会社の将来性はこれでわかる!キャリアコンサルタントが教える転職の判断基準

スポンサーリンク

会社に将来性を感じないから転職したい。

キャリアコンサルタントとして仕事をしていると、「会社の将来性」に悩んで転職する人が多いと感じています。

これは20代などの若い年齢だけではなく、30代や40代などの中堅層でも同じような悩みを持って言います。

キャリアコンサルタントとして本音を伝えると、もし、今の会社の将来性に何らかの不安を抱いているのであれば、思い悩むことなく転職してしまった方が自分の将来にとってはプラスになることの方が多いです。

ただし会社の将来性と言っても、

  • 本当に会社に将来性がない
  • あなたの今の仕事や役職に将来性がない

と、どちらの状況かによって転職の判断が変わります。

今回は、会社の将来性について、キャリアコンサルタントが転職すべきかの判断材料を説明します。

将来性は企業の経営だけではなく、業界やあなたのキャリアなども関係してくるので参考にして下さい。

スポンサーリンク

会社の将来性を考える時に大事なこと

もし、あなたが会社の将来性に不安を持っているとしたら、今後も継続して今の会社で働き続けることは難しいでしょう。

特に中小企業の社員は、常に今の会社に残って大丈夫だろうかと不安を抱えています。

ですが一つ覚えておいてほしいことがあります。

企業は生ものですから、一生安泰ということは、どの企業にもありません。

会社の将来性は

  • 経営者の力量
  • 事業の性格

が重要になります。

このどちらかの将来性に不安を覚えているのであれば、安心して働き続けることは難しいです。

会社で働くということは、生活のための給料を稼ぐことが大きな目的であるはずですので、給料の源泉となる会社が倒産や業績悪化となれば、生活に大きな影響が出てしまいます。

しかし、求職者のなかには、今の企業に情など人情的な思いがあり、なかなか転職に踏み切れないという人もいるのですが、会社が倒産してしまっては、自分や自分の家族の人生が犠牲になります。

