UQ mobileの評判は!?メリットとデメリットを徹底検証

スポンサードリンク

UQ mobileはモバイルインターネット「UQ WiMAX」で有名なUQコミュニケーションズの格安SIMです。UQコミュニケーションズがKDDIグループであることからauの回線を利用しており、通信速度が速いのが特徴です。

しかし、そのプラン内容は非常に複雑で、他の格安SIMと比べると把握をするのが難しいです。UQ mobileを契約する場合は、プラン内容をしっかりと確認する必要があります。

今回はUQ mobileの評判、料金プランやメリット・デメリットについて説明するので参考にして下さい。

UQ mobileの料金プラン

UQ mobileの料金プランは、他の格安SIMとは異なるものもあるので注意が必要です。基本的にはSIMのみとスマホとSIMの2種類があります。

SIMのみの料金プラン

プラン データ容量 月額料金 音声通話
データ高速プラン 3GB

 

980円 なし
データ高速+音声通話プラン 1,680円 あり
データ無制限プラン 無制限※ 1,980円 なし
データ無制限+音声通話プラン 2,680円 あり

※最大通信速度は500kbps

スマホとSIMのセット

プラン データ容量※1 月額料金※2 無料通話※3
ぴったりプランS

おしゃべりプランS

2GB 1,980円 ぴったり:毎月60分まで無料

おしゃべり:5分以内の国内通話が何度でも無料

ぴったりプランM

おしゃべりプランM

6GB 2,980円 ぴったり:毎月120分まで無料

おしゃべり:5分以内の国内通話が何度でも無料

ぴったりプランL

おしゃべりプランL

14GB 4,980円 ぴったり:毎月180分まで無料

おしゃべり:5分以内の国内通話が何度でも無料

※1 26ヶ月目以降は半分になる

※2 14ヶ月目以降は+1,000円

※3 26ヶ月目以降、ぴったりプランの無料通話時間は半分になる

UQ mobileの料金プランの違い

UQ mobileの料金プランは大きく分けてSIMのみ契約する人向けのプランと、スマホとSIMをセットで契約する人向けのプランに分かれます。

SIMのみのプランはデータ容量が3GBまでのプランと無制限に使えるプランがあります。無制限に使えるプランは速度が遅いですが、月間のデータ容量を気にせず使い放題なので動画などを頻繁に見る人におすすめです。

UQ mobileの「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」

UQ mobileの特徴ともいえるのがスマホとSIMをセットで購入する人向けの「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」です。こちらは音声通話SIMのみ用意されており、月額料金やデータ容量についてはぴったりプランとおしゃべりプランは全く同じです。

この2つのプランで違うのは無料通話の内容です。どちらも標準で無料通話がついていますが、ぴったりプランは毎月決まった時間までは無料で通話ができ、おしゃべりプランは1回5分までの通話であれば何度でも無料でできます。

毎月の通話量がある程度決まっている場合はぴったりプラン、短い電話を何度もする場合はおしゃべりプランがおすすめです。

ただし、プラン内容はかなり複雑です。購入する端末によって適用できる割引が異なったり、契約から一定期間が経つと月額料金やデータ容量が変化したりするため、内容をしっかり理解した上で契約する必要があります。

UQ モバイル

UQ mobileのメリット

では次にUQ mobileのメリットを見ていきます。

  • 通信速度が速い
  • 格安で購入できる端末がある
  • 家族割が利用できる
  • 高速通信のON/OFFが可能

通信速度が速い

UQ mobile最大の特徴は通信速度が安定して速いことです。

格安SIMの多くはお昼や夕方などの混雑時になると通信速度が大きく低下してしまいます。とくにドコモ系の格安SIMは利用者が多いこともあって速度低下が顕著です。

UQ mobileは運営しているのがauと同じKDDIグループであるUQコミュニケーションズということもあり、回線の品質が良いため通信速度が速いです。通常時はもちろん、混雑時も比較的安定しています。

