのは、その会社の評価体系によります。

まず「年功序列型」なのであれば、毎年確実な昇給があり、なおかつ仕事の働きによっては賞与で評価され、年収が上がっていく可能性があるシステムです。

もう一方「実力主義型」。これは手取り18万円は最低支給額と捉えなければなりません。

結果を出し続けなければ昇給はありません。しかも短期的な結果が求められる傾向にあるので、一ヶ月や四半期ごとの査定があります。

そこで、成果を残していれば、昇給は望めますが、そうでないと手取りは18万円のままです。

「実力主義型」で手堅く昇給を目指すのであれば「役職手当」に目をつけるべきでしょう。

成績を残し続けていれば、課長クラスに昇格することが出来ます。

すると「役職手当」がつき、手取りがアップします。「年功序列型」の人よりスピード感を持って、役職に就こうという意識が必要です。

手取り18万円で転職すべきかどうかは、皆様の年齢によるでしょう。

20代から30代前半の方であれば、まだ飲み込むべき条件かもしれませんが、30代後半以上の年齢で手取り18万の方であれば、真剣に転職をお考えにならなければなりません。

会社が財務上の大きな問題を抱えているからです。ご自身の年齢をお考えになった上で、転職を考えられるのが上策かと思います。

手取り18万は転職も視野に入れるべき

手取り18万円は最低ラインの給与と言えます。同時にスタートラインとも言えるでしょう。

日本にある求人で最も目にする条件であるので、どの程度の生活水準が必要かにもよります。

転職先が手取り18万円スタートを提示してきたとするならば、「あなたは今スタートラインにいます」という暗黙のメッセージと受け取る方がいいでしょう。

20代なら理解できますが、もし30代、40代で手取り18万なら転職を考えたほうが良いでしょう

日本の企業は給料の上昇率が低く、手取り18万からのスタートだと将来性は正直あまりありません。

転職に不安があるかもしれませんが、転職に成功すれば手取りを大幅にアップさせることも可能です。

転職活動は面倒ですし不安があるので、なかなか動きださない人もいますが、年を取ってからあの時に転職しておけばと思うケースも多いようです。

無料で登録でき、スカウトなどで条件の良い求人も紹介してもらえるので、転職サイトを使わない理由はありません。

好条件の会社を紹介してくれる転職サイト

好条件の求人を紹介してもらえる転職支援サービス

転職を考えているなら、ミイダスで自分の市場価値を調べましょう。

自分の市場価値がわかったら、転職支援サービスを利用しましょう。

無料で登録でき全国対応で好条件の求人を取り扱っている『リクルートエージェント』は間違いなく登録しておくべきです。

  1. 登録~転職まで完全無料(アフターフォローあり)
  2. 国内トップクラスの求人数
  3. ハローワークにはない好条件の求人を紹介
  4. 履歴書・職務経歴書・面接を完全サポート
  5. 給料や入社時期の交渉
  6. 退職交渉のサポート

転職するまでの流れを、専任のキャリアアドバイザーが全て無料で丁寧に転職支援してくれます。

またブラック企業対策もしているので、豊富なノウハウであなたに最適な企業を紹介してくれます。

リクルートエージェントに登録する >>

リクルートエージェントの口コミ

求人の量が豊富 

圧倒的な求人の量には驚きました。 担当が常にメールで求人情報を教えてくれるので、転職の選択を広げるのに役立ちました。 異業種への転職も考えていたので、様々な業種・職種を紹介してもらえたのはとても参考になりました。 最終的に異業種に同職種で転職し、仕事内容にも満足・収入アップを実現することができました。

サポートが丁寧 

他の転職サイトと比べても大企業だけでなく、中小優良企業も掲載があり、条件の合う求人を探しやすかったです。 また担当のアドバイザーが丁寧にサポートしてくれたので、求人の詳しい情報もわかりやすかったです。 別の転職サイトでは、それほど求人を紹介してもらえなかった状況で、これだけ求人を提示してくれたのは本当に助かりました。 国内最大級の転職エージェントだけあって、転職後のフォローまでしてくれたのは他にない良い点です。

書類・面接対策が万全 

面接や書類のサポートがとにかく充実していました。 職務経歴書で人事の興味を引き、面接の質問を自分の得意な内容に持っていくやり方は、実践で役立ったテクニックでした。 担当が教えてくれたテクニックで、見事に転職成功できました!

転職初めての人にお勧め 

大手で安心感があったので利用しました。 実際に、利用した印象としては口コミ評価通りでキャリアアドバイザーの方が丁寧で、転職をしっかりとサポートしてくれました。 初めて転職エージェントを利用される方で、絶対に転職を成功させたい方にとてもおすすめです。

今は企業も転職にネガティブなイメージはなく、転職理由に一貫性があれきちんと評価してくれます。

たとえネガティブな理由で転職するにしても、転職支援サービスを利用すれば採用率を上げることができます。

・転職活動がはじめて
・書類作成や面接に不安がある
・ブラック企業の求人を回避したい
・仕事をしながら転職したい
・給料を上げたい
・円満退職したい
・キャリアアップしたい

リクルートエージェントは、こうした転職の悩みを持った人におすすめです。

リクルートエージェント
▲完全無料で転職支援!▲

スポンサードリンク