会社に対して、必要以上の情などの人情は不要です。

会社に対して感謝の気持ちはあっても、自分の人生との天秤で考えてください。

今の会社の将来性に不安があるのであれば、その判断においては、ドライな考えを持つことも必要です。

今の会社に将来性を感じないで働いているとキャリアダウンすることがある

今の会社に将来性を感じない場合、先述の通り、心のどこかに不安な気持ちを持っていますので、モチベーションが上がらないことが多いです。

その結果、自分の仕事の成果があまり良くなく、評価に影響し、給料が下がったり、もっとひどい場合は降格ということもあり得ることです。

脅しではなく、実際に、将来性を感じないなかで会社に在籍して、降格したという求職者もいました。

降格すると給料にダメージがあり、それまでもらっていた額は当然、もらうことはできません。

給料が下がると、更にモチベーションが下がり、将来性を感じていない訳ですから、下がった分を取り返そうというやる気も起きないでしょう。

会社の将来性を感じないという理由は、自分の給料にも影響があるのです。

たとえ勤務年数が長くても、会社からすると今の貢献度が低い分、給料は当たり前だと判断しドライな評価結果を提示します。

会社という組織は成果や貢献度に応じて給料や役職が決まりますし、求職者が思っていることと同じく自分に対しても情などがあるということはありません。

会社に対しての考え方で必要なことは、必要以上の肩入れは不要であるということです。

会社は、自分が困っても基本的に何もしてくれない組織です。

組織で運営している以上、自分のために動くということは他の社員の手前上、不可能なことです。

将来性を感じない会社は、そう簡単に将来性を感じるような会社になるということも現実的に厳しいです。

参考:仕事を辞めたい人がチェックすべき3つのポイント!キャリアコンサルタントが教える転職してはいけない理由

若手社員の離職率は会社の将来性に大きく関係する

求職者自身が若手社員であるならば、自分と同年代の社員の動きに注目して欲しいですし、求職者が若手社員でないのであれば、若手社員の動きを意識してください。

転職市場では、若手社員の離職率が高い会社は将来性がないと言われています。

今の会社に対して、将来性がないと思っていても、実際のところ、本当に将来性がないのかどうかを判断できないということもあり得ることです。

その際、若手社員の動きが一つのヒントになります。

今の若手社員は、昔と違って転職に対して意識が高いです。

絶対評価で今の会社を評価するのではなく、転職市場など他の会社を知り、他の会社との比較のなかで、今の会社が将来性のある会社かどうかを判断しています。

もし、求職者の会社の若手社員が離職する率が高いのであれば、ほぼ間違いなく今の会社は将来性がないと思って良いでしょう。

第二新卒という言葉がありますが、第二新卒の求職者は今、急増しています。

転職する理由の一つに今の会社に将来性を感じないからというものがあります。

社会人経験が少ない若手社員の情報は当てにならないと思うかもしれませんが、求職者が思っている以上に今の若手社員の情報収集力は長けています。

今はブラック企業なども多いので、第二新卒のような若手は会社に対して念入りに調べていることが多いのです。

参考:第二新卒の転職で失敗する人が多い!若手が転職を成功させる方法

会社の将来性を考えるなら業界の将来性も考えること

会社の将来性を考える時、今働いている業界に将来性があるかも考えて下さい。

何故かと言うと、転職まで考慮したときに、将来性のある業界で転職したほうが失敗のリスクを回避できるからです。

企業の戦略などもあるので、単純に将来性が「ある」か「ない」かの判断はできませんが、確実に将来性のある業界があります。

  • IT業界
  • 広告業界(ネット広告)
  • 人材派遣業界
  • 医療・介護業界

は将来性があるおすすめの業界になります。

もし転職を考えているなら、こうした将来性のある業界を検討することも覚えておいてください。

将来性がある会社で働くと、自分のモチベーションアップはもちろんですが、会社業績が好調であるため、昇給など待遇面で有利です。

基本的にどの業界、会社でも賞与については、業績連動型を取っていますので、業績が良ければ、賞与の原資が増え、一人の社員に支給する賞与の額も増えるということです。

同じB評価でも将来性がある会社と将来性がない会社では賞与原資が異なります。

ただし将来性がある会社でも、IT業界や人材派遣業界などはブラック企業が多いと言われています。

こうしたブラック企業に入社してしまうと、また転職をする失敗になるので気をつける必要があります。

ブラック企業に入社しないための方法も書いているので、そちらも参考にして下さい。

参考:ブラック企業の見分け方!面接の手口をキャリアコンサルタントが教えます

会社の将来性に不安を感じて転職することは悪いことではない

昔の日本は終身雇用の時代で、新卒で入社した企業に長年在籍し定年を迎えるまでその企業で働くということが当たり前でした。

そのため、転職するということに対して強い抵抗を持つ人が多かったのですが、今の時代は、逆に1社に定年まで働き続けることの方が珍しい時代です。

20代で1社、30代で1社、40代で1社、合計3回の転職をするという求職者も普通にいます。

終身雇用全盛の時代は、転職が悪だという声も多かったのですが、時代は変わっています。

転職は決して悪いことではなく、職業選択の自由が憲法にもある通り、求職者が自分のビジネス人生を最高のものにするための一つの手段です。

転職がゴールではなく一つの手段として考えて、今の会社に将来性を感じていないのであれば、転職という手段を使って不安を解消することが当然のことです。

転職に対して不安を覚えている求職者は、今の会社に将来性がないことの不安の方がきっと大きいでしょう。

将来性を感じない会社で働き続けるメリットは何でしょうか?

1度きりの人生です。

後悔のない選択を取りましょう。

勇気を出して一歩、転職市場に足を踏み入れると必ず分かります。

自分が思う以上に転職は悪いことではないということ、自分が思う以上に多くの求人があり、多くの求職者が転職活動をしているということを。

転職市場には将来性がある会社がたくさんある

今回の話を通して、転職を助長しようとしているのではないことをご理解頂いた上で、転職市場に関しても触れておきます。

転職市場には多くの求人があります。

そして、その求人の元である企業には将来性豊かな会社がたくさんあります。

今の会社に対して将来性を感じないならば、転職サイトで求人を見るなど、世の中の企業の実情を確認してみて下さい。

事業内容に魅力がある企業、経営者の手腕がすごい企業など今の会社よりも将来性がある企業は多いと思います。

転職市場で活動することは、転職活動がすべてではないです。

単純に、どのような企業が求人を公開しているのか情報収集のための活動も転職活動の一つになります。

もし将来的に転職する可能性が1%でもあるならば、今の内からチェックしておくと余裕をもって転職活動ができるようになります。

今の転職市場は転職エージェントの利用が主流

今の転職市場には転職方法としていくつかの選択があります。

転職サイトや求人情報誌、ハローワークも転職方法になりますが、本格的な転職活動、情報収集としての転職活動、どちらにとっても求職者にとって便利な転職方法は転職エージェントです。

転職エージェントは、今の転職市場では中心的な存在で大半の企業は転職エージェントを利用して採用活動を行っていますし、求職者のほとんどは転職エージェントを利用して転職活動をしています。

情報収集のためには、求人を多く確認しなければなりません。

その意味でも転職エージェントを利用すると、登録面談時などで一気に10社、20社の求人を紹介されることも当たり前にあります。

また、転職エージェントを利用するメリットとして、転職市場に関する専門的な知識や情報を持つキャリアアドバイザーが担当でついてくれることです。

求職者は転職活動をするとしても、人生で何度も行うことはありませんし、自分で求人を見て、自分で求人からこの企業は将来性があるかどうかを判断することは難しいでしょう。

そこで、求人紹介を受けたら、担当のキャリアアドバイザーに求人の詳細説明をしてもらうのです。

そうすると、求人には記載されていない企業の横顔も知ることができ、求人だけではない総合的ななかで、企業を知り、将来性があるかどうかを判断することができます。

会社に将来性があるかどうかの判断基準も客観的な立場でキャリアアドバイザーがアドバイスしてくれますので、その後に本格的に行う可能性もある転職活動に役立てることができるでしょう。

会社の将来性に関して不安があるのであれば、転職も一つの選択肢として検討材料に入れてみて下さい。

企業の体制はそう簡単に変わるものでもなく、また変化したときにあなたの立場が良くなっているとは限りません。

会社の将来性はあなたの将来性でもあるので、なんとなく続けるのではなく真剣に考えてみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

また未経験や職務経歴が短い人も、転職エージェントを利用することで良い条件の求人を支援してもらうことができます。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

※キャリアコンサルタントとしてのおすすめは、転職サイトとエージェントの併用です。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

タイトルとURLをコピーしました