通信速度を重視するのであれば、UQ mobileはかなり有力な選択肢でしょう。

格安で購入できる端末がある

UQ mobileは取り扱っている端末の数が非常に多く、しかも格安で購入できます。

UQ mobileで端末を購入する場合はおしゃべりプランかぴったりプランと同時に申し込みますが、その際にマンスリー割という割引が適用されます。マンスリー割が適用されると、毎月の月額料金が割引されて安くなります

マンスリー割による割引額は端末によりますが、最新モデルや人気機種の場合は端末の分割代金と同額だけ割引されることが多いです。つまり、端末によっては実質0円で購入することも可能です。

多くの場合は頭金が108円かかりますが、それでも実質108円で最新端末が購入できるならかなりお得ですね。

家族割が利用できる

UQ mobileは格安SIMとしては珍しく家族割が用意されています。

家族で対象のプランを複数回線契約すると、2回線目以降の基本料金が500円割引されます。最大9回線まで割引になるので、家族全員でUQ mobileに移ることもできますね。

大手キャリアでは当たり前のようにあった家族割ですが、格安SIMで実施しているところはほとんどありません。

高速通信のON/OFFが可能

UQ mobileは高速通信のON/OFFを切り替えられます。

高速通信をOFFにすると最大通信速度が300kbpsに抑えられますが、その間は高速通信容量を一切消費しません。低速モードでもLINEやSNSであれば問題なく利用できます。

速度の切り替えは専用のアプリからワンタッチでできるのでとても簡単です。

UQ モバイル

UQ mobileのデメリット

メリットが多いUQ mobileですが、もちろんデメリットもあります。

  • プラン内容がかなり複雑
  • 契約期間が長い

プラン内容がかなり複雑

UQ mobile最大のデメリットともいえるのが、ぴったりプランとおしゃべりプランの内容がかなり複雑なことです。

例えば月額料金はプランSが1,980円、プランMが2,980円、プランLが4,980円ですが、実はこれはスマトク割とイチキュッパ割という割引が適用されたときの料金です。契約してから13ヶ月が経つとイチキュッパ割が切れて+1,000円され、25ヶ月経つとスマトク割が切れてさらに+1,000円されてしまいます

しかも、契約から26ヶ月が経過すると、1ヶ月に使えるデータ容量とぴったりプランの無料通話時間が半分になります

また、一緒に購入する端末とプランの組み合わせによってマンスリー割の金額が異なるため、端末ごとに毎月いくら払うことになるかも変わってきます。

このように、たくさんの割引を同時に使うため、プラン内容がかなり複雑でややこしいです。

契約期間が長い

ぴったりプランとおしゃべりプランについては契約期間が2年間となっており、しかも解約しないとさらに2年間の契約が自動更新されます。つまり、大手キャリアの「2年縛り」と同じ仕組みです。

格安SIMの多くは音声通話SIMでも半年~1年が最低利用期間となっており、その期間を過ぎればいつでも違約金なしで解約できます。しかも中には最低利用期間が一切なく、いつでも自由に解約できる格安SIMもあります。

それらと比べるとUQ mobileはキャリアと同じ2年縛りがあるので、一度契約すると気軽に解約できません

大手キャリアから乗り換えるとどれくらいお得か?

通信料を抑えるために、大手キャリアからUQ mobileへの乗り換えを考えている人も多いと思いますが、実際に乗り換えるとどれくらいお得になるのでしょうか?

UQ mobileはauの回線を利用しているので、auの最安プランとそれに近いUQ mobileのプランを比較してみましょう。

月額料金 内容
au 4,900円(+通話料) スーパーカケホ+データ定額1GB+LTE NET
UQ mobile 1,980円(+通話料) おしゃべりプランS

auは5分間の無料通話と1GBのデータ容量で4,900円なのに対し、UQ mobileは5分間の無料通話と2GBのデータ容量で1,980円と、UQ mobileにすることで月々の携帯料金が約3000円も安くなります

実際にUQ mobileの利用者へのアンケートでは4000円以上安くなったという人が3割、全体平均でも3,800円安くなっています。

大手キャリアからUQ mobileに乗り換えることで、携帯代金を大幅に節約できます。

UQ モバイル

UQ mobileで利用できるiPhoneについて

UQ mobileは格安SIMとしては珍しくiPhoneを取り扱っており、SIMカードとのセット購入ができます。

UQ mobileが取り扱っているiPhoneは、iPhone SEの32GBと128GBの2種類です。iPhoneについてもぴったりプランもしくはおしゃべりプランを利用するとマンスリー割が適用されてお得に購入できます。例えばiPhone SEの32GBモデルをおしゃべりプランMを契約して分割払いで購入すると、端末代込みでも月々3,758円で利用できます。

また、すでにキャリアのiPhoneを使っていたり、SIMフリー版を持っていたりしていれば、そちらを利用することもできます。なお、キャリア版のiPhoneを使う場合はSIMロック解除が必要です。

UQ mobileで動作確認済になっているiPhoneは以下の通りです。

キャリア 利用できるiPhone
ドコモ 6s / 6s plus / SE
au※ 5s / 6 / 6 plus / 6s / 6s plus / SE
ソフトバンク 6s / 6s plus / SE
SIMフリー 6 / 6 plus / 6s / 6s plus / SE

※au版の5s、6、6 plusについてはSIMロック解除せずに利用可能

なお、SIMフリー版やSIMロック解除したiPhone 7 / 7 plusについても利用できる可能性はありますが、UQ mobileでは動作確認が済んでいないため注意しましょう。

UQ mobileのキャンペーン

UQ mobileでは現在「家族まるごとキャンペーン」を2017年9月までの期間限定で実施しています。

UQ mobileを新規契約し、「UQ家族割」に加入すると、オリジナル目覚まし時計が抽選で3,000名に当たります。家族で格安SIMに乗り換えようと思っている方は、この機会にUQ mobileを契約してみてはいかがでしょうか。

格安SIMも競争が激しいので、今後も何かしらのキャンペーンが行われることは予想できます。常にチェックをすることで、お得にUQ mobileを使うことができます。

UQ モバイル

UQ モバイルの口コミ

びっくりするくらい携帯代が安くなった

これまでずっと某キャリアのiPhoneを使っていましたが、携帯代の高さにうんざりしていました。機種代0円と言っても実態はただの分割払いだし、通話料も高いし、結局いろいろ割引を利用しても月々10000円ほどかかるし…。そんな折にUQモバイルのCMを見て「イチキュッパ」という言葉に惹かれ、手持ちのiPhoneはそのままにSIMカードだけを買ってUQモバイルに乗り換えました。

私が選んだのは、データ容量6GBで180分まで通話無料のプランM。このプランだと月々イチキュッパとはいきませんが、それでも利用料金は3000円ちょっとと前より格段に安くなりました。繋がりやすさなどは少し心配でしたが、今のところ全く問題なく使えています。某キャリアに払う分割の機種代と合わせても月々5000円ちょっとなので、以前と比べて携帯代は約半分!とても助かっています。思いきって乗り換えて正解でした。

使えるスマホは少ないけれど速度は魅力的

UQモバイルに乗り換えようと思ったきっかけは、格安SIMの速度に不満を感じていたからです。格安SIMから格安SIMへの乗り換えなので、料金は差がありません。もちろんキャリアから比べれば月に数千円安くなっています。
ただUQモバイルはau回線ということもあり、使える端末も結構限定されることは少し気になりました。
ですが防塵防水機能つきの国産スマホもラインナップにありますし、そこまでヘビーユーザーでなければ問題はないように感じます。
肝心の速度ですが、お試し利用から行ってみましたが申し分ないものでした。
ネット接続が途切れることはほとんどありませんし、スピードにも不満はありません。
スマートフォンの性能にこだわる場合でもファーウェイやASUSなどが選択できるようになっているので最適です。
ただ個人的にはデータプランを契約したので、ほとんど割引などはありませんでした。通話付きプランならかなり端末も安くなるので、その点が少しマイナス点といえます。

低属性のひとも契約しやすい、敷居の低いMVNO

自分は無職のためクレジットカードを所持しておりません。ただ、クレジットカード代わりにデビットカードを所持しています。そんなデビットカードでも契約できたのが、このUQモバイルでした。また、端末に関しても『端末購入アシスト』を利用し、大手キャリアのように分割で手に入れることが出来ました。

他のMVNOでは端末の分割はクレジットカードが必須の場合が多いので、この点は特に優位性があると思います。肝心の利用料金に関しては、以前は大手キャリアで毎月8000円以上していましたが、UQモバイルに乗り換えてからは毎月3000円以下で収まっており、大変満足しています。通信速度に関しても、大手キャリア時代と遜色なく利用できており、ストレスは感じておりません。

変えてよかった!UQ-mobileのデータ高速プラン

これまでソフトバンクの3G回線のiPhoneを使用しており、月額6000円支払っていました。iPhoneの機種を新しくすると月額8000円以上になってしまうことを知り、2年縛りの契約更新時期に違約金なしで解約しました。機種はiPhoneでもっと安くするためにSIMフリーiPhone+格安 SIMの組み合わせを検討。自分の使用したいプランの条件として「通話・電話はいらない」「データ通信が速いほうがいい」「月額使用料が安いほうがいい」ということに絞ってさらに探したところ、UQ-mobileのデータ高速プラン(通話なし)に行き着きました。

このプランは月に3GBですが速度が速く、通話なしプランであれば契約の2年縛りもなく、月額980円というものです。ただしiPhoneの本体は別途ですから、市場で最安値のところを探し(結局はアップルストアが最安値でした)購入しました。実際使用してみて、全くストレスなく速く動き、節約モードなど速さの切り替えも可能で、月額5020円も安くなり、iPhoneは最新になり、契約の2年縛りからも解放されて今のところいいことづくめです。

人気の格安SIM「mineo」との比較

UQ mobileと同じくau系の格安SIMで人気なのが「mineo」です。ここではUQ mobileとmineoを料金プランやサービスから比較してみます。

料金プランはmineoの方が多い

料金プランの種類を見てみると、UQ mobileは2GB、3GB、6GB、14GB、無制限の5種類しかありません。一方のmineoは500MB、1GB、3GB、6GB、10GB、20GB、30GBの7種類で、ライトユーザー向けからヘビーユーザー向けの大容量プランまで幅広く用意されています。

しかもUQ mobileの2GB、6GB、14GBはおしゃべりプラン/ぴったりプランなので、音声通話が必要ない人にとっては3GBと無制限の2種類しかありません

したがって、mineoのほうが料金プランの種類が多く、自分に合ったプランを選びやすいです。格安SIMを使うとわかりますが、最低でも6GB以上の料金プランがあったほうが望ましいです。

通信速度はUQ mobileの方が速い

通信速度については、UQ mobileの方が速いです。

どちらもau系の回線ですので、通常の速度はかなり速いです。しかし、mineoはお昼などの混雑時は速度が低下しやすいです。UQ mobileは混雑時でも比較的安定した速度が出やすいので、速度を重視するならやはりUQ mobileが良いでしょう。

音声通話をたくさんするならUQ mobileの方がお得

UQ mobileのぴったりプランとおしゃべりプランは標準で無料通話が含まれています。

mineoの場合は別途5分かけ放題や通話定額などのオプションを申し込む必要があります。そのため、電話をたくさんする場合はUQ mobileのほうがお得です。

例えば、UQ mobileのぴったりプランMは6GBのデータ容量に60分の無料通話がついて2,980円です。mineoの6GBプランは2,190円ですが、60分定額を付けると+1,680円されて3,870円になります。

mineo(マイネオ)については、mineo(マイネオ)を使うメリットを参考にして下さい。

UQ mobileまとめ

今回はUQ mobileについて詳しく解説しました。UQ mobileは通信速度の速さに定評がある格安SIMです。他の格安SIMだと速度が低下しやすいお昼や夕方でも比較的安定した速度が出るため、快適に利用できます。通信速度を重視するならUQ mobile一択でしょう。

また、マンスリー割で端末を安く購入出来たり、家族割が利用出来たりするので、格安SIMに乗り換えると同時に端末も買い替えたい人や、家族で格安SIMを利用したい人にもおすすめです。

ただし、UQ mobileの料金プランはかなり内容が複雑です。プラン内容や条件などをしっかりと理解したうえで契約するようにしましょう。

UQ モバイル

スポンサードリンク